仕事

世界最高齢のエンジニアおばあちゃんについて

投稿日:

これまで多くの老人を見ていたけれども、85歳となると、大抵のおばあちゃんはおばあちゃんの話し方になってしまって、知性という点では危なっかしいところがある。

たまたまYouTubeでこのおばあちゃんを見たのだが、これまで小生が見たこともない凄まじい知性を持ったおばあちゃんであることに驚愕してしまった。

まるで若者のような話し方だ。こちらもつい若者に話しかけるようなつもりで話してしまいそうである。

小生は昔から、機械に触れているとボケるのかボケないのか、ボケるのは早くなるのか、という懸念をもっていた。

小生は1日に8時間か10時間ぐらいipadを弄るので、もし機械を触ってばかりいればボケてしまうのであれば直さなければならないなと思っていた。

機械を触ることによって地球の磁場というか、自然から切り離されるようになっていって、人間的な潜在本能を失い五感を失い、創作力も落ちて、ひいては頭がバカになる。生命の均衡を豊かに保つ天性の自然人になり損ねたような気がして、不安に苛まれていた頃があった。

とくに小生は乃木坂やハースストーンの動画ばかりを見ていて、それもほとんど思考停止状態で見ていて、見終わったばかりの動画も、はたしてどんな内容だったか覚えていない。バカになるのではなく、すでにバカになっているのだ。そう思わずにはいられなかった。

うちのおばあちゃんはキーボードどころか文字も書けなかった。82歳の頃にはもうほとんど認知症になってしまって、散歩したら自分の家に戻ってこれなくなったりしていた。

体を動かすとボケないとかいうけれども、うちのおばあちゃんは1日に3時間も4時間も散歩していて凄まじい筋力を持っていて、うちの母親よりもずっと強い足腰をしていたけれども、ボケてしまった。

ボケるボケないでいえば、小生が見たところでは、手作業をよくやっている人がいちばんボケない。ピアノや編み物、塗り絵や書道だったり、とくに編み物をやる人がいちばん頭がしっかりしていた。90以上だとしても、編み物をよくやる人は大体の場合においてみんな頭がよかった。細かい作業は、非常に脳の活性にいいらしい。

コンピューターに触れている人間はおそらくボケないと思う。勘だが。

今回の動画の若宮さんに至っては、プログラミングまでやる。コード入力どころか、アプリ開発までしている。世に求められているものを想像すること、それも大変なボケ防止になるだろう。すべての家事の中でレシピを考えるのがいちばん大変というが、やはり開発だったり想像力を膨らます脳の使い方がいちばんボケないような気がする。

コンピュータに囲まれている今の若者はみんなボケなさそうな気がする。勘だが。

毎日レシピ細かい作業プラス最先端のものに触れているから色んな掃除を効果があって余計にボケないのだろう。

若宮さんは、目もいい耳もいい。肉体も健康そうである。人間観察力にも優れていて、若い人達はそもそも家族と話さないからスマホが原因でもない、単純に照れくさいだけといっている。この考察も面白い。

若者は、お年寄りに席を譲ろうかと思って声をかけたいのだけど、断られたときに気まずくなるのが怖くて、みんな声をかけれないのだろうけど、スマホがあればそのあと断られたとき気まずくなっても、スマホをいじることによって解消できる。声をかけられたおばあちゃんも、スマホをいじっていれば、お互いに気まずい雰囲気を解消できるからスマホを持っていた方がいいと、とても楽しい洞察をみせている。

なんというか、若い感性だと思った。

+3

-仕事

Copyright© しまるこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.