子供はもう大丈夫だから、パートナーを愛してあげて……。

離婚の原因なんて腐るほどあるけど、ここでは敢えて、あまり持ち出されていないテーマを持ち出してみたい(持ち出されてるかも)。


結婚した夫婦はとにかく子供を溺愛する。


もしこの世に確かな愛があるとすれば、母親の子どもに対する愛だけだと聞いたことがある。


父親が子どもにかける愛に比べて、母親の方が圧倒的に強い。それは動物の世界を見ても明らかだ。父親のライオンはあっけらかんとしてふらふらしている。


動物の世界で発生されるものは、どう足掻いても真実なので、この辺りの愛については揺るぎない真実だ。


子供が生まれてしまうと、子供を愛さずにはいられない。子供ばかりに目が行くようになる、単純に手間がかかって面倒を見なきゃいけないという点もあるが、それ以上に愛情のためにかかりきりになる。


そうすると、結婚相手から見て、自分はなんだろうということになる。


自分より子供の方が好きなんだろうか、子供ばかり面倒を見てやがる。もっと俺の(私の)相手をしろよと思う。


子供に比べて、大人は頭がいいからめんどくさい。ちょっと相手をするだけでも神経を使う。疲れる。


子供はうるさくて元気だけど、変に悟ったところがなく、愛しやすい。動物と一緒だ。


どんなに頑張っても子供の方が愛しやすい。


愛しやすい方ばかり愛してしまって、愛しにくく、愛するのに労力の要るパートナーに関しては後手になってしまう。


気持ちの面では、妻や夫の愛に取り掛かろうとは思うが、ついつい先延ばしにしてしまう。


量の問題ではないのだ。確かに量も子供に対しての方が大きいかもしれない。だが一番は取り掛かりやすさだ。


この取り掛かりやすさというのがやっかいで、旦那や妻を愛していても、やはり子供ばかり先行してしまう。

 


みんな、子供を愛して育むのが良い家庭だと思っているけど、俺は子供に対して労働力やリソースを使うということは、あまり良くないことだと思う。


子供はほっとくのが一番いいと思う。


環境だけ用意させておいて後は好きにやらせたらいい。生まれたての子鹿みたいにエネルギーが爆発しているのが子供だから、それを思う存分爆発させてやるのが大人の使命だと思う。


生まれてきて号泣するのも、ただただこの世に生まれてきた瞬間に、例えようのない自分のエネルギーが爆発してどうしていいか分からないから泣いているんだと思う。


子供は小学生までは、その状態がずっと続く。あまり変に教え込んだりして、エネルルギーの解放を邪魔すると返って成長を阻害する気がする。


逆にエネルギーいっぱいに暴れまわっている子供ほど、人間としての素養が深く、将来に期待できると思われる。


だから夫婦がやる仕事といえば、妻や旦那に対して愛をそそぐのだ。子供じゃなくて、パートナーに注ぐ。


子供を愛しすぎた故に家庭が壊滅することはあっても、パートナーを愛しすぎた結果、家庭が壊滅することはない。


どうせ子供の方が即席で愛しやすいから、どれくらい気をつけていても、愛してしまうものなんだから、常にパートナーを愛そうという心構えでなくちゃいけない。