月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

心が壊れた後の生活費の予定

家賃 30000円

室内における環境は不満なく。外における環境はというと、もうそろそろ、スーパーもコンビニもドトールも銭湯も必要なくなってきたな、というところまではきているのだが。コンビニはいらない。銭湯もなければないでいい。ドトールは、少し寂しいかな。なくても別にいい。スーパーは、納豆を買っているために、まだ必要かもしれない。

また、やはりドトールで少し気晴らしをしたくなることもあり、人里の中で、こうやって人間たちの様子を視察しているのも、気分転換になるので、 未だもうしばらくはこのマンションに住んでいてもいいかなと思っている。

こういった家が好きで、広い土地にこんな家を建てて、外にこういうピッチング網をおいて、そこで投げ込み練習をしたり、サンドバックを置いたり、あとクロスバイクとGB350、という生活を夢見ていたところがあったが、今は別にここでもいいかなと思っている。

家賃一万円程度で、いいところがあれば、

食費 5000円

一日一食、玄米一合と納豆3パックを食べていると、だいたい毎月5000円くらいになる。納豆を一度に3パック使ってしまっているので、まぁ、冷蔵庫がないから、夏場だし、全部食ってしまおうという意図もあるが(納豆は腐らせても平気だと思うが)。特に今のところは、無理して生玄米にしようとは思っていない。

暴飲暴食の日々が続いていたにもかかわらず、想念が浮かばなくなるという心境を見出したので、そんなに食べ物は関係ないような気がしてきた。しかし、やはり肉やジャンクフードを食べると心の動きは激しくなってくるのは以前の経験から知っているので、今後もそういったものは食べないし、それらを食べたいという気持ちはなくなってきた。

以前は、炊いた玄米と納豆を食べていても、たまに鯖の缶詰などを入れたりしていたけど、そういった欲求がまったくない。肉体に餌をやる感じ。ほどほどでいい。しかし無理は面倒くさい。だから生玄米はやらない。

生玄米にすると、それなりの覚悟や苦労が出てきてしまうため、そのために心の動きが発生して、心労負担がかえって悪い結果に働いてしまうために、今のところは炊いた玄米にしようと思っている。心境が進んで、さらに心が透明になって、欲求が気にならなくなってきたら、生玄米にしようと思っている。

しかし、以前は玄米を一合〜一合半食べていたけど、今は一合でも完食するのが苦しくなる。心の動きが少ないと、やはり腹が空きにくくなる。それは無理に減らすというよりも、こんなにたくさん食べたくないと思うから減らすのである。部屋でうんうんと雑念妄念に絡め取られていたときは、これくらいの量を食べてしまうこともあった。よくこんなにたくさん食べられたなと思う

現在は、マックのポテトだったり、肉だったり、カラムーチョ、ソフトクリームも全く食べたくない。カラムーチョなんて考えただけでゾッとする。どうしてあんな低俗で下品なものを食べていたのかと思う。

電気 500円

基本的にいつも電気代は毎月200円くらいで、おそらくシーリングライト代が95%ぐらいだろうから、もう夜になったら電気を消したままでもいいと思っている。最近はパソコンに触れず、静かに椅子に座っているだけの時間が多いので、ご飯を食べたら、夜は電気をつけなくていいかもしれない。となると、スマホやパソコンの充電代以外はかからなくなる。しかし玄米を炊いて食べる場合は、IHを使うので、それが少しだけ電気代がかかるが。正直200が20円になろうが、20円が0円になろうが、気にはならない。

と思って、楽天でんきの請求書を見直してみたら、毎月600円〜700円かかっていた。光のモデムを導入してからだから、楽天ひかりのせいだと思う。いつも電気代は200円くらいだろうと思って、半年くらい請求書を見ていなかったから、気づかなかった。

通信費 

現在は楽天モバイルと楽天光を使っているか、楽天光の無料期間が切れたら楽天光解約してしまおうかと思っている、ほとんどYouTubeも見ることがなくなってブログやネットすら全くやらなくなったため、楽天モバイルの利用だけで足りる。

