仕事

家での仕事が捗らない人は 、莉子ちゃんの勉強動画を見て、一緒にやろう!

投稿日:2021-05-06 更新日:

どうも部屋だと、集中できない。ドトールに行けば集中できるのだが、ドトールに一日中ずっといるわけにもいかないし、部屋に戻ったらあとはYouTubeを見て寝るだけ、では、もはや小生に未来はないだろう。

人間は、時間を無駄にして過ごしてしまうことがいちばん堪えるものである。どんな悩みも、時間さえ有効に使うことができれば、簡単に雲散霧消していく。

部屋の環境を変えてみたり、机の位置を変えてみたり、音楽をかけてみたり、色々試してはみるものの、どれもドトールのような効果は得られない。

紙とペンを使って下書きをするようになってからは、作業に手をつけることが億劫ではなくなって、それはもうとても捗るようにはなったのだが、まだ何か今一つ、足りないと思っていた。

カフェだと、誰かに見られているという状況が、仕事を捗らせるようだ。皆さんも仕事をするとき、サボらないで済むのは、職場でたくさんの人と行動を共にしているからだろう。

というわけで、誰かと繋がっている、あるいは誰かと一緒に作業をしている感じさえ得られれば、捗るのではないかと思った。

そこで、色んなYouTuberの作業動画を物色していたのだが、これがどうも気に食わないのである。動画のスタイルではなく、人間が気に入らないのである。

一緒に勉強したくなるような人間なんてそこらにいるはずもなく、そもそも人間というものは、初めて見る顔に対して嫌悪感を抱くものである。ただ初めてという理由なだけで、拒絶してしまうものだ。

そもそも小生にとって、書いたり撮ったりすることは、一番大事な部分であり、よくわからん他人と一緒にやりたくないのである。勉強動画を選ぶ上では、動画が見やすいとか編集が凝っているとか、そんなことよりも、その動画の主が気に入るかどうかということが、とても重要になる。

だから女の子にしようと思った。若くて可愛い女の子なら、一緒に勉強すれば捗るはず。男を選ぶはずがない。チンコ臭いだけだ。

しかし、そう思って探したけれども、そう簡単に良いモデルは見つからなかった。可愛い子はたくさんいるけど、なぜか受け付けない。やはりYouTuberだからか、みんなうるさいのだ。勉強動画だから、音自体は静かなものだけれども、存在がうるさい。

再生数、チャンネル登録者数、ゴリゴリの編集、売れっ子になってやろう、そんな欲の化身となってる女の顔と一緒に勉強したくないし、うるさい顔は嫌いである。チャンネル登録者48名の小生のことをバカにしている気がする。←w

「はーい、みなさんこんにちは!」「ブンブン!」「チャンネル登録よろしくお願いします」「ハローYouTube!」って言われてもねぇ〜。なんか、馴れ馴れしくて、一緒に勉強したくなくなるのである。大人しい普通の女の子が勉強している動画もあるけど、それはそれで元気がでないし、これは案外難しい問題だなぁと思った。

乃木坂の女の子にしようかと思ったけれども、乃木坂の子の勉強動画というものはない。SHOWROOMのライブチャットの映像はあるけれども、やはりトークの動画だから、声が邪魔になってしまう。どうでもいい内容じゃないのに、つい聞いてしまう。

これは苦労するかもなぁ、見つからないかもなぁ、なんて思っていたら、案外早く見つかった。検索の上位(上から2番目)にあったからである。

まず、名前がいい。莉子。ふむ。茄子(ナス)みたいな字面で可愛い。「莉子と一緒に勉強しよう」というタイトルがいい。ストレートというか、一周まわっても二周まわっても、このタイトルしかないだろう。

最初見た時はそんなに可愛くないかなぁ? と思っていたけど、見るたびにすごく可愛く思えてくるから不思議だった。不思議な愛嬌がある。そして落ち着く。たぬきっぽい。たぬきっぽいという意味では長浜ねるっぽいところはあるけれども、勉強が得意なアイドルと言うものはこういう顔になるのか。

YouTuberかと思ったら、Popteenの読者モデルらしい。妙に力が抜けてるなと思ったら、芸能仕事の傍らにやっているようだった。

本人も、仕事が忙しくて、勉強に集中しなければいけないのに、集中できなくて、限られた時間で強制的に自分を追い込むのは、こうやって勉強している動画をあげて、みんなに見てもらうのがいいと思ってやっているそうである。

若いのに(莉子ちゃんは18歳らしい)、マコなり社長と同じことをしている。マコなり社長も、自分を追い込むために、これからやるタスクを他人に伝えて、それを時間内にやり遂げなかったらメシを奢るなどするらしい。

可愛い、綺麗な子は山ほどいるし、医学部の女性の勉強動画などという、為になりそうな女性の勉強動画など山ほどあったけど、どれもピンとこなかったが、莉子ちゃんの顔はピンときた。こんなものはピンとくるかどうかである。

莉子ちゃんの勉強動画の特徴

莉子ちゃんの勉強動画の最大の特徴としては、ASMR動画というところだろう。

なぜ勉強動画でASMRをやろうと思ったのか? こんなことをやっているのは莉子ちゃんしかいない。ASMR動画は主に食事の咀嚼音や、寝る前のおやすみのメッセージなどのささやき声などで使われるものだ。勉強動画で使われるようなものじゃない。

