食べ物に関する研究・美容・健康

毎日ピーナッツバタートーストを食べる狂った親子

投稿日:2020-01-31 更新日:

高校の頃、歯が汚い斉藤の家に遊びに行ったら、斉藤のお母さんから「しまるこ君、パン食べなさいよ」と言われて、ピーナッツバタートーストを差し出された。

ピーナッツバタートースト?

食パンの上にペーストが、三歳児の塗り絵みたいにベチャベチャに塗りたくられていた。

俺はあまりの下品さに開いた口が塞がらなかった。

普通、ピーナッツバタートーストを客人に差し出すものだろうか? いくら俺が高校生のガキだとしても、困る。百歩譲って、ランチパックならギリギリわからないでもないが、6枚100円で売られている食パンの上にペーストを塗りたくって差し出すのは、白飯にごはんですよを乗せるのと何が違うんだろう?

斉藤は学校から帰ると必ず一枚食べるらしかった。お母さんも必ず一枚食べるらしかった。

この親子は、どこの家庭も家に帰ったら必ずピーナッツバタートーストを食べるものだと思っているようだった。しまるこ君。家に帰ったらどうせ一枚食べることになるんだから、ここで一枚稼いでいったら? と言わんばかりだった。

斉藤の家は3DKの市営団地で、斉藤とお母さんの二人暮らしだった。脱ぎ散らかした服が散乱されていて、部屋のほとんどが服で埋まっていた。冷蔵庫が開いた瞬間が見えたが、パンパンに詰め込まれていて、静かに開けないと卵が落ちてきそうだった。

自分の部屋もなければ机もない。本棚もなければ本もない。三部屋が大きな一室のようになって二人で生活していた。空間の隔たりというものを全く感じなかった。

「何だしまるこ。お前食わねえのか? 食わねえならおれ食っちまうぞ?」

「こーら。拓海。あんたの分はちゃんとあるでしょ」

「デヘヘ!」

斎藤は茶色い歯をむき出して笑った。皿にのせないで食べるので、パンのカスが床にボロボロ落ちていた。

「そういえば拓海。あんた今月、携帯代使いすぎ。一万超えてたよ」

「オカアはもっと使ってるべ」

「大人はいいの!」

お母さんも床にボロボロこぼしながら言った。

この手の家庭は携帯代を使いすぎる。携帯代は別だと思っている。

俺は差し出されたお茶を拒否して、自分の鞄から取り出したペットボトルのお茶を飲みながらこの会話を聞いていた。

次の日、俺は学校でありとあらゆるクラスメイト達に一部始終を話した。すぐに噂は学校中に広まり、斉藤のあだ名はピーナッツバターになってしまった。

つい調子に乗って、あることないことを言ってしまった。冷蔵庫の中はすべてピーナッツバターだったとか、お母さんはシングルマザーで欲求不満だから携帯のエロサイトに10万使ってるとか、絨毯だと思ったらパンのカスだったとか、家のどこを探しても歯ブラシが見つからなかったとか、お父さんはチョコレートペースト派だったから出ていったとか、色々言ってしまった。

しばらくすると、怒り狂った斉藤が飛んできて、「俺のことはともかく、オカアのことをバカにしたことは許さない」と言われ、俺達は放課後に決闘することになってしまった。

俺は喧嘩なんてほとんどしたことはなかった。中学の時に一度だけしたことがあるが、その時の喧嘩の原因も、俺がそいつのお母さんを馬鹿にしたからだった。

そいつのお母さんが透明色のサンダルを履いていて裸足のように見えたから、『光政のお母さんはいつも裸足で外を歩いている』と、学校中に言い広めてしまった。その時の俺は髪が長かったせいか、髪を掴まれて、何度も顔面に膝蹴りを入れられて病院送りにされてしまった。

喧嘩は放課後だから、床屋に行っている暇もない。俺は急いで喧嘩必勝法をネットで探した。金的と目潰しが有効らしかった。確かに、髪を掴まれても、相手のチンコを握ればどうにかなりそうな気がした。目潰しの方は、指を五本に開いた状態で、スッと相手の目を軽く触るように腕を伸ばせば、どれかの指がかなりの割合で入ると書かれていた。

ちょうど仲良くしていた友達が、斉藤と同じぐらいの身長で目の大きさも似ていたので、昼休み、特訓に付き合ってもらった。さっさとお弁当を平らげて、真面目に目潰しと金的の練習している俺を見て、友達はずっと爆笑していた。
「お前が人間の道を反則したからこんなことになってるのに、更に反則を重ねるんだな」と言われた。

目潰しはとても有効だった。知らない相手にもちろん有効だが、狙いがバレている相手にさえ有効だった。ふとした瞬間に手を開いたまま伸ばすだけで、かなり決まった。目潰しで牽制しながら、股が開いたら、すかさず金玉を蹴りあげる。完璧なコンボだった。

