霊的修行 友達との電話シリーズ

会話とは、同じ霊格帯の人たちの悪口でしかない。

さいきん、大東流とかいう、変な合気柔術みたいな道場に通っているが、これがなかなか面白い。

例えば、いちばん基礎的な技で、合気上げというものがある。

これは、自分の両手を、相手に掴まれて、その掴んでいる相手の手を挙げるというものだけど、これがどうしてなかなか挙がらない。筋力の力でもって、無理矢理グッと持ち上げて何十センチか挙げることはできるけれども、力感をまったく伴わずに、相手の力に逆らわずに挙げられる方向は一つしかない。一つしかない通り道を見つけるのである。これができるようになるまで、2、3年かかるという。

合気上げに関らず、ほとんどすべての動作、先を取ったり、押すと倒れるといった箇所は、一つしかない。いつも、正しい理合、正しい出口は一つしかない。それはこうやって文章を書くときにも感じるものであり、アウトプットの出口は一つしかないのではないかと思うのである。いろんな出口を探したり、いろんな壁をコツコツ叩いてみたりするが、結局のところ、いつも一つの出口に頼るほかない。

道場では、俺が二番目に若く、ほとんどが40代50代で構成されていて、60代が一人いる。全体で14、5人くらいだ。もともと空手や柔道など、他の武道をやってきた人が、合気柔術とかよくわからない理合を取り入れて、自分の武道に活かそうと考えてやってくるケースが半数を占めるが、なんら武道経験のない人、一介の主婦だったり、システムエンジニアだったり、自営業の鳶職、今話題のダイハツとトヨタの設計に関わっている人もいる。こんな古臭い趣味に今の人は興味を持たないのか、先生も宣伝しようと働きかけない人だから、新しい人は増えない。2年ぶりに入ってきた新参者が僕ティンというわけである。

毎週、日曜日の朝9時からやっている。バカである。上に挙げた通り、みんな、40代、50代、みんなちゃんと結婚しており、年頃の娘がいて、会社ではそれなりの役職を得ていて、人生でいちばんの繁忙期である。昔はこのような人たちのことを別の星の生き物だと思っていて、まさか一緒に汗を流す仲になるとは思わなかったが、人生とは分からないものである。人生の決算期にある彼らにとって、日曜日は孫の手より貴重なはずだ。彼らが週休二日か一日かわからないけれども、日曜日ほど貴重なものはないはずで、俺のように、ほとんど毎日が日曜日みたいな人間だったら構わないが、日曜日に加えて朝9時ときたら、そんなのは、会社での勤務日をもう一日増やしているように思える。まぁそんなふうに、貴重な日曜日を犠牲にして、熱心に武道を追求していると思ったら、追いかけているのは他人の影である。

9時から10時は空手。10分休憩を挟み、10時10分から11時10分までは居合。また10分休憩を挟んで、11時20分から12時20分までは木刀による剣術。また10分休憩を挟み、12時30分から13時30分まで大東流合気柔術の時間になる。

9時から10時             空手

休憩

10時10分から11時10分        居合

休憩   

11時20分から12時20分       剣術

休憩

12時30分から13時30分      合気柔術

このように、一時間の稽古ごとに10分の休憩を挟み、4項目の稽古をすることになる。剣術をやるのは、柔術を理解するためには剣の理合を学ばなければ理解できないかららしい。そのために2万円の居合刀と6000円の木刀を買わされた。

まるで、学校のようにあてがわれた、可愛いらしい10分の休憩時間だが、これがあまり可愛くない時間なのである。この休憩時間になると、みんなゾロゾロと玄関に移動して、靴に履き替えて、道場の外に出ていき、外にある喫煙所に10人くらいが集まってタバコをふかしながら、悪口大会を開いている(武道をやる連中なのに、ほぼ全員タバコを吸っている、先生は吸わない)、10分の休憩時間、初めから終わりまで、ずっと悪口を言っている。悪口の対象は、その日に休んだ門下生だ(日曜日の朝9時ということもあって、必ず誰かしら欠席する)。

