恋愛

「彼女いらない」といってるやつに限って手に届く範囲に女が現れると好きになってしまう

投稿日:

彼女はいらない。結婚する気もない。という人は多いだろう。

めんどくさいし、金かかる。孤独も板についてきて、クリスマスも無意識に無視できるようになった。

今の生活も悪くない。一生独身でいい。

もしイケメンで金持ちで優しくて、何でもできる男なのに、あえて結婚しないのであれば、それは、女達へのすばらしい攻撃として成り立つ。俺は女が憎くてしょうがないときがあるので、そういう男がたくさん増えて、女達をこらしめてやってほしいと思う。

だが、本当にそんな男がいるだろうか。本当に結婚したくない男なんているんだろうか。結婚というのは、無意識が勝手に求めてしまう仕方のない類のものではなかろうか。現実的に考えれば、結婚はデメリットの方が多い。それでも、そんな損得を抜きにして追い求めてしまうんじゃないだろうか。やはり寂しいのか。子孫を遺したくなるのか。言葉にできる理由はあるが、それ以上に、ただ求めてしまうもののような気がする。

お笑い芸人やユーチューバーがファンを食い物にしていると、それについて長時間考えずにはいられないし、可愛い素人AVを観ると、こんなに可愛い素人が好き放題されている、そして、女の子側も嬉しそうな顔をしている。AV男優の汚らわしいちんこを呑み込んでいる。10秒だけ俺が入れ替わっていても、何も不都合はないはずだ。悔しい。代わりたい。こんなことがあってもいいのかと、「かわいくてエッチな子がいる」という事実で、歯を食いしばって、ちんこを握りしめて寝ることになる。

 

出会い系をやってみると、すぐに手ごろな女が手に入りそうになる。ちゃんと攻略サイトを見て勉強して望めば、ちゃんとマッチングができる、今まであんなに出会えなかったの嘘のようだ。誰もが羨む可愛い子となると話は別だが、 60点ぐらいの子だったら可能だ。

出会い系でマッチングして、デートになって、ヤレるかどうか、というところになると執着心が湧く。

一人で部屋でぼさっとしていると、恋愛も結婚もどうでもいいと思えてくることもあるが、実際に、物件をヤレるかどうかという瀬戸際までくると、その頃には、もう覚めることはないと思っていた想いが、100%覚醒してくる。

やはり、具体性が必要だ。来週の土曜日に会いましょうということになったら、土曜日について色々考えざるを得ない。何度もその子の写真や交わしたメッセージを見返したりする。気づくとその子のことで頭がいっぱいになっている。その頃は、渡辺りかや、浅川りなより気になる存在になっている。遠いところにいるアイドルより、近くの手に入りそうな子の方がいいのだ。

 

男だろうが、女だろうが、覇道を突き進みすぎて、もう恋愛は卒業したと見切りをつけている人でも、「きっかけ」さえあれば、簡単に恋に落ちてしまう。

俺は、ぐたぁ縲怩チと寝て、何もしないで寝続けていて、その上を「キミの声が聞こえる」の「南野泉ちゃん」が急にまたがってきて、俺の乳首やちんこを舐めてきてくれる妄想を毎日している。夜だけではなく、昼もしている。なぜ二次元のキャラなのか。きっと、疲れ切って寝転んでいるときは、三次元のリアルな人間の、利己的なものを感じたくないからだろう。二次元のキャラは人間らしい黒い感情がない。都合よく、2、3時間でもフェラをしてくれそうだ。そして、そのフェラの時間を一瞬でも面倒くさいと思わなそうだ。心から俺に奉仕することを生きがいとしている。そんな子に愛撫されて眠りにつくのが男の究極の妄想だ。だから、少し元気があるときは、南野泉ちゃんではなく、浅川リナや渡辺りか、馬場ふみかなど三次元のキャラを使って、妄想している。

さて、これらの女の子じゃなきゃ嫌だ! この子達じゃないと絶対結婚しない! と思ったり、それに加えて、自分がこれまで一生懸命悩んだり考えたり葛藤して、そこらの女じゃとても手の届かないすばらしい悟りや人生観、精神力を手にして、自分の方が遥かに人間としての価値がある。そんな自分が、出会い系で出会った、こんなつまらない女と結婚していいものか? と思ったりするのだが、案外出会ってみると、こっちが土下座してでも結婚してしまいたくなるから不思議だ。

これまであんなに人生と格闘してきたのに、これは一体どういうことだ? この女は、自分の10分の1の思考力もないサルなのに、話をしていても、膣内にへばりついたカスみたいなことしか言わないのに、どうして好きになってしまうのだ??

そして、なぜこいつが俺を追いかけるのではなく、俺の方が熱をあげて追いかけなければならないんだ??

くそ! くそ! くそ! という感情に、よくなってしまう。

これは明らかに負けだ。俺の方ががんばって生きてきたのに、負けている。恋愛は好きになった方が負けだというが、俺に限っては当てはまらないでほしかった。

結局、そこそこ可愛ければ、馬鹿だろうが性格が悪かろうがつまんない女だとしても。食いついてしまう。

そこそこ可愛い女の子と、出会いさえすれば、そう、出会いさえすれば、誰でも恋は始まってしまう。

こんなのは恋とはいわず、ただ、久し振りに人間型まんこに出会えたので、その希少性に執着しているに過ぎない。他に選択肢を持たないモテない男のみっともない執着だ。もし仮に、そのまま結婚しても、性欲が溶けた頃は、結婚生活も溶けていることだろう。

孤独に孤独を重ねて、その孤独の時間の中で様々な葛藤と出会い、戦い、そしてその経験を得て、すごい知性や精神力を手にしたと思うが、恋愛強度は低くなってしまう。

 

-恋愛

Copyright© しまるこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.