Uncategorized

かけ湯しないで風呂に入ると、ちんこからにゅわ〜〜っと白い入道雲みたいのが浮かぶ

さて、下品な話で恐縮だが、小生は昔から、風呂に入る時はかけ湯というものをしたことがなかった。

1日仕事をして、帰ってきて、その足でそのまま湯船に入っていた。

当然、家族からクレームが届くようになった。なんでも、白いプツプツしたものが湯船に浮かんでいるという。

小生は身体を洗うということもしたことがなかった。風呂に入るとか入らないとか関係なく、物理的にタオルやたわしで身体をこするということをしたことがなかった。

20代後半からだろうか? 湯船の中に白いブツブツが浮かんでくるようになった。

20代後半の、働き盛りの身体がいちばん油がよく出るらしい。ちゃんとかけ湯をするようになったのは30を越えてからだった。

最近、友達が職場(病院)の友人を連れて小生のマンションを訪ねてきたのだが、その職場の友人とやらは、36歳の童貞で、一度も女性と付き合ったことがなく、158㎝程度で、禿げて、この季節なのに(11月下旬)、半袖短パンで、釣竿を背負ってやってきた。趣味は釣りと二郎系ラーメン巡りということで、休日は全国の二郎系ラーメン巡りをするらしい。1日4食二郎系ラーメンということもままあるらしく、3連休もそうやって過ごし、12食連続二郎系ラーメンということもあるらしかった。翌日病院に行くと、すごい匂いで周りから驚かれるらしい。

今日は釣りのために小生の地域にやってきたのだが、ちょうどその辺りには小生がいるからということで、友人が付き添う形でやってきたのだ。

彼とは初対面だった。しかしすぐに打ち解けた。

小生のマンションは置き畳とMacBook Pro一台しかないため、すぐにやることも尽きて、温泉に行こうということになった。

彼は少年のまま大人になったような男で、常に動きが激しく、小生のマンションの階段を飛び跳ねるように移動した。小生の車を見るやいなやダッシュで近づいていき、小生が遠くから赤外線のスイッチをピっとやってやると、彼はドアを開けて後部席に転がりこんだ。

温泉に行く前に腹ごしらえしようということになり、彼が「肉を食いたい!!」というので、肉を食いにいくことになった。

小生は150g、友達は400g、彼は600gの肉を食った。そのときの彼の食い方は凄まじいものだった。肉を頭上にかかげて、フォークを口元に持っていくのではなく、自分から頭上の肉に向かってかぶりついていくというものだった。肉を噛みちぎる際、首を激しくふって、噛み切った反動で頭部が後方にもたれ、顎が天井に向くような形になり、なんじゃこりゃ、ふざけてんのかと思った。

「何この食い方?」と友達に聞くと、「これマジだよ」と友人は答えた。

「俺と会うのが初めてだから、爪痕を残そうとしてるんじゃなくて?」

「いや、違うよ。こいつはこうなの。いつも病院のおばさんたちにも笑われて病院名物になってる」

「最初の一口だけふざけてやるのかと思ったら、ずっとやってるじゃん」

「食い方の癖だけは直らないっていうからね」

「へぇ〜〜、狙ってたら寒いけど、マジなんだぁ。(しばらく見続けて)あぁ、マジだね。これマジでやってるやつだね。いいねぇ。いい。なくなっちゃったら、ちょっと寂しくなるやつかもね」

「でしょ? 俺もすごい好きなんだけど」

「女はどうかね?」

「女から見たら、ちょっと引くかもね」

小生はミロのヴィーナスやピエタ像を見るような目で言った。「この食い方に創作意欲や生きる希望を感じる女は絶対いると思う。俺がこれだけ強く感動してるんだから、同じ人間だもん、俺と同じように感動する子は絶対いると思う、そこに男女差はないと思う。いやあるかな? 男より少ないだろうけど、好きになる子はいると思う」

「俺もこいつはモテると思うんだけどね。ぜったいこういう奴を好きになる女はいると思う」

「見てて爽快というかね。自然児というか。とくに女はまんこみたいに心を陥没させて生きている場合が多いから、その反作用というか、彼といることで逆の化学反応が起こると思うけどな」