人は、悪口を言っているときがいちばん楽しそうである。稽古している時よりずっとイキイキしている。いい歳した大人でも、悪口を言っているときがいちばん楽しそうである。大人だからか。悪口の内容というのは、「この前の江石さんのみた? ここ、こんなふうになっちゃってさ、あれじゃあ斬れねえよなぁ(笑)」「木村さんは俺より二年も前からやってるのに全然だね」「本人は技で効かせてると思ってるけど、あの人のはウエイトに頼ってるだけだね」「高橋さん、岡田准一にジークンドー教えたことがあるってそればっか言ってるよね(笑)」「ジークンドーやってたかもしれないけどさぁ、何も武道やってない俺の方が、この武術に関してはわかってる気がするんだよねぇ」

こうして聞いていると、 いかに自分の方が秀でているかを交わしているように思う。しかし、よくよく観察してみると、そこには積極性と消極性が入り混じっている。というのも、2年なら2年、3年なら3年、その年数に応じた恥ずかしくない技量がちゃんと自分に備わっているかを気にしているように見える。皆さんにも覚えがあるだろうが、仕事が何年目だったら、これくらいができて当たり前、これくらいの技量を持ち合わせていなければならないといった、会社や組織のお約束ごと、会社でも後から入ってきた後輩に追い抜かれることは耐えがたいものであり、これが習い事でも同じような習性として働くらしい。他者を気にして、全体の中で自分はどれくらいなのか、長ければ長いほど、今度はそれに応じた技量を求められるものであり、あの人は何年やってるのにまだあれができない。あれがわからない。俺の方がうまい……、といった電波が、彼らが口に出さなくとも、休憩中だろうが稽古中だろうが、なんなら道場に入ってきて挨拶を交わす瞬間から、飛び交っている。

これは積極的なのか消極的なのかわからないけれども、趣味だったり、習い事だったり、自分から進んでやっていることですら、時間とその見返りが一致しているかということに最大の焦点が置かれている気がした。まるで中高生の部活動だ。ある一定の組織に、一定数の人間が集められると、競わずにはいられなくなる。仕事で同僚と競い合って、家で近所のお父さんと比べ合って、道場でもやっている。

基本的に俺は会話に参加せず、「私は敵じゃないですよ」と、天使のような顔をしながら、置物のように座っているだけだけれども、喫煙所のすぐ横に停めてある俺のバイクが、会話中に嫌でも視界に入るせいか、「そのバイクは何cc?」だとか、「125ccだと自動車専用道路は走れるの?」とか、俺と俺のバイクさえなかったら、発生しないで済んだ質問をされるのではあるが、たまに悪口を振られることもある。悪口を振られ、一度、「ああ、でも、○○さんの〇〇って、すごいですよね」と反射的に返してしまったら、嫌な顔をされたから、それすらも言わない方がいいということがわかり、沈黙を徹底するようになった。

俺が気になるのは、どうして40や50になって、禿げてるのに、まだ他人と競い合って、その見栄や欲がなくならないのだろうということだ。日曜の朝9時にやってくるくらいだから向上心はあるのだけど、やや薄汚なく、完全なクリーンなエネルギーというわけにはいかない。一つわかることは、人間は諦めが悪いということだ。もういい中年で、禿げて、肌も浅黒く、口の中も銀歯だらけで、それでも見栄というものはなくならないらしい。およそこの喫煙所の前に女子高生の集団が通りかかっても(日曜の朝9時に通りかかるわけがないけどね)、誰もこの人たちを見向きしない。この人たちの誰かが、Aさんより早く動いて先を取ろうが、Bさんを触れずに気合いだけで道場の端から端まで吹っ飛ばそうが、女子高生たちはインスタで韓流アイドルの映像を見るだけである。というか、朝の9時だから寝てる。

人は自分の悪口を言われていることに気づくものである。皆さんの知っての通り、悪口を言う人間は悪口を言われるという絶対の法則がある。不思議と、こうしたことは、裏で示し合わせたかのように、電波に乗って無事に届くかのように、悪口を言われた人は、先週自分が休んでいる間、たくさん悪口を言われたのだろうという顔をしながら出席してくる。悪口を言った人も、証拠はあるまい、という顔をしている。悪口を言われた人も、証拠、その証拠がいらない、自分の前で悪口を言わなければそれでいいといったような、はたから見ていると、明け透けに見えるというか、もう隠す必要あるのかな?というか、いっそ開き直ってしまっても問題ないというか、目の前で悪口を言っても同じというか、それでもみんな、細心の注意を払っている。本当に、日曜日の朝9時にきて、何をしているんだろうと思う。

