霊的修行 恋愛

世界で一番相性の悪い相手と結婚するようにできている&婚活は男を叱ること

結婚って、最大の修行なんだ。不思議なことだけど、世界で一番相性の悪い相手と、結婚するようにできているからね。夫婦関係をよくしたいと思うなら、次の2つのことを実行することだね。まず、相手に期待しないこと。やってくれるものだと、期待するから頭にくるんだよ。自分でやれることはやった方が早いしね。それから、相手を変えようとしないこと。これは時間の無駄。育った環境が違うから、違うのは当たり前。そう思うだけで、ラクに暮らせると思うよ。

斎藤一人

これは思わず笑ってしまった。これは多分信じる人はあまりいないと思うが、俺はほとんど100%信じている。俺もずっと、どこかでそうなんじゃないかと思った。足りない栄養分を身体が欲しがるように、人は自分にないものを結婚相手に求めてしまうところがあるんじゃないかと思う。S極とN極のように。岡本太郎も、人は自分にないものを相手に求めて結婚すると言っていた。

しかし、男と女の縁ってのは不思議なもので、なかなか切っても切れない縁だったりする。すべての点からいってマイナスしか見当たらないのに、なかなか離れなかったりする。いつも互いに文句ばっかり言って別れない夫婦やカップルがいるが、あれは、単にお金のためとか子供のためとか見栄とか体裁とか、そういったものを超えて、魂がその人の成長のために、引き寄せているように思える。そういう時は、いくら頭で答えをはじき出しても、離れようとしたって離れられないのだ。

俺は安倍さんの一番凄いところは、奥さんから「来世でも結婚したい」と言われているところにあると思う。日本をまとめることよりも、家庭をまとめる方がずっと大変だ。国民全員の支持を得るよりも、奥さん一人にそう言わせられる方が偉大だ。

愛の課題とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう。

アドラー

安倍さんは、なんとも優しい顔をしていた。こういう人が日本のリーダーでいてくれたことは、本当に幸せだったと思う。なんと聞いたところによると、奥さんとは政治信条が正反対で、「自分は家庭内野党」と奥さんも自分で揶揄するほど、色んなことが真逆だったらしいが、それでもああやって手を繋いだりしていて。

俺は政治家を見るときは顔を重視していて、安倍さんだけはいい顔してるなぁといつも思っていた。友達は、「安倍さんだって多分汚いこといっぱいやってきたと思うよ」と言ったけど、それはそうだろうけど、やっぱり政治家は顔だ。安倍さんは、「子供の頃、仲間はずれにされていた生徒がいて、その時声をかけなかったことが唯一心残りでいる。もう二度とそんな過ちはしない」と言っていたけど、あれは本心から言っていた。だってそういう顔をしているもの。昔と違って、政治家はもう誰がやっても変わらない時代になってしまったように思うけど、だったらせめてああいう顔をしている人にやってもらいたいものだ。誰がやっても変わらないだろうが、それは進歩とも言えて、一人一人が魂の成長に目覚めるフェーズに来ているだけのように思える。

男は母のような強い女を求める。ただ強いだけじゃない、ものスゴく強い女をね。そういう女から男は離れることができないんだよ。男が夢中になるのは、楚々としたおとなしい女性じゃないよ。素敵な女性、モテる女性は、強い意志を持っている。強い女性の象徴は、なんといっても〝お母さん〟なんだ。男は常に自分のお母さんを理想に思っている。お母さんは、ただ優しいばかりじゃない、時にはビシビシ叱るし、落ち込んだときは喝を入れて奮い立たせてくれる。今、男が求めているのは、ものスゴく強い女性なんだ。魅力的な女性になりたいなら、強くなりな。

斎藤一人

結婚するときは、その相手(女性)の母親を見るといいとよく言う。大体の場合、その子のお母さんみたいになるよ。と。うちの姉ちゃんも確かに結婚したら母親みたいになった。俺の母親は世界でいちばんヒステリックな女で、俺は自分の理想の女性をお母さんだと思ったことは一度もないが、やはり、出会い系であった女性の中で10個も歳が下だったけど、いつも叱ってくれる女の子がいて、その子のことが一番好きだった。間違いなく、男は叱ってくれる女が好きだ。そういう女とは離れられなくなる。柄にもなく俺は毎日のように電話をかけてしまった。俺と同じくいつまでも結婚しない友人がいるが、こいつも叱ってくれる人に出会えば、すぐに結婚することは俺はわかっている。友人にそれを伝えたら「そうかもしれない」と深くうなづいていた。今のご時世、ちゃんと面を向かって叱ってくれる人なんていないからね。結婚しないほとんどすべての男は、叱ってくれる女と出会えばすぐに結婚する。これだけ女にうるさい俺が言うんだから間違いないし、斎藤一人さんも言っているんだから。

落合博満さんもバシバシ突っ込んでくれるから今の奥さんに夢中になって口説き落としたというし、オードリーの若林氏も、「どうせ俺はもう40だから……」とその日のデートで3回くらい言ってたら、「それダサいっすよ」と言われたことが結婚の決め手になったらしい。やっぱり男ってのは前進したがる生き物で、自分の運気がぐんぐん上がっていくような女性に出会うと、なかなか離れられなくなってしまう。ぜひとも手中に収めたくなる。やっぱり俺は、魂の引き寄せの問題だと思うし、結婚相手ってのは、あらかじめ決まっていると思っている。

女性の皆さん、男は全員Mだから、叱ると喜びますよ。「もう! 〇〇って言ったじゃないですか!」って、元気よく叱って。楽しくね。アニメだって一番人気のヒロインはいつもそうでしょ。自分だって胸の奥がスッとしますよ。でも、怒っちゃダメだよ。婚活なんてものは、男を叱っていればきっとうまくいきますよ。

-霊的修行, 恋愛

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5