「でもこいつ、もう諦めてるらしくて、今世は恋愛はいいんだってさ」

「え? そうなの?」と彼に聞くと、

「ん、まぁ」と彼は、肉を激しく噛み切りながら答えた。

「『いらっしゃーい』みたいな感じになっちゃってんじゃん」と小生は言った。

小生は続けた。「もっと自分を出していった方がいいと思う。そのままでいいと思う。冬なのにその短パン半袖、背中に釣竿背負ってる、初対面の人の車にダッシュで勝手に乗り込んでいく、おまけにこんな飯の食い方されたら……。久しぶりにこんなに芸術的な人間見たわ、こういう人間に会えて俺は今すごく嬉しいもん」

「病院でも、けっこうこいつのこと好きな人多いんだよ。もちろん女性でね」

「……」

彼は恋愛の話になると、どこ吹く風といったように、元気をなくし、自分のことだというのにまったく会話に入ろうとしなかった。

そんな中、友達が一つの疑問を投げかけた。

「うーん、でも、やっぱり、自信満々にやるのと、つい、勝手に出ちゃったっていうのは大きな差があると思わない? 直そうとしているけど直らなくて出ちゃうのと、自分からそれを出そうとしたり、許しちゃってるのはまた違うと思う。女からすると、さすがに前者であってほしいと思うじゃないかな?」

「抑えようとしているけど、どうしても出ちゃうところに可愛さがあるみたいな?」

「そう」

「まぁ、そうかもね」

「勝手に出ちゃった感はやっぱ欲しいんじゃないかなぁ? 君のこと気にしてるんだよっていう配慮は必要だと思う」

「一応は? みたいな?」

「一応は」

彼はやはり会話に参加せずにずっと肉に喰らいついていた。

銭湯に行くと、彼は元気に床のタイルを駆けていき、「どーーーん!」と言って、湯船に飛び込んだ。

小生は思わず「おお……」と言ってしまった。

「今どきやるっていうね」と友達は言った。

「ああ、中学生でもやらないと思うけど」と小生は答えた。

奇人変人をこれまで多く見てきたし、ネットの活動を通じてもいろんな変人を見てきた。しかし、まだこんな秘宝が世の中には隠されてるのかと思った。

そういう人は大概ニートだったり働かなかったり底辺層をウロウロしているのが常だが、彼は立派に作業療法士の資格を持って病院に勤めている36歳なのだ。

「すごいよ、こんな人間が平気でそこらを車で運転している事実があるんだから」

「身体洗えよ」と友達が言った。

「えーいいじゃん! 早く入ろうよ!」と彼は言った。小生と友達は身体を洗った。小生はもともと身体をゴシゴシ洗う習慣がないので、軽くシャワーを浴びただけで済ましただけだったが。

そして湯船に入ると、すごい光景を見た。

彼の身体から、脂分、脂身のようなものがにゅわ〜〜っと浮かんでいたのだ。

なんだ? このラーメンのスープの脂身みたいなものは? 白く濁って脂分が浮いている。それをつぶさに観察していると、恐ろしい事実が発見できた。特に、彼のちんこの裏、金玉の裏部から、にゅわ〜〜っと、白い雲のような、金玉の裏がタバコを吸っているかのような、明らかにちんこが基盤(基盤というより黒幕?)として放たれている白い入道雲のようなものがあった。

やっぱりちんこなんだなぁ、と小生は思った。世間のちんこに対する答えがあらわれている。確かに、いちばん「こもる」のだろう。金玉の裏がへばりつく、あのやるせなさ。あの不快感、湿気感、下着の中の陰気、それが湯気という形で外側に開かれている。

ちんこだけ特別にとんこつペーストを塗りたくっているわけではない、条件で言えば同じなのだ。条件で言えば、ちんこも全身も同じ肌であり、湯に浸かることで毛穴が開かれるという同じ条件でつらぬかれているが、入道雲を発しているのはちんこなのだ。

「悪」だと思った。人々がちんこを魔的なもの、魔大国の大王みたいに考えている節があるのは、こういうところからきていると思った。こもっている。黒魔術のように見えた。ちんこだけがひときわ強い脂身を放っている。

小生も20代の頃はよく肉を食べていたし、一日中働いた身体でそのまま湯船に入った。今はその恐ろしさがわかる。

外国のトイレには、ちんこの高さの洗面所みたいなものが常設されていると聞いたことがあるが、あれはちんこを洗うためらしい。彼らは毎日風呂には入らないらしいが、しかしちんこだけをわざわざ洗うのは、この、黒魔法の発動を抑えるためだろう。

小生は今でも、彼のにゅわ〜〜っと浮かび上がるあの白い入道雲のようなものが忘れられない。シルクロードのように、曲がりくねりながら、一つの海底の大渓谷を作り上げていた。

-Uncategorized

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5