出会い系「90人と出会って20人ほどやった体験談」 恋愛 ドトール観察記

女は出会い系をやるとき、同級生の男に連れ出してほしいと思っている

出会い系をやっていると思うことだが、彼女たちはどうやら、同じクラスの男子に連れ出してほしいと思っているようなのである。

働いている女性も一緒で、会社の男が連れ出しにきてくれるのを期待している。

彼女たちと会っているとき、彼女たちは、ふと学校や職場の男のことを思い浮かべていることがわかる。「このままだと、本当に私、この人と付き合っちゃうかもしれないよ?」と、後ろ髪を引かれるように、学校や会社の男に助けを求めていることがわかる。

べつにサッカー部のキャプテンでもない。生徒会長でもない、普通の、アジダスのスニーカーを履いた、学ランの下にパーカーを着ている、普通の男の子だ。

女慣れしていない、でもそこそこ美形の、地味で、整えたらまあまあかっこよくなりそうな、地味だけどちんこはまあまあでかい、ロリとかレイプとか、あんまりハードすぎるAVは見ていてもらいたくないが、普通のAVを見ている、そんな男に助けに来てもらいたいと考えているようなのである。

まるで両親に勝手にお見合いをさせられているように、クッパに攫われたピーチ姫がマリオが助けにくるのを待っているように、ドラマの結婚式で「ちょっと待った!」と割り込んでくるシーンのように、このデート中に、息を切らして学校や会社の男が駆けつけてくることを期待している。

自分勝手だということはわかってる。アプリに登録したのは自分だ。自分で登録しておいてこんな被害者意識を持つことは間違っている。これは目の前の人に対しても失礼だ、と彼女自身もよくわかっている。

しかし、彼女らに限らず、みんな、なるべくなら、同じ学校、同じ職場、同じテリトリー内で恋愛関係になることが当然だと思っていて、同じ輪の人間が外部の異性と付き合ったという話を耳にすると、「それはルール違反じゃないか?」と警笛を鳴らすような顔をする。

出会い系の男は、奥のソファに座らせてくれるし、水が少なくなっていると、注いできてくれる。食べ方も綺麗だ。会話の神経も行き届いている。

しかし隙がない。なんだこの男は? 出会い系ロボットなんじゃないか? 確かに、わたしは同級生の男にこういう男になってほしかったはずだが、あまりにも完成されすぎている。

(ぜ、ぜんぜん学校感がない……)

砂場で泥に塗れて遊んでいる男の子の中に、ねぇねぇ、あたしもいれてよー! というような雰囲気がなくなってしまっているのだ。

ただ男性と女性がある。校庭の隅やグラウンドの土埃の匂い、渡り廊下にかかるオレンジ色の日差しが消えてしまっている。

何かが、あまりにも早く流れていく。沖まで流されてしまいそうになる。気づいたらホテルに連れ込まれて股を開き、老後を築いていそうになる。

やっぱり引き返して、同級生の男に期待しようか? うーん、でもやっぱり、あいつらは、お母さんに生返事するように、「うん」とか「ああ」しか言わない。わたしから距離を縮めて告白したら、あいつらのためにはならないだろう。余計につけあがるだけだろう。うーん。彼らが今、デートに割り込んできて、連れ出してくれたら、わたしも本気を出せそうなのに。それでも、付き合うかどうかはわからないが。

うーん、でも考えてみれば、この出会い系の人も、同じ学校にならなかっただけで、この人も、別の場所でオギャーって生まれて、別の学校で授業を受けてきたわけなんだから、結局同じなんだよね? ちょっとした畑の違いのような気もするけど。人参とじゃがいもみたいな。この出会い系の人にも、同級生の女の子がいたんだもんね。

べつに、わたしは、同級生の男が好きというわけでもない。なんとなく、あいつらの存在が気になるだけで。でも、こうやって出会い系の男とデートすることは、あいつらに対する一種の裏切りのようにも思える。

なぜ?

べつに、好きというわけでもない。もし、あいつらがデートをぶち壊しにきても、付き合うかどうかは別だ。

別に好きというわけではないから、ぶち壊してにきても付き合うかはわからないけど、でも、どこかでぶち壊しにきてほしいと思っている。これはなぜだろう? でも、本当に、ぶち壊されたらぶち壊されたで、困ってしまう。

店にも出会い系の人にもすごい迷惑がかるし、「なんですか? この茶番は。そういうことなら初めに言ってほしかったです」といって、席を立たれていくだろう。そのとき、その姿を見送るわたしは、一体どんな顔をすればいいというのだろう? 彼への申し訳無さから、彼と付き合わなければいけない気分になってくる。

とほほ、女心はなかなか複雑である。(-∧-;)トホホ…

ふう。ε- (´ー`*) フゥ

あー、めんどくせー。やっぱ出会い系の男でいっかぁ?

なむー( -人- )

出会い系から帰ってきて、次の日学校で同級生に会うと、「あ、戻ってきたんだな」と、異世界から戻ってきたようにホッとする。しかし、誰もこの冒険に気づいてくれないのは悲しい。

女は、基本的に、外部の男とデートしたという事実を、学校や職場の男に知られたいと思っている。

さすがに、自分でマッチングアプリに登録して男と会ったという事実は知られたくないが、友達に紹介されてしかたなく会ったという体なら、「しかたなく」であれば、フライデーのように広められたいと思っている。

そして、それを知ったときの男たちの反応を、見逃さないようにチェックしている。(え? 今なんていった?)(外部の男?)(え?)というような、彼らの、暗く沈むトーンや、胸の中に走る切ない一抹の感情を、見逃さないようにチェックして、その悲しみを一緒に体感しようとする。

甘酸っぱくて濃い、胸がギュっと締め付けられるような、熱く焦がれる想い。彼らの胸の中に走るその、歯を食いしばってちんこを握りしめて寝るような、見ているだけで泣きたくなってしまいそうになるその感情を、女は、抱きしめるように、共有したいのである。例えば自分が処女を失ったことを同級生の男が知って、泣きそうになっていたら、一緒に泣きたいのである。

(もう取り替えしがつかなくなっちゃったね……)

コツーン、コツーン、と、新しく、果てしなく続いていく道を、自分と新しい男が手をつないで歩いていくのを、振られた男の立ち位置に立って、一緒に見送っている。

(連れ出しに来てくれなかったね)

なぜこの視点に立つことができるのか? それは、ボディビルダーの男が自分に発情するように、彼女たちもまた、自分の髪や肌や胸や柔らかな曲線、吐息、に発情することができるからである。

男が女のおっぱいを見て興奮するように、女も自分のおっぱいを見て興奮することができる。女性は女体に興奮するのだ。

よく女の子が、ふざけて仲間の女の胸を揉みしだいているが、あれは、痴漢する男と同じ心理からきている。

-出会い系「90人と出会って20人ほどやった体験談」, 恋愛, ドトール観察記

© 2022 ちんこ Powered by AFFINGER5