【ひろゆき氏のコンビニバイト体験談から考える】サービス過剰主義をやめて、手抜きして仕事する世の中

f:id:simaruko:20180803001420j:plain

 

ひろゆき氏は、2chの管理人になる前、学生時代にコンビニでバイトしていたらしい。

 

深夜の時間を担当していて、客の出入りは少なかった。深夜は基本一人なので好き勝手やっていた。客が来ない間は、奥の控え室に座って漫画を読んでいて(客が見えないところで)、客がレジに来たら、控え室から出てきて応対をしていたらしい。

 

これについて、ひろゆき氏はこういっている。

 

客が店員に期待することは、コンビニ店員としての仕事をきっちりしてほしいということだけ。自分がレジに向かったら、受付の対応をちゃんとしてもらえればいい、別に元気よく挨拶してくれなくてもいい。常にレジの前で立ってくれていなくてもいい。役割を果たしてくれさえすれば、店員はどこで何をしてても構わない。

 
実際、店長には散々怒られたそうで、ひろゆき氏が辞めるときに「今までで一番最低なバイトだった」と言われたとのこと。




おそらく皆さんはこう思われるだろう。

 

「コンビニの仕事は受付だけでなく、商品棚の整理整頓や商品の搬入、レジの計算、冷蔵庫の中に入って賞味期限が迫っている順に前に置いたり、床の掃除、仕事は探せばいくらでもある。漫画を読んでいる時間なんてないはずだ」

 

「例え時間が余ったとしても、仕事中は時給が発生しているので、自分の娯楽のために使っていい時間ではない」

 

「コンビニに入って店員がいなかったら不安になる。挨拶がないと不快になる。元気な声でいらっしゃいませ! と言ってくれないと、歓迎されてない気分になる」

 

「レジの前に立っていないので、いちいち呼び出さなくてはならなくなる。呼び出して、すぐに出てきてくれたとしても、時間のロスはロスだ。4、5秒くらいで出てきてくれたとしてもロスはロスだ」



肯定的な意見もあるかと思われる。

 

「度胸がすごい! いくら正しいと思っても、なかなかできることではない。心臓に毛が生えている。それをやってみたいと思って、それを正しいと思っても、僕はチキンなので実行に移せない。実行に移せるかどうかが、凡人と天才の壁だ」

 

「店員が漫画読んでいたとしても俺は何とも思わない。受付さえしてくれればいい」

 

「コンビニの仕事は大変だから、それぐらい許されるべきだと思う。多少緩急があった方が仕事にも身が入るんじゃないか」

 

「サービス過剰主義が横行して、常に他社よりサービスサービスと歯止めが効かなくなっている昨今。ここは一旦、時間を逆戻りさせて、みんなで、緩く、ゆっくり、仕事をする世の中になった方がいいのでは? お互いが多少は見て見ぬ振りをするのだ。我々は消耗しすぎている。かといって会計をしてもらえないのは困る。漫画を読んでいても、呼べば控え室から出てきてレジをしてくれるなら十分だ。それくらいの緩いバランス感がちょうどいいのでは?」

 

「案外、ガシガシ働いているところを見せられると、よほど上司にこっぴどく躾けれられているんだなと連想してしまう。こっちもいたたまれない気持ちになる。背景にブラック企業が透けて見えて気分が悪くなる」

 

「スーパーのレジ打ちも、近くにマットレスを置いておき、客がいないときは寝てもいいのでは? その方が疲れがとれて、次に客が来たときにいい接客ができるはずだ」

 

「客側としてクレームをつけたり、よりいいサービスを要求することは、回り回って、自分が仕事をする側になったとき、それが返ってくるようになる。つまり、自分で自分の首を締めているんだ! お互いが楽をし、妥協し合う、しかし、必要最低限のことはやる! ひろゆき氏は学生なのに、そんな崇高な精神を持っていたとは、恐ろしいことだ」

 

「やる事さえやっていれば何をしてもいいという概念は新時代的。働いている時間は常に最善を尽くすスタイルに見切りをつけ、娯楽と休憩と労働を混合し、チャンスがあればどんどん遊んだり休んだりしていったらいい。オフィスだったら、ソファにくつろぎながら仕事する。音楽かけながら仕事をしてもいいのだ。今回、ひろゆき氏は奥の控え室で隠れて漫画を読む環境に追い込まれたが、その必要すらない。どんどん前に出て漫画を読んだっていいのだ。清算さえ間違えなければ漫画を読みながらレジを打ったっていい!」

 

「あぁ、すごい! 働くということが楽になる! これなら就活もわくわくする! 働いている時間って長くて退屈で怒られて鬱になって、本当に嫌だったから、すごい助かる! ありがとう! 誰かがだらだら仕事していても文句いいません、その代わりちゃんと最低限のことはしてください。そして、俺がだらだら仕事していても文句いわないでください、僕もやることは最低限やります! お互いに身を削るのはやめましょう。楽をしましょう。どうぞ目の前で寝ててください。私も仕事の時寝させてもらいますから!」