仕事

ドトールに女の子が面接にきてた

投稿日:

「あのーアルバイトの面接にきたんですけど」

「あ、はい伺っております。こちらの席でお待ちください」

「ありがとうございます」

「こちら、記入用紙になります」

「ありがとうございます」

女の子は店員に案内され、店内の一席に座った。座っている姿勢は美しかった。エッフェル塔のように屹立していた。スーツ姿で、シャツもパリッとしていた。この日のために新調しているように見えた。平日の朝10時にドトールにいるのは、競馬新聞を読んでいる高齢者しかいないため、その姿は非常に浮いてみえた。

小生はこの女はできると思った。座っている姿勢が美しい。ちゃんとスーツを着ている。アルバイトの面接なのに手を抜かない。小生はこの店の面接にくる子を何十人もチェックしているけど、スーツでやってくる子は一人もいなかった。

「ねえ、あの子よくない?」

「いいね、口答えしないで何でもハイっていいそう」

「まだ若いわね、20代前半?」

「清潔感あるし、店の雰囲気よくなりそうだね」

従業員たちの評判も良さそうだった。

店長がやってきた。面接が始まった。面接はそのまま店内の一席をつかって行われた。小生はそれをずっと見ていた。

面接が終わった。

彼女は店長に恭しく頭を下げると、そのまま店を出ていった。

「は? なんで私たちに挨拶していかないの?

「私たちが案内したのにね」

「見て。もうスマホいじってる」

「気が許しちゃってるんだね」

「おかしー。一歩外に出たらあれかよ」

「あれぜったい受かったって思ってるよ」

「『受かったー!』って親に送ってんじゃんね?」

「結果まだだっつーの」

「あんなに背筋伸ばして座ってたのにね」

「店長ー、わたしあの子きらーい」

「そう? すごく感じのいい子だったけど」

「ダメ、ぜったいダメ!」

「そうはいっても、シフト足りないしなぁ。そのぶん大山さんが出てくれるわけじゃないでしょ?」

「…………」

「大山さんが出てくれるなら、採らないでもいいけど」

なるほど。採用の裏側とはこんなふうになってるのか。彼女に聞かせてやりたいものだ。

おーい! 見てるか? きょう面接にきてた彼女! しまるこです。こんばんは。

ちゃんと面接終わった後はさ、レジの店員にも挨拶していかないとダメだよ。あと、店から出てすぐはスマホをいじらないように。

ちゃーんと俺はいつも君たちのことを見てて、一部始終をブログに載せて、君たちに教訓を促してるんだからなー?

ちゃんと見ろよー?

+2

-仕事

Copyright© しまるこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.