恋愛

女は、「どうせ○○はお前とやりたいだけだよ」→「ち、違います! そ、そんなわけないじゃないですか!!」という会話をやりたがっている

失敗パターン

女「後藤さんにExcelの使い方教えてもらったんですよ〜」

男「それはよかったね。後藤さんは、本当にExcelに詳しいもんね」

女「表計算とか、関数とか、私なかなか覚えられなくて」

男「そうだね、僕もそうなんだ。あれは難しいよね」

女「ですよねー、本当に難しいですよね」

男「だね」

女「はい」

男「……」

女「……」

女「後藤さんって、なんであんなにExcel詳しいんですかね?」

男「うーん。そうだね、きっと、たくさん勉強したんだろうね」

女「ですよね〜」

男「……」

女「……」

女「私達も、もっと勉強しないと、ダメですよね!」

男「そうだね!」

女「……」

男「……」

成功パターン

女「後藤さんにExcelの使い方教えてもらったんですよ〜」

男「どうせあいつはお前とやりたいだけだよ」

女「は?」

男「後藤は、お前とセックスしたいだけだよ」

女「急に何を言い出すんですか?」

男「後藤は、お前にExcelを教えている時、ずっとお前とセックスしたいと思っていた」

女「後藤さんはそんな人じゃないと思いますけど」

男「そんな人だよ。あいつ、マウス左クリックしているとき、お前の乳首左クリックしているように脳内変換してたもん。Excelのグラフの山をお前のおっぱいに見立てていた」

女「後藤さんは、私がExcelの使い方がよくわからないから、相談にのってくれてたんです。変なこと言わないでください」

男「フッ。男はみんなそうだよ。Excelを教えながら、ずっとお前とセックスする妄想を横においていた。その二つの思考を浮かばせながら、器用にお前にExcel操作を教えていたんだ」

女「そういう考え方しかできないんですか?」

男「……」

女「なんでも、こういうときに、そういう問題を持ち出す人って、ほんとうに私、最低だと思います。そんなだったら、世の中がぜんぶ、そうみたいじゃないですか」

男「ぜんぶそうなんだって。ブスだろうが、ブスにExcelを教えるときですら、男はそいつとセックスする想像をしながらExcelを教えている」

女「だからなんだっていうんですか? 仮にそうだったとしても、それでも、誰かがExcelを教えないと仕事にならないじゃないですか! 私は同性の先輩にしかExcelを教えてもらえなくなってしまいますよ?」

男「……」

女「私、後藤さんに、Excel教えてもらえてすごく嬉しかったのに。なんか、すごい嫌な気分……。私のことをとやかく言うのは構いませんが、後藤さんのことを悪くいうのはやめてもらえませんか?」

男「……」

女「「やる」とか「やらない」とか、ぜんぶそればかりに考えていたら、何もできなくなっちゃうじゃないですか!」

男「……」

女「そういうのは、そういう思考があったとしても、口に出してはいけないと思います……」

男「そういう思考があったとしても? その口振りは、仮定として十分成り立つかもしれないと白状しているような口振りだね。身に覚えがあると白状しているようなもんだよ。後藤さんにExcelを教えてもらっている時に、お前もセックスを意識していたってことを白状しているのと同じことだ」

女「違いますよ! そんなこと、あるわけないじゃないですか! いい加減にしてください!」

男「まず、認めろ、そこから逃げるな。お前は後藤さんにExcelを教えてもらっている時に、セックスを意識したのか、「はい」か「いいえ」で答えろ」

女「「いいえ」です! 「いいえ」に決まってるじゃないですか!」

男「……」

女「本当に、後藤さん、あんなに、自分の時間を削って、あんなに丁寧に教えてくれたっていうのに、すごく、嫌な気分です……。あの神聖な時間をぜんぶ汚されたような気がして、本当に、嫌な気分です」

男「そのわりには、ずいぶん楽しそうじゃん。本当に嫌だったら、「はぁ? 何いってんの!?」と一蹴して、そそくさと退散してしまっていておかしくないんだ。この会話をとっくに打ち切っていてもいいんだ。でも、お前は、ずいぶんこうしてここで俺と会話を続けている」

