恋愛

女の子の毒ガスがモウモウ

そんなに私が毒ガスモウモウしていてはダメ? どうしたって、生きていたら、イヤなこと、つらいこと、いっぱいあって、その中で、折れたりしてはダメ? ずっと強くないといけない? カフカが恋人に送ったラブレターに、「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」って書いてあるんだよ。

ゲーテだって、40代の頃の肖像画、中間管理職のサラリーマンのような、どうしようもない板挟みにあっているような顔をしている。ニーチェだって、友人の奥さんから、「ニーチェは初めて会った頃から病人でした」と言われている。カフカやゲーテやニーチェですらそうなのに。みんな病人じゃないの。この世は精神病等じゃない。その中で、どうして私だけが健康人でなくてはいけないの? 

少しくらい、弱音を吐いたっていいじゃない。確かに弱音は気分を害させる。消極的な発言は人の運気まで下げてしまうかもしれない。みんな、それを、それでも、自分の胸の中にしまってがんばっている。

この世界は、ただ普通に生きていることさえ、死ぬほど骨を折らなくてはならなくて。

だけど、その中で、ただ一人、大切な一人に、心のすべてを打ち明けて、一緒に泣いたっていいじゃない。それもいけないの? 恋愛したって、一緒に忍耐ゲームを続けないといけないなら、出会い系の女の子がああやって男を試すように、自分から疑問系のメッセージを返さず、ただ相手に任せているのは、ただ一人、この人だけには自分の全てを預けてもいいのか、石橋をとんとん叩くように、この船は安全に岸まで辿り着けるのか、確かめているだけ。男はこちらがラブドールみたいな空気を出している限りは愛してくれるけど、ちょっと女臭い、じめじめした、毒ガスを出すと、逃げていく。

アル中は、そこまでは酔っていない。おしっこを漏らしたり、カフカのように床に横たわっているのは、自分のいちばん最低な姿を見てもらいたいだけ。これを、一人の内だけに留めておけない日がどうしてもきてしまうから。救ってほしいわけではない。助けてほしいわけではない。たった一人の人の前だけでは、完全に赤ちゃんになってしまいたいのだ。こうして、ここまで化粧して、がんばってきて、いつまでもその姿に縛られていなければいけないの? その姿じゃないと好きになってもらえないの? 私はいつ解放されるんだろう。本当に繊細で弱いんだから! 女以上に女々しい。男がすぐに私たちに幻滅するから、弱いふりをしてやっているのに。だから私たちが強くなれないんじゃないの。

孔子は40にして惑わず、と言ってるけど、孔子ですら40なんだよ? 私に孔子になれって言ってる? 孔子になったとしても、40まではこのままってことだよ? 40まで待ってくれるの? 好きなら40まで待ちなさいよ。ただ、私が綺麗な格好をして、綺麗な笑顔をして、あなたも笑って、それが恋だとしたら、それは果たしてなんなのかしら、社交パーティ? そんな中で、こんなふうに、本当の自分が、少しでも知られたら、もう好きになってもらえないという不安の中で生きていて、その中で男を試してはいけない? だって、皆、都合のいい私の姿しか見ていないじゃない。私はずっとこの役を演じ続けなければいけないの? 結婚しても? たまには疲れて休憩してはいけない? 一分でも、一秒でも、神経を緊張状態にしておかなければいけないの?

石橋を叩くように渡ってきて、そんなに丈夫な橋じゃないから、壊れてしまう。人間ってそういうものでしょう。だとしたら、女は一体どこで自由になるというのだろう?

「君を守るよ」

守る? これは一体何を何に対して言ってるの?

誰を? 何に?

守る?

この令和の時代に、いったい誰がなんの危害を私に加えるって言うの? 米兵? 路地裏の黒マント来た人? キングダムハーツ。XIII機関。違うでしょ! 守るっていうのは、本当のありのままの私の姿を守るんでしょう! 夜道なんて、歩かなきゃいいだけなんだし。

-恋愛

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5