目潰しは、スピードをつけると相手が反射的に目を瞑ってしまって決まらなくなってしまうが、洗剤でも取るようにスッと腕を伸ばすだけにすれば、非常に高い確率で決まった。確かにどれかの指が入ってくれるのだ。相手はわかっていてもどうしようもなかった。目潰しを嫌がってガードを上げたら、ひたすらチンコを蹴りまくる。完璧だった。喧嘩は準備がモノを言う。テスト勉強と一緒である。

屋上では、親の仇のような顔をして斉藤が立っていた。噂を聞きつけてきたバカ共も、下品な声を喚きながら集まっていた。

体重はそんなに変わらないと思うが、俺は178センチで斉藤が167センチぐらいで、肩口からまっすぐのとこに目があることが確認できた。

この記事を読んでくれている女性はどれぐらいいるだろうか? 俺はあなた方のためにこの記事を書いている。あなた方の、その男の目を射止めるために伸ばされた爪は、その通り男の目を射止めることができる。ほとんど深爪と言っていいほどの俺のドラえもんみたいな指先でさえ、暴漢と変わらぬ勢いの男を制すのにことなきを得たのだから。

斉藤は目を押さえてうずくまっていた。うずくまっているソレを、あとは煮るなり焼くなり屋上から落とすなり、なんでも好きにできた。

斉藤からしたら、たまたまだと思っただろう。何かの間違いで目に指が入ってしまったと思っただろう。ああ喧嘩とは恐ろしい。こんなことで終わってしまうんだ。俺の負けだ。この目の痛みが引くより前に喧嘩が終わる。と丸まった背中が語っていた。

周囲はさらによくわかっていないようだった。なんで斉藤はうずくまってるんだ? 顔面にいいパンチが入ったのか? まさか、こんな拍子抜けで終わるとは、という顔をしていた。

斉藤は股を閉じていたので、金的は狙えなかったが、うずくまって頭を低くしていたので、頭部を目がけてサッカーボールキックができそうだった。俺は、普段仲良く遊んでいる人間の頭をサッカーボールキックできてしまうのか? 喧嘩とは不思議だ。蹴らない方がむしろ不自然という気分にさせられるのだから。戦争もこんな感じなんだろう。

斉藤はあらぬ噂を立てられて、独り身ながら一生懸命育ててくれた大切なお母さんまで侮辱され、決闘にまで負けてしまった。こんなことがあっていいのだろうか?

神様? どういうことですか? 今こそあなたの出番じゃないですか? ピーナツバタートーストでも食べてらっしゃるんですか? 男には絶対負けてはならない戦いがあるんです! その勝負に負けた男はどうすればいいんでしょうか!? 何が残されてるというのですか!?

一つあった。

「もうやめて! 拓海をこれ以上傷つけないで……!」

俺にないものが残されてた。

「しまるこ君は拓海の友達じゃないの!? なんでこんなひどいことができるの!?」

斉藤の彼女だった。

「決闘しようって言われたから」

「しまるこ君があることないこと言うからでしょ!!」

「確かに」と俺は言った。

実はつい最近も、斉藤と斉藤の彼女と俺と3人で海に行って遊んだばかりだった。楽しい記憶が呼び起こされる。照りつく太陽の下で、3人でビーチバレーをやって砂で揉みくちゃになって笑ってたのに、今では一人はうずくまって、一人は怒って、一人は怒られている。

「しまるこ君! ひどいよ!」

彼女も、斉藤の家に行った時は間違いなくピーナッツバターを食わされているだろう。結婚したら、こいつらと、こいつらのガキと、お母さんの4人でピーナッツバターを食べるんだろう。

「しまるこ君! 拓海に謝って!」

「元はと言えば、おめーが斉藤のお母さん馬鹿にしたからだろ! 謝れよしまるこ!」

さっきまで楽しそうに見学していた野次馬も、調子のいいことをぬかしていた。

「俺のことはいいんだよ……。でも、オカアのことは、馬鹿にすんじゃねーよ……」

斉藤は痛くて開けられない目の代わりに、声で睨みつけるように言った。

なぜこんなことになってしまったのだろう? 謝るのも引き返すのも面倒臭かった。流れのままにクズを重ねていたら、行き着くとこまで行き着いてしまった。もうここより先はなかった。俺は後ろを振り向いて引き返そうとした。しかし、道がなくなっていた。

俺はピーナッツバターのように、その場に溶けてしまいたかった。

もういい。どいつもこいつも馬鹿ばっかりだ。俺はもう面倒臭くなった。ただ溶けることにした。ピーナッツバターみたいに学校に溶けることにした。

-食べ物に関する研究・美容・健康

Copyright© しまるこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.