ドトール観察記 恋愛

ちょっとしたことで声をかけるババアの偉大さ

「あらーやだ可愛い女子大生みたいじゃないのー!」

「……」

「ほんとーに可愛い、可愛いわねぇ、おばさん可愛くて心配になっちゃう!」

ドトールの女性店員は、マスク越しでもわかるほど、隠しきれない喜びがにじみ出ていた。


時は数分前。

女の子はあと少しで退勤ということもあり、時計を何度も見たり、家に帰ったらどんなふうに時間を過ごそうか、まずどのゲームアプリを開こうか、その前に昼ごはんを食べようか、と空想していることがありありと感じとれた。

確かに若いが(19歳くらいだろうか?)、8時間も労働して、店内を歩いたり突っ立ったりしていると、疲労による肉体の倦怠感が股間に集約され一種の臭気を放つようになる。マンモリ。疲労による活性酸素が下着の中にこもって悪さするようになる。

若いが、今は臭い。今はダメだ。就労後はダメだ。小生は労働の後の女とセックスするのは嫌いである。労働の後の女の性器は、活性酸素が悪さをする。ストレスや邪気、ビニールを燃やした黒煙のようなものがこもってしまう。19歳だとしても、こもってしまうものはこもってしまうのである。

やっと退勤時刻となった。お昼の12時、長かった。この子は深夜から昼までぶっ続けて働くことが多い。8時間働いた。外はちょうど明るい。もう、何も気にせずに太陽の光を浴びてもいいんだ! 何も気にせずに、この贅沢な日差しを十全に味わってもいいんだ! やったぁ〜! 今日も一日終わった〜! いや、違う! 今から一日が始まるんだ! という声が聞こえてきそうだった。考えたくもないことだが、ドトールでは、交代シフトが来ないことがある……。

no image
8時間シフトのあと、交代が来れなくなって、16時間シフトになってしまったドトールの店長

続きを見る

女の子は私服に着替えて、店を後にしようとしていた。

すると、それを見かけた客のおばさんが、

「あらーやだ可愛い女子大生みたいじゃないのー!」

「ほんとーに可愛い、可愛いわねぇ、おばさん可愛くて心配になっちゃう!」と、女の子に声をかけた。

――――――。

――――――股間の活性酸素が消えた。

パンツの中にくぐもっていた暗雲、バチバチと唸りを上げる、雷光を含んだ暗雲のようなものが、消え去っていた。

女の子の疲れは一掃された。フルーティな爽やかさが一瞬で小生に伝わってきて、突き抜けた。凄まじい清涼感。女性ホルモンの高鳴り。おっぱいが服を突き破って飛び出しそうだった。別人だ。細胞が生まれ変わっている。本当に彼女なのか? 本当にここはドトールか? 成蹊大学の文化祭じゃないのか? 飲んでいたコーヒーも、ビールの味がするようになった。

小生も一言いえたら、付き合えるだろうか? おばさんが男だったら付き合えていたかもしれない。しかし35歳だと微妙だ。子供に飴をあげてまわるには早い年齢だ。まだどこか男女の空気が残されている気がする(←なんて笑) おばさんのような乾いた空気が出せない。乾いた空気を出しすぎると、今度は抱けなくなるから、難しいところだ。

しかしあのメス感。発情した鹿のように飛び出していった。車にひかれなければいいが。バイト終わりの達成感と女としての欲求が同時に満たされ、凄まじい勢いで飛び出していった。あ、ひかれた。

小生も、言いたいところだがな。言えたら抱けるだろうか? もう女の子とは一年ぐらい顔を合わせてしまっている。いまさらこれまで無言だった奴が、

「あらーやだ可愛い女子大生みたいじゃないのー!」

「ほんとーに可愛い、可愛いわねぇ、お兄さん可愛くて心配になっちゃう!」

なんて言ったら、活性酸素がまたパンツの中に戻って、悪さしちゃうかもしれないな!

-ドトール観察記, 恋愛

© 2021 りょういちんこZ Powered by AFFINGER5