月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

服は7000円までしか買ってはいけない法則

しまるこ「お前、これまで生きてきてさ、服にいくら金使った?」

友達「知らないけど300万円ぐらいじゃない?」

しまるこ「300万か」

しまるこ「で、今のお前があるわけか」

友達「……」

しまるこ「お前、3年前くらいにさ、変な革ジャン買ってたじゃん? 4万円ぐらいのやつ」

しまるこ「あれ、今まったく着てねーよな」

友達「着てないね」

しまるこ「まだあんの?」

友達「あるよ」

しまるこ「もう着ないでしょ?」

友達「わかんない」

しまるこ「お前があれ着てるとこ2回くらいしか見たことないんだけど」

友達「お前以外の人間と会ったときに着てるわ(笑)」

しまるこ「合計で何回くらい着た?」

友達「5回くらいかなぁ?」

しまるこ「(笑)」

しまるこ「4万払って5回とか(笑)」

友達「(笑)」

しまるこ「4万を5回で割ると8000円じゃねえか」

しまるこ「お前、あの革ジャンを着る権利を一日得るために8000円払ったってことなんだぜ?」

しまるこ「レンタル屋さんに行って8000円払ったのと変わらないんだよ」

友達「変わらないかもね」

しまるこ「バカじゃねーか(笑)」

しまるこ「しかも一日着てるわけじゃねえだろ? せいぜい3、4時間だろ? つまりあの革ジャンを着るために1時間2000円払ったってことなんだよお前は」

しまるこ「お前の時給もだいたい2000円くらいだろ? あの革ジャンを1時間着るために1時間働いてんだよ(笑)」

しまるこ「1時間の仕事と、あの革ジャンを1時間着た時の実感は釣り合い取れてんのかよ」

友達「どうだろうね(笑)」

しまるこ「今はもう7000円払えば立派な革ジャンが手に入る。周りからみたら7000円の革ジャンも4万円の革ジャンも変わんないよ」

しまるこ「出会い系に7000円の革ジャンを着て行こうが、4万円の革ジャンを着て行こうが、全く同じ未来が待ち受けてるだけだ。命かけてもいいよ」

しまるこ「もし三年前に7000円の革ジャンを選んでいたとしても、今お前は頭脳も肉体も価値感情も何一つ変わらない生命体として、変わらず俺の目の前で息していたはずだ」

しまるこ「まったく同じ未来が待っていたのに、ただ33000円の喪失をしたんだ」

友達「(笑)」

しまるこ「まあこっからは俺の話なんだけど、俺もデュベティカの65000円のダウンジャケットを買ったわけだよ、三年前に。で、着ないからメルカリで1万円で売りに出したんだけど、まったく落札されねーの(笑) 今年の冬も去年の冬もまったく着なかったから、もう一生着ないと思ってさ」

しまるこ「どう思う? これ」

友達「別に。どうも思わない」

しまるこ「でしょ?(笑)どうも思わないでしょ?」

友達「うん」

友達「何回くらい着たの?」

しまるこ「3回くらい」

友達「俺よりひでーじゃねーか(笑)」

友達「なんでこんなの65000円で買おうと思ったの?」

しまるこ「おめーの革ジャンと一緒だよ(笑)」

しまるこ「今年の冬はずっとチャンピオンの5000円のパーカーをずっと着てた」

しまるこ「部屋にいる時も外にいる時も、出会い系の時もずっとこれ」

しまるこ「このチャンピオンのパーカーどう思う?」

友達「どうも思わないよ」

しまるこ「どうも思わないでしょ?」

友達「うん」

しまるこ「そういうこと」

しまるこ「俺はそういうことをいいたかった」

友達「マジでどうも思わないわ」

しまるこ「10月から3月まで着てたから、まあ5ヶ月着てたわけだよ。日数にすると150日くらい。換算すると一日30円くらいなわけ」

しまるこ「一日30円くらいなわけ!!」

友達「(笑)」

しまるこ「昔からこういう服の買い方すべきだった」

友達「いいたいことはわかるけどさ、俺たちも34だからそうやって割り切れるけど、10代や20代でそこまで割り切れるもんじゃないからね。散々失敗してそういう判断ができるようになったんだよ」

しまるこ「そんなことはないよ」

しまるこ「昔はどうだったか知らないけど、今はAmazonや楽天でそれなりの値段でいいものいっぱいあるよ。このチャンピオンのパーカーだって楽天で買ったわけだけど」

しまるこ「しまむらやユニクロを買えとはいわないけど、BEAMSとかはいらないね。その中間の辺りを狙い続ければいい話なんだよ」

しまるこ「さらに俺は研究をした結果、服には7000円の法則があることを発見した。どんなに高くても、服やズボンも靴も7000円で十分なんだ」

しまるこ「7000円以上は絶対にダメ。それ以上は自己満足の世界、周りから見たら7000円と7000円以上の服はもう見分けがつかないんだよ」

友達「なんで7000円なの? 5000円じゃダメなの」

しまるこ「5000円でも全然いけないことはないよ。ただ、これ欲しいなぁと思うのはね、なぜか7000円あたりが多いんだよ。5000円~7000円の辺りが多いの。アウターやスニーカーも5000円に収めようとすると、心許なさが残るわけだよ」

友達「ふーん」

友達「俺はお前が5000円の服着ててもなんにも思わないけど(笑)」

しまるこ「そういうことをいいたかった(笑)」

-月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5