食べ物に関する研究・美容・健康

スーパーで買い物するしかないのにスーパーには毒しか売られていない

投稿日:

f:id:simaruko:20190417111852j:image

残念ながら俺達はスーパーでしか食べ物を調達できない。右を見ても左を見ても、人間の身体に適した本当の食材がない。純粋な自然物だと思われる野菜や果物ですら知っての通り農薬や酸化防止剤がたくさん振りかけられている。一度、リンゴの栽培過程をYouTubeで見たけど、噴射機みたいなヤツで、ビチョビチョになるくらい全てのリンゴに満遍なく毎日繰り返し繰り返し農薬をかけていた。リンゴでこのざまだ。

防腐剤、増粘剤、pH調整薬、凝固剤、着色料、香料これらの化学薬品や添加物が一切ない食品など見かけない。国民がこれらを食べて身体が悪くなっても、どうにでもなれと思っているんだろう。

そもそもこれらを作り出して売っている人達はわかってやっているんだろうか? それとも知らないでやっているのか? もちろん販売されている食品の化学物質は定量が設けられているが、これを越えなければ健康が約束されるというものではないだろう。そもそも我々の方でそんな基準守れるはずがない。色んな食材を買い込んで、それら全てに添加物がついて回ってとても制御できるものではない。

これらの生産を牛耳ってる偉い人達も、おそらく制御できてやしない。文明の外側で暮らしている部族しかなし得ない。

国が我々の低俗な欲求につけこんで、追い求めて止まない味を提供し束縛させ永遠に金をむしり取ろうとする政策をとっているのは知ってのとおりだが、その偉い人達も自身の欲を抑えられず、好き勝手に俗悪な食物ばかり食べているから、「周りも汚染させてやる、俺よりもっと悪いものを食べて病気になってしまえ」という悪意を振りまいているのである。それくらいヤケになって開き直らなければ、こんな立派な毒を市場に流すなんてことはできやしない。成人男性が女子高生とセックスしたらいけないという法律も、法案者の嫉妬からきている。俺が若い女とセックスできない(してもらえない)のだからお前らもダメだという感情から来ている。それと同じで、食べ物に関しても、自分より健康的な人間を見るのがムカつくから取り締まろうとしないのである。

 

大真面目に考えると、タバコはもちろん健康を害するものを売っていいはずがない。肉も本当は売ってはいけない。買ってしまう方は知識がないのだから仕方ないが、売る方は売ってはいけない。

文明社会にいる限りはろくなものは食えない。みんな、「我々は食べ物に恵まれている、昔の人や貧困国の人達は可哀想」と思っているが、我々の方がよっぽど可哀想なのである。その証拠に50代以上の人間で、糖尿病、脳梗塞、パーキンソン、変形性膝関節症、認知症、高血圧の気が少しもない人間などいるだろうか? 

もう自分の庭で野菜を育てるぐらいしか対策はない。それすら本当に無害かどうか怪しい。どこに行っても毒ばかり。いらっしゃいませと言いながら毒を売る。カルロス・ゴーンよりよっぽど質が悪い。あるいはヒトラーやスターリンより罪悪かもしれない。

 

全ての食材に目を光らせて生きていかねばならない。全く面倒臭い。どうしてこんな世の中になってしまったのか。平気で毒を売り捌いて、毒を買う。偉い人達は自分でも買ってるんだろうか? まぁ、たぶん買ってるんだろう。もし新鮮な生野菜だけを食べる生活をしていたら、こんな下品な商売をしようとは思わない。野菜生活をしていると下卑た欲もなくなる。

白砂糖は毒以外の何物でもないし、牛乳は人間の身体に消化酵素がないから、ただ血液の粘度を高めるだけである。喘息のほとんどは牛乳のせいである。菓子パンはこれらがたっぷり混入されて80円で叩き売りされる。

タバコには危険だとメッセージが書かれているが、菓子パンにはない。そして、糖質がふんだんにに使われたものは血糖値が急激に上下するので、すぐにお腹が空いてまた食べたくなる。そうして我々は食べることによって余計にものを食べたくなり、不幸な輪廻をぐるぐると一生かけて廻り続ける。

甘い匂いで誘っては繰り返し食わせ酔わせ心も身体も金も全て消費させ、病気にさせて病院でも治ることのない法外な薬をいつまでも買わせ続ける。3時間も4時間も待ったあげく、ここでも毒を売り渡される。食品と医療界が連携しているのである。情報弱者から金を貪り奪う手段がよく練られている。そして、国が菓子パンを廃止します。牛乳も売りません! などと言い出そうものなら、今度は洗脳された我々が暴動を起こすのだ。

 

舌を調教されただけならともかく、あれもこれも栄養がいいと、毒を薬だと思い込ませる質の悪い洗脳が施されている。

ただ無農薬の玄米菜食をしていればそれで十分なのだ。昔の人はこれで幸せに生きていた。これだけ注意をしなければ病気になってしまう世の中ってどうなんだろう。気づいた人は救われるけど、気づかない人達はいつまでも死病を患うだけだ。化学物質や肉を摂取し続けていると、人間が粗暴になり、頭も悪くなり老化は進みハゲて悪臭を放ち、些細なことで怒り、いつもイライラして胸の中にモウモウとしたドス黒い感情が渦巻くようになる。街を歩けばそんな人ばかりじゃないだろうか? 特に牛や豚は大変記憶力が悪く、これらの肉を食っていると人間の記憶力も悪くなる。

 

我々が頼りにするしかないスーパーには毒しか置いていない。

たとえ牛乳が非常に害悪な商品だと認められても、それが世の中に流布されることはない。というか実際は既に認められているのにも関わらず公に公開されていない。全てのCMを通じて牛乳は危険だと放送されてもいいくらいだが当然そうはならない。牛乳業界が潰れるからである。この先も、健康よりも大人の事情が勝り続ける。

みんな食べ物は大事、体が資本だと考えていて健康意識は高いのだが、取り入れる先の情報が全て間違っているから一生懸命毒を買い漁る。そして病気になり、病院でも搾取され続ける。

-食べ物に関する研究・美容・健康

Copyright© しまるこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.