月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

洗濯機は必要ない。洗濯回数を2週間に1回に減らして生きる方法

投稿日:

f:id:simaruko:20181031125011j:image
今はスイッチひとつで洗濯から乾燥まで自動でやってくれる洗濯機があるらしいが、そんなものは我々に必要ない。

金持ちだったり、大家族だったり、やたらと洗濯物が多くなってしまう事情があるならしょうがないが、基本的に多くの人間は洗濯機なんていらない。

 

俺はいつもハンドタオルとパンツしか洗わない。
一応人間だから T シャツとズボンを履いているが、これらは2週間に1回しか洗わない

この2週間に1回も一応なんとなく洗っているいるだけだ。洗う必要はないかもしれない。1ヶ月に一回でもいいんじゃないかと思っている。

 

いくら匂いを嗅いても全く匂いはしないし、生活していて汚れるということはない。

モンベルのジオラインという服を着ている、
これは臭や汚れに強く、汗をかいても着心地の良さをキープしてくれるらしい。

正直俺は着ていて違いはわからないけど、普通の服だったら、段々水分を含んできたり、湿って臭くなって気持ち悪くなってくるんだろうか?

まぁ、モンベルのジオラインなら二週間くらい洗濯しなくても、問題なく過ごせるのは確かだ。

 

異常に清潔に執着されたこの世界の中で、二週間に一回しか洗濯しないことは勇気がいることだが、真実は、臭くも汚れてもいない服が二週間存在しているだけなのだ。

 

モンベルのジオラインは評判が良いので高かったけどこれにしてみた。

俺は、このモンベルのジオラインというものを着て、2週間に1回手洗いをするだけだ。
基本的にこれしか着ない。
朝起きて寝るまでの間に着替えという概念がない。仕事もこの格好で行っている。

さすがに下着は替える。
下着はさすがに湿ってくる感覚があるから履き替える。
アンダーアーマーのパンツを履いている。
動きやすく、締め付け感がちょうどいい。
運動もしやすく、洗濯してもすぐ乾く。

服よりも下着に金をかけるべきだ。

さすがに水分で湿ってきたパンツを一日中履いている気分にはならないから取り替える。
臭くなってきたり、湿ってきたり、違和感を覚えたら替えればいいと思う。

みんな汚れてもいないのに、ほとんど新品の状態なのに毎日頑張って洗濯しようとする。大変だし金もかかる。そういう人に限って無駄に厚着をする。

 

俺はいつもホリデースポーツクラブに行って、温泉に入って、パンツとハンドタオルだけで済ませてしまう。

サッと洗ってサッと終わりにしたいので、35 CM×35 CM のハンドタオルにしている。

それで十分体を拭うことは可能だ。
頭部だけは拭ききれないから、そこは軽く拭いて、ドライヤーをかければいい。

こんな小さなタオルでも軽く拭いてドライヤーをかければすぐ乾く。

 

俺はこの小さなタオルとアンダーアーマーのパンツしか洗濯しない。しかもそれをホリデースポーツクラブでやってしまう。

f:id:simaruko:20181031125050j:image

俺の生活にほとんど洗濯などないのだ。そもそも洗濯機を置いていない。

洗濯機がないと言うとみんな驚くけど、ずっと着ていても臭くならない服を買って過ごせばいいのだ。

f:id:simaruko:20181031125036j:image

0

-月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

Copyright© しまるこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.