女「じゃあいいですよ! 帰りますよ!」

(女、走り出す)

(男、女の腕をガバっと捕まえる)

女「離してください! ちょっと離してください!! イヤ! 痛い!!! 痛い!!」

男「そんなに強く掴んでねーよ」

女「大声出しますよ!!!!」

男「もう出してんじゃねーか」

女「誰か!! 誰か!!!!!!!!」

男「お前は逃げている」

女「触らないでッ!!」

男「……」

女「お前って言わないでください! そんなに、そうやって、ぜんぶめちゃくちゃにして! 私達がもっていなければならない、もっていなければ成り立たない! このデリケートな部分を、ぜんぶ明け透けにしようとして、何がしたいんですか!? どうしたいっていうんですか!?」

男「別に後藤とセックスしろって言ってるわけじゃない。ただ、後藤はお前とセックスしたがっていたと、それだけを言ってるだけだ」

女「だからなんだっていうんですか!? それを言ったからなんなんですか!? もう……やめてくださいよ! 後藤さんのこと、これまでと同じような目で見れなくなっちゃう……! 私と後藤さんの関係を壊さないでください!」

男「お前は嬉しがっている。自分が性の対象として槍玉にあげられていることについて、お前は嬉しがっている」

女「だから、そういう、「やる」とか「やらない」とか! そういうの、バカバカしいし、疲れるんですよ! 証拠もないのに! そうやって!」

男「証拠?」

女「全部が全部、そういうところを丸裸にしてばかりいたら、全部、うまくいかなくなっちゃいますよ! 人としての当たり前の優しさ、そういう優しさがあるから私達は生きていけるのに! それをバカにしたり否定したりすることを、私は許せない」

男「今のお前はイキイキしている。それが証拠だ」

女「怒ってるんですよ!」

男「お前は怒っていないよ。怒っているのではなく、こういう話を持ち出されたら、PTOとしてその態度を持ち出さなくてはならないだけだ」

女「怒ってるんですよ!!!!」

男「お前は今、三つのメリットでイキイキしている。

一つは、後藤をかばう優しさの上に立てる

二つは、悲劇のヒロイン

三つは、俺に気が済むまで悪口を言えること

この三つのメリットで、お前は今、イキイキしているんだ」

女「……」

男「お前だって、ずっと気になってたんだ。後藤が自分とセックスしたいのかどうかってことに。でも誰も言ってくれない。後藤はExcelは教えてくれるけど、セックスをしたいのかどうかは言ってくれない。べつに後藤のことは好きじゃなくても、お前はExcelよりそれを知りたがっているんだ。後藤が自分とやりたいと思っているのか、確信できないでいる。だから、詳しく聞きたい。俺はサービスでお前に話してやっているんだ。残業代を会社に請求したいくらいだ」

女「あの、最初から聞きたかったんですけど、なんであなたにそんなことがわかるんですか?」

男「同じ男だからだよ。同じ男だから、後藤の気持ちがわかる。後藤はお前とやりたいだけだよ」

女「……」

男「「やる」とか「やらない」とかいう話をふっかけられたら、お前も俺に毒づいてもいいということになる。今、俺に、どこまでも毒づけるだろう。なんでも言えるだろう。楽しいだろう」

女「楽しくなんてありません! ぜんっぜん楽しくなんてないです! 不快です!」

女「後藤さんの方が、あんたよりずっといい人だから!」

男「お前とやりたいからだよ」

女「やめてください!! それを言わないで!!!!」

男「やりたいんだ。後藤は、お前とやりたがっている」

女「それを言うな!!!!!」

男「ずっと、お前らの会話を聞いていた。くだらなかった。正月にババアが餅をついてるのと同じ音に聞こえた。くだらない会話だった」

女「大事な! 大事な会話なんです! Excelを! 後藤さんは私に仕事を教えてくれてたんです!」

男「くだらん会話だよ。Excelも、仕事も、くだらん会話だ」

女「じゃあ、なにがくだるっていうんですか!!!!」

男「後藤はお前とやりたがっている」

女「それを言わないでください!!」

-恋愛

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5