しかし、楽天光を使う場合、楽天モバイルの通信量もほとんど一議員バイト未満に足りてしまうため、楽天モバイルは一GB未満はゼロ円になるものだったが、これからは毎月800円くらいかかるようになってしまったため解約してしまってもいいかなと思っている。

楽天モバイルのみの運用

楽天ひかりプラス楽天モバイル

現在はまったくYouTubeを見なくなった。というよりネットをほとんどやらなくなった。見る人のブログだけ見て、さっと閉じてしまう。一日にだいたい4時間くらいはYouTubeを見ていたので、 すっかり4時間が増えた。 ネットをほとんどやらなくなって分かった事は気分が疲れなくなるということである。案外、楽しんでいたつもりでストレスを受けていたのだと思う。 まぁ俺はいつも楽しんでいたというより、終わらせるために見ていたのだけどね。

どうも俺は読者さん達から、コメント返信などにおいて、「貴重なお時間を申し訳ありません」「お時間を」「お時間を奪ってしまってすいません」「お時間を」「時間を」と、言われるけれども、俺は難しい分析などをして忙しいように思われているようだが、一日に4時間YouTubeを見ていたのだ。

この状態なら結婚もできるんじゃないかと思った。というのも、保険やなんとかの手続きの書類だとか子供の学校の入学手続きの書類だとか、銀行とか、そういった書類の手続きが、結婚しているとたくさん出てくるだろうが、この4時間を、その書類等を処理する時間に変えることができる。どんな書類といえども4時間もかかるものではないだろうし、しかも今は気がそれないので、あっという間に片付けられてしまうだろう。現在俺は、特に、趣味とか楽しみとか、そういった時間を持っていないので、家庭内の雑務を処理する時間に回せられると思うのだ。わりと結婚している男というのも、ダラダラと過ごして、スマホ依存になっていて、すぐにとりかかれないのが多い。「うーん、今からやるよ」と言って、怠気の強い態度でいることが多い。

娯楽費 0円

MGSのエロ動画を見なくなったので、ほとんどエロ動画を買う必要がなくなる。ティッシュもこの時以外はまったく使わないため、この先ティッシュというものがいらなくなるかもしれない。基本的に机を拭いたりする時は布巾を使っているので、それ以外にティッシュを使うということは、俺は全くない。

ドトール代 6000円

基本的に作業するときは、家でできなかったけど、今は家でも作業できるようになってしまった。一種の気分転換でドトールへ行くことがあるが、一日に二度も三度も行くようなことはなくなった。

やっぱり、いつも怪しい目で見られているから(働き盛りの年の男が、一日に二度も三度もきたら)、もう行かなくてもいいかなと思っている。しかし肥田先生は、学生時代の柔道着をずっと着ていたというし、邸宅内の廊下に、家族が来ている服の糸クズを見つけたら、拾い集めて、縫い合わせて同じ服を着続けたというから、一日にコーヒー代240円かけるなんてことは、正気とは思えないだろう。まぁ、この辺りは検討してみる。

本代 0円

以前は何かと知識を得なければならないと思っていて、それなりに色んな本を買い集めたり、Kindle Unlimitedで古典の名著を読み漁っていたが、特にそれらも読まなくていい気分になった。バガヴァッドギーターを繰り返し読み返すぐらいでいいだろう。そんなに本を沢山読まなくてもいいと思うようになった。必要なときは、必要なタイミングで、知らなければならない知識だけを得ればいい。

元々あまり物欲はない方ではあったが、やはり最新家電だけは気になってしまうものであり、新しいMacBook ProやiPad Proに関しては気になっていて、毎日、新しい製品ニュースが来ないかチェックしていたけど、それも気にならなくなった。たぶん新しいのが出ても買い替えないだろう。必要を感じなければ、今のマシンを使い続けていこうと思っている。

物欲でいえば、クロスバイクが欲しいと思っていたが。ジャイアントの65000円のクロスバイクを買って、海岸どおりを走ってみたいと思っていた。しかし、俺は自転車に買ったところでどこに行くわけもないし、せいぜい月に4回の銭湯に行く以外は乗り物を要する必要はなかったので。ただ単純に、海岸沿いを走ってみたいなという気持ちがあったが、今は全くそういう気持ちがなくなった。