しかしこれが心地いいのだ。ペンをガチャガチャさせたり、筆記する音、紙がこすれる音、ページがめくれる音、少しペンを置くだけでガチャン! と凄まじい音が鳴る、どうしたの莉子ちゃん? 怒ってるの? というぐらい凄い音が鳴る。まるで勉強のストレスでとち狂って、ペンをぶん投げているかのような音だ。

それだと却って物音が気になって集中できないんじゃないの? と思われるかもしれないけど、それがいいのだ。とても集中できてしまえるのだ。丁度良い雑音といえば、丁度良い雑音だけど、いや少しちょっとうるさいような気もするけど、だが、それがいい。

眠気が吹っ飛ぶくらい強烈な音なのでオススメである。ちょうど少し眠気が入ってきたときに、ガチャン! という音でハッとさせられる。そしてその音を立てているのが若い女の子だとすると、なんだこれ? なんだこの動画は? と思って、眠気が飛んでいく。莉子ちゃんは全く関せず、無表情というのが、またいい。

まぁ、ASMR自体が、撮る側は静かにやっているつもりでも、すごく音が響いてしまうのだ、これは撮影する側になってみないと分からない。莉子ちゃんがおてんばというわけではなく、ASMRというものがそういう仕様なのだ。動画の初めに、(皆さん、これから莉子と一緒に勉強しましょう⋯⋯! 今日は歴史の勉強しようと思います⋯⋯!)とすごく小さく囁く声で、これから勉強する人の妨げにならないように、気を遣ってとても小さな声で話すのだが、このガシャンガシャン! という音のせいで、その気遣いが全て台無しになっているのが良い。

小生も、玄米をペチャクチャ食べてるASMR動画をあげているけれども(ASMR動画じゃないんだけどねw)、あれも本当に、静かに気をつけておとなしく食べているんだけれども、視聴者からしたら、わざとこいつ音立ててんのか? きったねーなぁ、殺すぞってくらい下品でうるさい音だろう。しかし本当に静かに食べているのだ。

莉子ちゃんのこの仕様はとても人気があり、多くの視聴者たちが、このぶん投げてる音がたまらないと言って、莉子ちゃんの勉強動画を見にきている。莉子ちゃんの勉強動画は全部で3つあるのだが、この3つの動画を、みんなそれぞれ行き来しているらしい。小生も同じである。

その他の莉子ちゃんの勉強動画の特徴

・たまにこちらをニヤニヤしながら、子供らしいあどけない表情でこちらを見てくる。その仕草がとても子供ぽい。

・たまにマイクに向かって、(小さな声で)こちらをからかうように、(ワーワーワーワー)などとやったりする。

・カメラを3つくらい使って複数の視点で撮影している。これはかなり手がこんでいる。勉強動画なのになんでそんなことしてんのかしらんけど(視聴者は画面を見てちゃいけないからね)、普通は、勉強動画でわざわざカメラの視点切り替えをやろうとは思わないだろう。

・基本的なことかもしれないが、色んな服装をしたり、髪型を変えたり、丸いメガネをかけたりして、視覚的多様性に富んでいる。

・なぜか同じ動画が3つも4つも挙がっていたりする。

しかし莉子ちゃんは、アイドルだというのに異常なくらい勉強している。勉強しなくても未来は明るそうだが。他の動画でも勉強に対する集中の仕方だとか、取り組み方について熱心に語っていた。

明らかに勉強慣れしている。道具の配置や扱い方に手慣れ感が出ているのである。

ローテーブルに大きい教科書や参考書をガンガンたくさん広げて、豪快で気持ちがいい。分厚い教科書をたくさん並べて、付箋やマーカー、色分け、書き込み等が半端ではなく、勉強が習慣になってる人の道具の扱い方なのである。やはり女の子が分厚い参考書に付箋やマーカー色分けなんかをしているのはフェチがあるものだ。アイドルのショールーム動画のように、スタジオや事務所で撮っている動画ではなく、部屋での撮影というのがいい。

デジタル機器を一切使わない。まぁ勉強動画だから使わんかもしれんけど。パソコンをカチャカチャやってる作業動画だと、やはりこちらのやる気も失せる物である、やはりの机をカリカリしている動画の方が見ているほうも捗るものだ。

普段から勉強をしている様子が感じ取られて、そこに生活感が宿っているから、等身大のリアリティーがあって見ていられるのだろう。勉強慣れしていない人間が、この手の動画を撮っても分かるものである。そして、そういう人間が無理して急に勉強を始めたとしても、あまり見たくなるものではない。この手慣れ感がいいのである。

YouTubeというものは、大人が一生懸命作った動画よりも、こういった子供の動画の方が遥かに見られるものである。世界一のYouTuberも、中学生とかいったっけ。

自分よりも遥かに若い子が名声を得て、富を獲得する養分になることはわかっていても、大人も子供もみんな、若い子の動画を見る。それはやはり、彼らが時代の中心にいるからだろう。

+2

-仕事

Copyright© しまるこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.