yutuberやブロガーは好きなことで生きていくといって、全然好きなことやってない件について

ユーチューバーやブロガーは、謳い文句として、「好きな事をやって生きていく」と言っているが、実際のところどうだろうか。本当にそうだろうか? 好きなことをやって生きているように見えるか? 楽しそうに動画を撮っているように見えるだろうか? まぁ、見えなくもない。

 


だが、なんだかちょっと無理をして撮っているようにみえる。似たような内容ばかりだし、誰かの真似ばかりだし、これをどうしても伝えたいんだという想いも伝わってこない。企業の案件ばかりだったり、食ったりしているものばかりだ。

 


ブロガーも無理矢理記事をひねり出しているように見える。大体が文章の書き方とかブログの書き方とかノウハウとか自己啓発とかブログの書き方指南ばかりの記事を書いている。書くために努力していて、その努力を醸し出すことしかできなくなっている。ブログを書くことが目的になっていてブログの中の内容やメッセージ性は空虚だ。

 


私はこんな感じで楽しく生きています。私の楽しさ、生き方。ブログを通して学んだこと、ブログは素晴らしいことなど、そんなことをずっと繰り返し記事にしている。ほとんどのブロガーがそうだ。

 


それが本当にやりたかったことなのだろうか? ブログの素晴らしさや書き方を伝えることがやりたいことだったのだろうか? 書きたいものがあるから発信するんじゃなくて、ブロガーであり続けるための努力の内訳を書かれているものばかりだ、

 


やりたいことをやれているから好きなことをしているわけではなく、労働から解放されて、その喜びが好きなことをやれているという意味合いになっているだけのような気がする。

 


本当にやりたいことをやれているブロガーもYouTuberはほとんどいない。

 


やりたいことって何なんだろう? 消費においては、皆やりたいことはあるだろうが、生産行為においてはなかなかやりたいということはないんじゃないだろうか?

 


やりたいことや、発信したいことが山積みになっていて、それを消化できている人なんてユーチューバーやブロガーの中にはいないような気がする。

 


生産の面から、やりたいことというのは何を指すのか?

 


小説や漫画を見ていると、訴えたいテーマやメッセージ性などがあって、それを架空のキャラクターを通して一生懸命述べている。新書なんかもそうだ。何か伝えたいものがあって一生懸命書いている。

 


ブログの記事やYouTubeの動画は、それらに比べて訴えたいものが何も感じられない。

ただ食ったり遊んだり、ゲームをしたり、商品紹介や自己啓発セミナーみたいなことをしているだけだ。訴えたいものがなんにもないのに無理やり発信しようとしているようにみえる。無理やり発信しているから、上記のような結果となるんだろう。

 


そんなことをしていても、辛くなってくるんじゃないだろうか? YouTuberは心から発信したい内容がなにもないから、あれだけつまらない動画になり、いつも同じものになってしまうのだ。

 


ゲームの実況動画が好きなことをやって生きているうちに入るんだろうか? カードゲームのように頭を使ったり、戦略性が求められたり、ある程度ゲームのプレイに個性が求められてくると、少しは意味が出てくるだろうか?

 


その人の個性が実況動画に現れてくることはある。だが、基本的にはメッセージがなければただ遊んでいるだけだ。遊んでいるんだから楽しいかと思うと実はそうでもない。何のメッセージ性も訴えたいこともなく、配信をするということは実はつらいのではないかと想像する、

 


元々ゲーム実況は収入も高いし再生数を稼げるから収益性が高いビジネスモデルとなるらしい、たぶんそのためにやっている。

 


ただひとつ言えることは工場みたいにダラダラ仕事しているよりかは天国だろう。

 


手塚治虫夏目漱石が、死の直前が迫ってまでも頼むから書かせてくれ。続きを書かせてくれ。と、エネルギーを爆発させていたように、そういう状態とはほど遠いと思う。

 


何かを生産するということエネルギーも必要だし、自分はこれをやらなければならないんだという強い思い、神聖な気持ちが働かなければ本当の充実は得られない。

 


ゲームの実況動画を続けていくことは、実は辛いんじゃないか。

 


もっと自分にしかできないことをやりたい、本当にこれは生産的な行為なんだろうか、確かにお金は儲けてるけど本当にこれでいいのかと思わずにいられないのではないか。

 


その人にしかできない、その人の思いの丈を爆発させる、それが生産行為だと思っている。

 


思っていた。

 


だけど、伝えたいものも何もないけど、ただ目の前のできることを少しづつやっていく以外に人間に道はない。書きたいものややりたいものなんてなくても構わないのだ。

 


そんなことばかり考えていると何もできなくなる。

 


好きなことをやっていきていく、なんていって、自分の好きなことを一生懸命探したって見つかるもんじゃない。

 


ただ、なんとなくやってみようと思って、やれそうなことを無心でやるしかない。

 


動いていれば、何か源泉にたどり着くかもしれない。

 


好きなことややりたい事はなかなかできないのだから、目の前のやれることをやるしかない。

 


それがブロガーの指南記事で、ゲーム実況動画なんだろう。

 


人はいつも遠いところばかり眺めて、結局何もしないのだから、今、手がつけられそうな近い距離のことをやればいい。

 


魂が燃えるとか燃えないとか関係ない。

 


みんなくだらない内容の発信ばかりだけど、今、それができることならそれをやるしかない。

 


今はそう思っている。