やっぱり期待からきているのか。自分の人生に対する期待。奴隷の鎖自慢と言ったら言葉は悪いが、 環境がそうさせている気がする。彼らの意思ではない、彼らはただ環境に反応しているだけだ。絶対しかない世界から、地上という相対的な世界に降りてきて、ここには相対性しかないから、比べずにはいられなくなるのか。俺は道場というものは禅堂のようなものだと思っていたから、この狂態には驚いた。少しニケけた顔をしただけで警策で叩かれると思っていた。入門して、帯をもらい受けたら、心にも、”口にも”、帯を締めるものだと思っていたが、それはずいぶん古い考えらしい。

俺もほぼニート生活をしていて、社会と絶交してから早5年が経ち、どらどら、社会さんも少しは変わったかな?と思って、どんなものかと久しぶりに覗いてみたら、まだ汚れていた(^^;)  人が集まるところはいつも悪い電波が漂っている。古めかしい武術道場ですらこれだ。俺が前に勤めていたデイサービスや病院もダメだった。学校もダメ。インターネットはもっと酷い。この分だと、寺もダメだろう。教会もダメ。幸福の科学もダメ。インドのアシュラムもダメ。一体どこに安息の地はあるだろう? だからブッダは言ったのだろう。ブッダは、もし自分と同等か、それ以上の人間に出会うことに恵まれなければ、ただサイのツノのように一人で己の道を進めと言った。彼らとは決して関わらないようにと念を押して言っている。俺は社会に何一つ期待していないからいいけど、社会の中で生きなければならない人はかわいそうだ。

仕事をして金をもらえればいいわけじゃない。道場に行って強くなればいいわけじゃない。人と会って悪口を言わなければいいのだ。95%の人間はタマスで、4.9%の人間はラジャスで、0.1%の人間がサットヴァと聖者パパジが言っていたが。まぁ、確率で言うなら、仕方ないわな。

彼らが悪口大会を開いている間、俺はずっとこんなことを考えている。悪口を言わない人として認識してもらえているが、ご覧の通り、立派にこうやって悪口を書いている。俺が彼らの考えていることがわかり、彼らが俺の考えていることがわからないという利点に恵まれていなかったら、世にも悪いシャレになっていただろう。そして俺は、いつも懇切丁寧に技を教えてくれる先輩たちに対して、どうしてこんなことを書いているんだろう。やっぱりアウトプットの出口は一つしかないからか。いつもその出口を、剣と柔術によって教えてくれているのは彼らではあるのだが。

このことを友達に話してみた。すると、

友達「悪口言うのはいいけどさぁ、俺は別にそれはいいと思うんだけど、つまんないことが怖い」

しまるこ「怖いね(笑)」

友達「怖いよ。なんで、30年も40年も生きてきて、そんなにつまんねーんだよってマジで言いたい。本当に、怒りすら感じるわ。本当に面白い奴がいない」

しまるこ「ふむ」

友達「 バラエティー番組とかでもさぁ、一流の経営者が出るとさぁ、やっぱ笑いの事とかわかってるんだよね。二流三流の人たちってやっぱりそういうとこに出て行っても、コメント間違えるし、言わなくていいこと言っちゃったりして。一流の人っていうのはさぁ、面白いコメントとかできなくても、わかるんだよね。どの分野でも、スポーツでも何でもいいけど、一流の人は、そこは底流のところで繋がっていて、どの分野でも、人生に対する観察度は共通して養われるんだね。だから俺が言ってんのはそういうことかもしんない。ほんとにつまんなくて。せめて職場でそういう人が一人でもいてくれればいいんだけど。仕事がつまんないのもあるけど、一緒にいる奴らがつまらなすぎて。別にさぁ、なんかコントをしたりだとか、面白いことを言えなくていいんだけど、ただ、面白いセンサーみたいなものを持っている人間がもう少しいてくれていい気がする。なんでこんなに少ないのかなと思う、マジで少なくね? 生きてきて、5人くらいしか見たことないもん。これってさぁ、もう小学校の時にはもう決まってるよね。たぶん。そういう奴らと一緒に仕事していれば、そんなに苦じゃない気がする。俺はハンデを背負っているような気がする。逆に言えば、つまんない奴らはつまんない奴ら同士で、みんな同じようなものを持った奴らが集まっているわけだから、こういう感情を持たなくていいわけだからね。俺の似てる奴らで集まりたいと思っている願望が、あいつらの方ではいつも実現されてる。いつもね。ずるいわ。それでも俺は、同じ環境で競わなければならないんだから」

