恋愛

女の気だるさに鈍感な男ほどモテるという真実

投稿日:2018-08-01 更新日:

朝、気だるそうにしている女は、放っておかねばならない。

変愛は時間制であり、彼女もレンタル彼女も本質は変わらない。女が気だるそうにしている時は、女を四つん這いにして犯してはいけないし、身体中におしっこをかける仲だとしても、一切介入してはならない。こちらが恋愛をリードする立場であってもだ。ヤンキーやヤクザは、オラオラ系を売りにしていても、こういうところは間違えない。いつだって間違えるのは、 AVを見過ぎた恋愛研究家である。

俺は一度でも女のこういうダラダラしたところを見ると、一気に冷めてしまう。その後、いくら女子力を発揮させられて、ぶりっこされても、興奮しなくなってしまう。

だりぃ。みたいな顔をして、生理みたいな顔をして、ケツ汗がびっしょり染み込んで、血がボンドみたいにナプキンにへばりついて、その上にジーパンでも履かれたら、吐きそうになってしまう。俺は、夏に女がジーパンを履いているだけで、気持ち悪くなってしまう。こうして、気だるそうにジーパンを履いてる女を目にして、こっちが全く興奮しないでいると、女は不機嫌になる。

男の仕事として、嘘でも女に犬のように興奮していなければならない。ただの友人のように接すると、女は傷ついてしまう。

女は、こっちが興奮している限りはぶりっこを続けるが、こちらが冷めた態度に出ると、メイク室に行って化粧を落として寝てしまう。一度こちらで見抜いてしまったことが伝わると、その相手には二度と女子力を示さなくなる。開き直って寝てしまう。ひとつの仕事から解放されたという顔と、この世で一番寂しい顔を同時に浮かばせて、夢の中に消えてしまう。

夏に汗で生理でジーパンなんて、俺はすぐに逃げ出したくなるけど、全然気にならないという男がいる。いくら説き伏せてもピンとこない男がいる。女がドテラを着てコタツに入ってみかんを食べていても、平気で一緒にテレビを見たりする猛者もいる。

この鈍感さは、女にとって最もありがたいものだ。自分でも気づきたくない部分に永遠に気づかないでいてくれる。大事なのは、気づかないのではなく、気づけないことだ。気を遣って気づかないふりをするのではなく、どう頑張っても気づけない人種。センサーがぶっ壊れていなければならない。たまに鈍感でイラッとすることもあるけど、そこも含めて、自分のいいところだけを見てくれる。だから安心するのだ。こういう男ほど結婚していくのが何よりの証拠だ。

GACKTやYOSHIKIみたいなのが決まって結婚しないのは、しないんじゃなくてできないのだろう。彼らの研ぎ澄まされた美意識は己だけにとどまらず、彼女たちの喉元まで届き得る。

俺の会社の先輩で、結婚して四年経つのに毎晩必ずセックスをおねだりする男がいる。断られ続けても、毎晩必ずおねだりする。奥さんは鬱陶しいとは思っているだろうが、そんなに悪い気持ちでもないだろうと俺は思っている。誘われないより、ずっといいのだ。

奥さんの顔を見たことがあるけど、ブサイクだ。髪が薄く長くて幽霊みたいで、呪ってきそうな顔をしている。枯れ木のような身体で、Aカップで、抱いても何も気持ちよさそうじゃない。人間や社会に怒りを覚えていて、いつもすべてに不満気だ。人間が嫌いだからという理由で結婚式を挙げなかったほどだ。自分が生きていることにすらイライラしている。身体が痛い、気分がすぐれないといって、結婚してから一度も働かないし、家事もまったくやらない。いつもドラクエウォークというスマホゲームをやっていて、仕事から帰ってきた夫にレベル上げをさせている。そして極めつけは、夫に小遣いを5000円しか渡さない。