万年筆インク、紙代 0円

まぁ、これらは大した金にはならないんだけれども、現在は直感的な叡智が以前より優れて、一撃で音声入力で記事を書けるようになったので、ペンや紙はあまり必要ないかもしれないと考える。以前のように、紙に書いたものを、いちいちパソコンの方に移すとなると二度手間で、作業意欲を損なうものになる。

もちろんその後、パソコンである程度、文章を整える必要があるが、以前より内容が鋭くなり、直感的な叡智が働くようになったので、内容の良さを主にお届けすることとして、表面上の、読みやすく体裁を整えたり、修辞句などを探して、丁寧に仕上げるよりは、雑にあげてしまおうと思っている。多少読みにくくなるが、内容の良さでカバーできるだろう。よって、ほとんどインク代と紙代もかからなくなる。

風呂代 0円

夏ということもあり、1週間に1回の頻度で先頭で風呂に入っているが、その必要もなくなると考えている(一回450円)というのも、やはり俺はそれなりに銭湯が好きで、つい風呂に浸かっていると長湯してしまって、頭がボーッとしてしまうため、肥田先生も長湯で頭をボーっとさせるのは良くないと言っているし、サウナだったり、交代浴で体にそう言った方面の健康法はあるけれども、あまり一気に汗を流すということは、栄養素、カリウムなどが一気に放出して良くないとは甲田先生は言っているし、どうも銭湯で長湯したあとは、身体が重くて疲れてしまう。

だから、本当に一番いいのは、水風呂や水シャワーだけで済ますのが良いのではあるが、さすがに冬場の朝というものは厳しいかもしれない。特に俺の場合は仕事をしていないので、昼のあったかい時間とかに、普通に水道の水を使って頭を洗ったり顔洗ったりすることができるので、それについて特に何も思わなければ、それができるんじゃないかと思っている。

マッチングアプリ 0円

マッチングアプリに関しては特にやる必要もないと思っている。出会っても、物質的な満足や不満について女の子は語っているだけで、俺はそれに対して心を動かさずに微笑みながらうなづいている俺がいるだけで、お互いにとって前進になることがないと思うからである。

以前は肉体関係を目的としていたが、メッセージの応酬や数回のデートを重ねて、彼女たちと関係を築いてまで肉体関係をもとうとは思わないし、そんなことに時間を使いたくはない。 少なくとも、このブログを読んで、この記事の意味がわかる女性でないと難しいだろう。彼女たちと結婚する意志も俺にはないため、このまま静かにしていようと思う。といっても、もう一年くらいやってないけど(笑)

さまざまな欲求から解放され、ちゃんと理性的な目で彼女たちを見れるようになってわかったことだが、ドトールの女性店員や女性客たちを見ていると、明らかに俺と彼女たちは魂のステージが違うために、決して繋がり合うことはないということがわかった。これまで何度も人為的な努力をして、彼女たちと繋がろうと思ったけれど、やはり魂のステージが違うために、どうしても繋がれないらしい。

これまでは、俺が彼女たちに肉体的欲求を持っていたから、繋がれる、繋がれないという前提を無視して、繋がりたいという気持ちでその決定事項を曇らせてしまっていたが、今は目の前の霧が晴れて、彼女たちとは決して繋がれないことがわかったので、彼女たちに対して心を動かす必要はないと思っている。それは彼女たちの方でもわかることで、彼女たちはもともと俺に対して性欲を持っていなかったから、もうずっと前から俺に対してそういった答えを出していたということもわかった。

水道 1800円

ガソリン 2000円

計 約45000円

毎月45000円で生きれたら申し分ないが、ほとんどがやはり家賃だ。家賃を一万円のところに行けば、毎月一万5千円くらいの出費で生きていけることになるが、まだそれはわからない。とりあえず、この一ヶ月は、この予定で過ごしてみようと思う。

-月に60000円で生きる上級ミニマリストの節約術

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5