Uncategorized

カジサックとプロたんがコラボ動画出したけど、プロたんの方が面白いことに誰も気づかない

投稿日:

f:id:simaruko:20190406181913j:image


プロの芸人と素人がいかに違うかわかる動画です。【カジサックコラボ】 - YouTube

プロたんとカジサックがコラボしている動画のコメント欄を見ていたら、ものすごい数のカジサックを賞賛するコメントがあった。コメント欄はほぼそれのみだった。

これは世の中の多くの人が形ばかりにとらわれて、本質が見えないことを意味している。政治経済や芸術、人生論より遥かに笑いの批評は難しいが、ここまで人々は笑いの評価が下せないものかとびっくりした。

これはもう考えるまでもなく、明らかに、カジサックよりプロたんのほうがギャグセンスが高い。

芸のレベルと人格のレベルは比例するものだ。俺は松ちゃんと有吉と矢作こそが現在のお笑い界で最も面白い芸人だと思うけど、この人達は何よりも徳が高い。観察力が高い。スマートニュースで見かける彼らの切り取られた小さな発言はどれも珠玉の輝きを持っている。その知性はテレビ画面での物腰や落ち着きや、ふとした表情の中に垣間見られ、芸のレベルと一致する。富樫先生もアシスタントにボーナスをあげてみたいだしね。

 

コメント欄には、「カジサックはすごい」「素人とプロの差が著しい」などばかり書かれていたが、一体どこがすごいのだろう?

カジサックを見ていると、この人は信用できない人のように見える。自分の発言や行為や人生において責任が持てない人の顔や動きや表情だ。シバター氏が嫌うのも無理はないだろう。なんだか胡散臭いのだ。詐欺師とはまた違う、人間として軽薄なのだ。手をパンパン叩いたり、でかい笑い声をあげてそれらしく芸人っぽいことをしているだけだ。そんなに悪意があるわけでもない。ただ器が生来小さく作られているのだ。だから何事においても深いところまで見通せないのだ。

心奥や空気を見通す感覚に欠如していて、優れた芸人がとっくに通り過ぎていった数段階前のステージで安住している。テレビで仕事が貰えないのは、芸の低さだけでなく、どうもなんか叩いても響かない小物感と、胡散臭さからきているんだろう。

いつもバタバタしていて、形式的な動きと音を守っていけば、いい仕事をしたと思っている様子がある。だからこの動画でも、プロたんがぼそぼそ話している様子をダメだししたんだろう。

その点、プロたんは内容に迫ろうとしている。人格も素晴らしい。サイヤマングレートなどと比べてプロたんの方が人気があるのは、ギャグセンスが高く、視聴者の自分の距離感や、平気で恥部を晒す覚悟があるからだろう。頭ボサボサで乳首を垂らして屁をこく姿はいつ見ても男らしい。大喜利センスも素晴らしく、独特の比喩もカジサックにはできない芸当だ。

素人がプロを凌駕することなんていくらでもあり、この動画はその典型なのに、視聴者は全く気付かない。だがそんな視聴者であれ、表在的な部分では誤認しつつも、潜在的な部分でプロたんの動画を求めていくことだろう。

 

「た縲懊€怩フ縲懊€怩オ縲懊€怩ン縲懊€怐I」なんて芸は一体誰が生み出せるというだろう?

これは本当に素晴らしい。頭ボサボサでピンクのタンクトップで乳首を垂らし、赤ちゃんみたいに小型マッチョが駄々っ子する面白さはよくできている。これは案外、自分で見つけるのは困難だ。これはプロたんらしさをよく表したいいギャグで、自分を主観しながらも客観できていないと思いつかないものだ。

カジサックはずいぶんかっこつけている。トークが上手い芸人風を装うのに執着しているようにみえる。動きと音に意識を置いている。プロたんはぼそぼそ喋っていて、確かに素人っぽさがあるけれど、心を静かに見つめて、独特の面白い例えを引っ張り出そうとしているのだ。

カジサックも問題あるが、二人の格の違いがわからない視聴者しかいないことが一番残念だ。

 

-Uncategorized

Copyright© しまるこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.