「まるで俺がモテなくて可哀相だから一緒に居てあげているような口ぶりなんだよなぁ」

「そんなことがあったんですか。よくまぁ、奥さんも禁忌を口にしますね。ケイタさん、舐められまくってますね」
「そうなんだよ」

「ケイタさんを手玉に取れるから結婚したってカミングアウトしたのは相当ですよ! その発言は離婚になってもおかしくない」

「まぁ、付き合ってるときからそれは感じてたけどね。口に出して言われるときついね。普通、本人を前にして言うかね?」

「そんなこと言われた後でも、子作りの為にセックスするんですよね? やれるんですか? そんなこと言われた後で」

「俺はやれるよ。穴があれば別にいい」

「へぇ……。俺はどんなに可愛くても、たとえ橋本環奈ちゃんでも、手玉に取れるから結婚した、なんて言いやがったら、二度とセックスしませんけどね」

「ははは」

「でも、そこが結婚できる男とできない男の差なんじゃないかと思うんです。女も婚活に疲れてくると、愛や恋はどうでもよくなってきて、手玉に取れそうな男を捕まえにいくんですよ。男に男性的な魅力を求めてないんですよ、むしろない方がいいんです。その方が都合がいい。給料も少なくても割り切れる。どこの馬の骨も似たような給料ですからね。そんなことより、相手をコントロールできるかどうかが重要なんですよ。そういう男の前だと下着姿でウロウロできるから楽なんです。なんと驚くことに、そんな醜態を見せても発情してくれるんですよ。一応は発情されたいみたいですね。学生時代、目もくれなかった男と結婚できちゃうんですよ、女ってやつは。怖いですね」

「お前、それ、俺のことめっちゃディスってんのわかってる?」

「魅力がない男の方が早く結婚して、魅力がある男は限界まで結婚しないんすよ」

「お〜い、しまるこ〜」

「ははは、すいません。こんなこといっても怒らないところがケイタさんのいいところなんですけどね。本当に血が巡ってんのかわかんないぐらいです。穏和を究極に求めていったら鈍感に行きつくんでしょうか。でも、だからといって、夫を舐めるのは間違ってる。最低ですよケイタさんの奥さん」

「しまるこ。俺もさ。たくさん婚活アプリで女と会ってきたけどさ、34になると、マッチングしなくなってくるんだよ。20代はもう厳しい。ていうか、無理。まずマッチングしない。30以上の女としかマッチングできないんだよ。それでさ、31の女とデートするしかなくてさ、何にも楽しくないんだよ。悲しくなってくるんだよ。34と31の男女が、居酒屋行ったり、ディズニー行ったり、熱海行ったり、レストラン行っても、虚しいんだよ。何も話すことなんてないし、さっさと結婚しなきゃいけない空気があるだけなんだよ。結婚前の手続きを淡々とこなしているだけっていうのかな。しかも、この期に及んで女は何もしないから、俺の独りデートなんだけど。二人でコメダに入ったとき、何してるんだろって思ったよ。入店拒否されてもいいと思った。熱いコーヒーを全身にぶっかけてくれッ!って思ったね。二人の空気がくだらねーんだよ。二人ともいい年して、自由に相手を選べる立場じゃないから妥協してるんだよ。その妥協の中でコーヒーを飲まなきゃいけない。もう、これならいっそ結婚しちゃった方がいいなって思うんだよ。しまるこ。34でこれだからな? もしこれが40だったら、コーヒーなんて一滴も喉を通らないからな? 今マッチングできてる30代前半の女ともマッチングできなくなる。こうして不味い思いしてコメダでコーヒー飲むことすらできなくなるんだぞ?」

「それで妥協したってことですかね?(コーヒーコーヒーうっせえなぁ……)」

「妥協、うん、妥協……かなぁ?」

「今はどうですか? 結婚してよかったですか?」

「そんなに可もなく不可もなくって感じかな」

可もなく不可もなくだそうだ。

4+

-恋愛

Copyright© しまるこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.