Uncategorized

友達とドラゴンボールの凄さについて語り合った

投稿日:

友達「宇宙人による宇宙人の物語が、人類最高の漫画として君臨してるっていうね」

しまるこ「しかし絵がうますぎる」

友達「あの漫画だけ絵が違うよね。立体人形が飛び回ってるみたいだもん。異様に読みやすいし」

しまるこ「ページから飛び出てきそうな迫力だもんなぁ」

しまるこ「画力でなんとかなってるところがあるね。あれが小説だったら売れなかっただろう」

友達「小説だったらつまんないだろうなぁ」

友達「まったく作家のエゴのようなものがないよね。読者のために尽くしてくれたというか」

しまるこ「それがよかったんだろうね。鳥山さんが好きなように書いた作品はつまらないからなぁ。貯金戦士キャッシュマンだっけ?」

友達「キャッシュマンは悪いとこが全部出ちゃった感じだね」

しまるこ「ドラゴンボールは全体が描いたんだよ。全体が表現されるべきお題を鳥山さんに提示して、それを鳥山さんが見事に答えた。そうとしか思えない」

友達「今更だけどさ、悟空の髪型凄すぎない?」

しまるこ「あれは何だろうね。冷蔵庫や電子レンジの発明より凄いと思う」

友達「あんなに奇抜なのに、オーソドックスにしか見えないもんなぁ」

しまるこ「キャラクターデザインにおいては、もうあれ以上は出てこないだろうね」

しまるこ「唯一ポケモンくらいじゃない? 少し迫ることができたのは」

友達「ミュウツーはビビッたね。あの辺りから、すごいキャラデザインって出てきてないよね」

しまるこ「最近だと何だろう? 妖怪ウォッチ?」

友達「妖怪ウォッチはひどいね」

友達「妖怪ウォッチの、あの猫みたいなヤツ? あれが一番顔なんでしょ? ポケモンでいうピカチュウみたいなことでしょ? 顔があれじゃあヤバいでしょ」

しまるこ「モンストやパズドラも酷いもんだね。いったい何番煎じだよっていうね。ドラクエとポケモンに全部吸い尽くされちゃって、どのデザイナーも焼け野原で必死に残り物を漁っているように見える」

友達「もうこれしかないという完璧な答えみたいなもんだもんな。スライムなんて、答えだよな。ひとつの」

しまるこ「あれ以上のスライムはもう出てこないと言いきれちゃうよね」

しまるこ「キラーマシンもグレイトドラゴンも、もともと存在していたものを発掘したみたいだもん。創ったんじゃなくて、見えたんだろう」

友達「色もすごいよな。悟空のオレンジの道着なんてさ、色が一つ違ったら、アウトだもんな」

しまるこ「はやぶさの剣や、ドラゴンキラーまで、武器までやってのけるっていうね」

友達「ストーリーだったらスラムダンクの方が面白いと思うんだよ」

しまるこ「ストーリーは……(笑)」

しまるこ「ワクワクしただけで殴り合う(笑)」

しまるこ「あのキャラクターを発掘した時点で成功は決まってたんだろうね。ストーリーなんてあってないようなもんだ。キャラクター達のアクションを視覚的に追っているだけで、これ以上ないストーリーになってる」

友達「気とかエネルギーとかかめはめ波とか、空飛んだり、上半身裸で戦ったり、あれを全部最初に思いついたのはイカれてるね」

しまるこ「漫画を進化させるために天から送られてきたんだろう。手塚治虫が『彼は僕の後継者』と言ったのは、そういう意味だろう」

しまるこ「多分、究極のキャラデザインは、カマキリとかゴリラとかになるんだと思う。もう何度も見すぎて目新しさがないから感動しないけど、もし今目の前に初めてカマキリが現れたら、『なんじゃこりゃああああ!!』ってことになると思うんだよ」

友達「かもね」

しまるこ「ライオンとかハチとかカブトムシとか、神が創ったデザインに到底人間が敵うことはないのは仕方ない」

しまるこ「ドラクエもポケモンも、自然界のデザインを組み合わせたり、操作して創っている。自然を超えるデザイナーなんていやしない」

しまるこ「岡本太郎さんなんかはさ、自分の生命力をそのままぶち込んで、それがそのままキャラデザインの魅力になってる感じだね」

しまるこ「鳥山さんが造形的な観察力のセンスでいうなら、岡本太郎は精神的なセンスというか」

しまるこ「結局どこまで行っても肝心なものはセンスというか、それはいったいどこからやってきて、どう扱っていいものかわからないと思うけど、センス、センス、センス……」

友達「鳥山明は、お笑いで言うダウンタウンと似てる感じがするね」

友達「この人以前、以後で時代が変わってしまっている」

しまるこ「で、久々にドラゴンボールを全巻読み直したわけなんだけど、普通にギャグが面白かった」

しまるこ「あのさぁ、グレートサイヤマン編のところなんだけど、悟飯が朝、舞空術使って、空飛んで登校するんだけどさ」

しまるこ「まぁ、空飛んで登校している時点で既に面白いんだけど」

友達「ほんとにね(笑)」

しまるこ「悟飯が『じゃあ学校いってきます!!』とチチに言った後、チチなんていったと思う?」

友達「『飛行機に気をつけるだぞ』」でしょ?」

しまるこ「(笑)」

しまるこ「すげーな!! なんでわかんだよ!!」

友達「何回読んだと思ってんだよ」

しまるこ「いや、だってさ、『学校いってきます』といって『飛行機に気をつけるだぞ』って送りだされる家ってなに?(笑) どんな家の会話だよって思って、クソ笑ったわ(笑)」

友達「面白いね」

友達「俺は、あそこが面白かったわ」

友達「ピッコロと神様が合体した後、悟空が『神コロさま』って言ったところ」

しまるこ「あー、あれはやばいね」

しまるこ「あれは狙ったのかな? 天然かな? 本気のギャグのつもりで書いたのか、軽いユーモアなのか」

友達「いやいや、舐めちゃダメでしょ〜〜。もともとはギャグ漫画家だぜ? それは舐めすぎだよ」

しまるこ「それにしてはさり気なさすぎるような」

友達「あの悟空の後ろ姿は、すべてわかっているようにしか見えないけどなぁ」

友達「あとはスーパーベジータのくだりかな?」

しまるこ「ベジータがすぐ調子のるところは面白すぎるね」

しまるこ「強くなったらめっちゃ調子のって、すぐに相手にパワーアップされて、ボコボコにされんの面白すぎ(笑)」

しまるこ「『こんなはずではーーー!クソーー!クソーーーー!!って(笑)』」

しまるこ「お前それ何回やってんだよっていう(笑)」

友達「それがベジータみたいなもんだからなぁ(笑)」

1+

-Uncategorized

Copyright© しまるこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.