月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術 オススメ商品

高級置き畳を22990円で買ったら至高の買い物だった(o^^o)♪

投稿日:2020-07-23 更新日:

最近やっとお金の使い方がわかってきて、お金は使わなければ使わないほどいいというわけではない。お金を使うということは、誰かの養分になることで、負けだと思っていた。

一度、自分が何に使って何に使わないかを決めたら、その通りにする。買い物をする度に、買うか買わないか財布とにらめっこするのは極力控えることだ。時間と心を消耗するし、まわりまわって金も消耗することになる。

物欲を制御するのは姿勢と食事である。普段、常日頃から姿勢を真っ直ぐにしていれば物欲はなくなってくる。姿勢の中にある気持ちよさに至ることができれば、姿勢の気持ちよさ以上のものを欲しがることが減ってくる。しかし必要なものは買わなくてはいけない。

俺は最近置き畳というやつを買った。明後日届くが、いまから楽しみであるo(^o^)oワクワク

置き畳? なぜ? と思うかもしれないが、実は前から欲しいと思っていた。色々理由はある。ひとつは肥田先生が畳の上に直で寝ていたからである。あと、天坂氏もそうしていると記事に書いてあったからだ。

もうひとつは、西式健康法で勧められているからである。西式健康法には健康六大様式があって、その中でも固い板の上で寝るという方法は一番はじめに挙げられていて、西先生は六大様式の中でこれが一番大事だといっている。割と有名な説だが、固い平均台の上で寝ると、日常生活の中で生じた身体の歪みが内臓の位置のズレが戻る。普段より短い睡眠時間で済むようになり、それでいて深い休息効果が得られるらしい。もともと人の本来の睡眠スタイルに適したものであり、しまるこブログでは人間が本来やるべき強健法を追求しているブログであるから、この睡眠スタイルはぜったいに避けられないと思っていた。

また、もうひとつは、マットレスが暑いことだ。通気性がうたわれているマットレスでも死ぬほど暑い。この季節は辛い。床で寝た方がいいんじゃないかと思うときがある。何度かフローリングで直で寝るのも試したけど痛い……。ヨガマットで寝てみたけど、ヨガマットも通気性が非常に悪くて熱が籠り、寝てると気持ち悪くなってくる。

俺が使っていたマットレスはエアリーマットレスといって、特殊なファイバーでできた通気性に長けているのがウリなのだが、それでも暑い!

涼しく見えるでしょ? でも暑いよ。エアコンをつけても、下からこみ上げてくる熱はさけられない。暑いだけでなく蒸れる。皮膚呼吸が妨げられているようで背中が助けてと言っている。やはり寝具も、世の流れに応じて進化しているように一見見えるが、真の健康という観点からみると脆弱な肉体をつくる手助けをしているに過ぎない。というわけで昔に戻ってみた。畳がいちばん涼しいのでないかと。涼しくて固いのではないかと。

ちなみに置き畳の値段は、

ほほほほほ!

なかなかチャレンジャーである。中国産ではなく熊本国産の上質のい草使用。厚み3.5cm、セミダブルサイズ、現在売られている最上級仕様。なぜ上級ミニマリストがこんなものを買うのかと思うかもしれないが、上級ミニマリストだから買うのだ。毎日使うものだし長く使えるものだし、寝具ほど妥協を必要としない買い物はない!

なーに、買うべきもの買って、買わぬものは買わない、これぞ上級ミニマリストの流儀!

でかいけどそんなに重くはない。

くっせぇー!

くせえw

くっせぇよばーか! ババアみてーな臭いがするじゃねーか!

ババアみたいな臭いがする!

くっせぇーーーーw

なんだよこれ

そして固ぇ。家の畳や銭湯の畳より固く感じる。新品だからだろうか。

1日目

睡眠はどうだったか? 固くて痛くて寝れなかった。バラバラに切り裂いて、ゴミの日に出してやろうかと思った。たっけぇ買い物してこれかよ。だから安物にしときゃよかったのに。痛いからマットレスを引っ張りだして交代してもらおうかと一時間くらい葛藤したけど、葛藤しているうちに寝れてしまった。ちゃんと眠れたのは3時間くらい。しかしその3時間はいつもより熟睡できた。

2日目

なんと、2日ではやくも慣れてきた。床やヨガマットはどうしても慣れなかったけど、畳は何かが違った。何が違うんだろう? やはり涼しい。よく冷感シーツなどが売られているが、俺もマットレスにかけて使用していたが、あれは暑い。冷感シーツなのに暑い。最初だけひんやりするだけで、発生した熱を逃がしてくれるものじゃないから、そのまま寝てると普通に熱がこもる。だが畳は違う。圧倒的に涼しい。下から込み上げてくる熱がまるでない。まあまあ痛みがあり快適な眠りとは思わなかったが、1日目のように途中でマットレスに交代させようとは思わなかった。

3日目

こんなにはやく慣れるとは以外だった。横向きになったとき痛いけど、仰向けで寝てる分にはほとんど痛くなかった。夜は4時間くらい寝て、昼寝も2時間くらいした。一日8時間くらい寝るような、寝るのが趣味な人には向いてないかもしれないが(たぶん8時間も寝れない)。ちなみに枕は座布団を使ってる。

4日目

坐禅をするときも、涼しくていい。畳に座って雨を見ながらボケーするのが楽しい。毎晩2時間くらいやっている(座布団を上に敷いてるが)。匂いももうほとんどしない。ほのかに優しい香りがあるだけである。臭いのは最初だけだった。マットレスより軽いし場所もとらないし本当にいい買い物だと思った。マットレスのようにいつまでも寝ていたくなることなくパッと起きることができる。気持ちよさも、軽い昼寝なら畳の方が上。

5日目

寝苦しさから解放された。うれしい。マットレスと畳でどっちで寝たいかといわれたら畳と答える。睡眠時間は3~4時間くらいだけど、身体の疲れは十分とれる。しかし、スマホやタブレットを長時間みたゆえの目の疲れはとれない。

6日目

全然問題ないよー! サイコー٩(๑>∀<๑)۶ うーんまったく痛くない。冬はどうかしらんが夏はこれ以上快適なものはないだろう。エアコンまったくいらない。もうマットレスに戻りたくないぐらいだ。

まとめ

俺の研究によると、2、3日痛いのが続くけど、それを乗り越えれば快適になってくる。固いものの上で寝ることは以前からの目標だったので、達成できるようになって嬉しい。

3+

-月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術, オススメ商品

Copyright© しまるこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.