しまるこ「学校が平均的な人間を作ろうとする場だからね。職場は平均的な人間の実践の場だ」

友達「まあね」

しまるこ「ショーペンハウエルも全く同じことを言っていたよ。 孤独は天才の宿命だと。しかし、人生の醍醐味は、この精妙な部分の面白みと言うものは、天才的な優れた素質を持つ人間でしかわからないとも言ってたけどね」

友達「別に俺は天才だとは思っていないんだけどね。ただもう少し面白い奴がいてもいいような気がするってだけで。ほんとにつまらなすぎるもん。なんで普通に、こんなに生きてきてさぁ、そんなにつまんなくなるのって思うんだけど」

しまるこ「その、つまらない話の例とかある?」

友達「わかんない。マジでつまらな過ぎて、本当になんで笑ってるのかわかんない」

しまるこ「 でも全く同じだわ。俺も最近ボクシングジムだとか大東流の道場とか行ってるけれども、マジでつまんねーわ。普通さぁ、武道だとか、格闘だとか、そういった目に見えない微細な部分を追おうとしている連中がさぁ、あんなにつまんないってどういうことって思う。会話になると、一般人と何ら変わらないところで面白がってるもん。演技しているのか思いきや、いちばん平均値を取るように、最大公約数的なところで、みんなで合わせに行っているのかと思いきや、ダイレクトに、みんなでもらい火しているもん。ちゃんと観察して確かめたけど、やっぱり素の部分でつまんねーわ(笑)」

友達「でしょ? つまんないよね。やっぱりこれは後天的なものじゃないよね。先天的なものだね。やっぱりつまんない奴は最初からつまんねーわ」

しまるこ「やっぱ悪口になっちまうね」

友達「ん?」

しまるこ「普通にしゃべってるつもりでも、悪口になる。これだけ霊性修行と徳育に身と時間を捧げている俺ですら、お前と一緒にいる時は、こんなに悪口だらけになってしまう。このことから、意志とか習慣ではない問題だとわかるね。同じレベルの人間が二人以上揃うと、悪口になるんだわね。会話=悪口なんだわ」

友達「ふーん」

しまるこ「自分よりレベルの低い人間か、自分よりレベルが高い人間と話してても、悪口は出てこないから。だからやっぱり俺は、悪口というのは、霊性と道徳に欠けているためというよりも、同じ霊格の人間であると必然的に発生する、同連体系の科学反応によって必然的に起こるだけのような気がする。ブッダとブッダが出会えば、その会話は悪口になるかもしれない。だから、お前の職場といい、俺の道場といい、同じ霊格帯である彼らの集積場にとって、沈黙するという事だけができない」

しまるこ「だから、そもそもが会話というのは、悪口でしかないんだよ。口を開くこと、沈黙を破ることは、すなわち悪なんだよ、会話っていうのは、悪口でしかない気がする。悪口でない会話なんて、一つでもあっただろうか」

友達「うーん」

しまるこ「アウトプットの出口は一つしかないから、彼らが出会ったら最後。彼らの会話とその出口は予め決まっている。合気術に関してはさっぱりわからないけど、そこだけはわかるよ」

友達「じゃあ直んないじゃん」

しまるこ「うーん」

友達「何かものを言ったりすることは、反対や別の角度から見れば、それ以外の理論は間違っているってことを示唆することでもあるからね」

しまるこ「そうかもしれないけど、今俺が言っていることはそういうことではない」

友達「ふーん、まぁよくわかんないけど、わかる気もするけど、そう言われるとイラッとくるわ」

しまるこ「でしょ?」

しまるこ「だから、やっぱり、口を閉じてろってことかね」

© 2024 しまるこブログ Powered by AFFINGER5