ブログ運営は3ヶ月経てば、そこから急にアクセスが増えると言われているが、真っ赤な嘘な件。

くだらないブログを書き続けて3ヶ月が過ぎた。

 


3ヶ月更新を続けていれば、アクセス数は伸びると、いろんなブログで書かれていた。

 


3ヶ月を拍子に、突然アクセス数がぐーんと伸びるとのことらしい。

 


だが、全くそんなことはなかった。

 


開設初月となんら変わりはない。

 


1日あたりのアクセスは2〜3くらいで、一月分のアクセスは100ぐらいだ。

 


それが3ヶ月ずっと続いていた。

 


これは恐ろしいことだ。

 


俺なりに、それなりに価値のある記事を書いてきたつもりだったが、そうでもないらしい。

 


いや、価値があるとかないとかそのレベルの話じゃない。全く読まれていないのだから。

 


ワードプレスでスタートすると、数ヶ月は全くアクセスがないという。

 


俺ははてなブログでスタートしたが、1日に2〜3アクセスだとしたら、ワードプレスと変わらない。

 


はてなブログってもっと読まれるんじゃなかったの?

 


3ヶ月の間に100記事書いた。毎日更新したわけじゃないけど、1日に5個ぐらい書いたりと、総数では1日1個以上のペースでやってきた。

 


数は関係ないということか。

 


それにしてもシビアだ。ほとんどの人が辞めていくのがよくわかる。

 


反響がないというのが何よりつらい。何をしていいかわからなくなる。

 


誰にも読まれないのに、更新を続けていけるほど酔狂じゃない。

 


元々、ブログなんてのは日記と変わらないんだから、ただ自分が楽しめるために書いていればいいだけで、そうすればこんなにつらくならないのに、俺はやっぱり見返りを求めてしまう。

 


無職になって、3ヶ月。ブログでなんとか、少しでもいいから稼げないものかと期待して始めてみたが、ずっこけた。

 


きつい。

 


まだ書けないこともないけど、こんなことを続けて一体なんだというのだろうか。

 


だんだん気持ち悪くなってきた。

 


またサラリーマンに戻るのも嫌だ。

 


死にたくなってくる。

 


誰にも読まれない記事を一生懸命更新続ける毎日なんて死にたくなる。

 


3ヶ月の間、死に物狂いでやっていたら1000記事以上書けたとは思う。

 


書くことに完全に時間を注ぎ込んでいたら十分可能だ。

 


だが俺はどうだ。いつも寝てたじゃないか。食っては寝てオナニーしていた。

 


ずっと布団の上に死んだように横たわっていた。そして1日が過ぎていった。

 


アクセス数がないこともそうだが、そんな風に自由な時間を浪費してしまう自分が何よりも嫌だ。

 


努力努力というが、俺の努力は、書かなきゃ、とか、がんばらなくちゃ、とか、このままじゃまずいとか、自分への焦りや不安と格闘して、諦めないことが努力だった。

 


ただただ不安や、怠惰な自分を見つめて、格闘するだけの3ヶ月だった。

 


そんな格闘をしているだけでも、なんだか自分と思い切り戦っている感覚もあるもんだから、それを努力していると思ってしまっているところもある。

 


時間の浪費以上に人間を苦しめる苦悩はないんだな、ということがこの3ヶ月でよくわかった。

 


わかったくせに、何も変わらない。変えられない。また今日も明日も敗残兵のひっそり寝るだけだ。

 


もう十分に寝て、10時間以上寝て、それ以上寝るのは苦しいのに、起きても、何をする気も起きないから寝てしまう。

 


ブログを書けばいいのに、書こうとしない。

 


3ヶ月で100記事は少ない。約1日1記事だ。

 


2000文字程度の作文を、1日に1個しか作らない。酷いもんだ。

 


まぁ、こんなクソ記事を量産したところで、ネットの海を汚すだけで、何の意味もなさないだろうが、それとは別に、自分との約束を守れないことが続くと、自分を嫌いになってしまう。

 


たとえアクセス数がなくとも、書いて書いて書きまくることができたら、こんなに苦悩は起きなかっただろう。

 


みんな一生懸命働いているのに、バカなことしてるなぁと思う。

 


世の中で真面目に働いてるサラリーマンを馬鹿にして、下に見て、大口切って飛び出した末路がこれだ。情けない。

 


貯金も順調になくなってきている。思ったより早いペースでなくなってきている。

 


金が尽きたら俺はどうなるんだろうな。

 


ブログで稼ぐことができても、生活自体は変わらない。貯金残高が増えて安心は手に入るかもしれないが、生活スタイルは別に変わらないだろう。

 


だとしたら、俺は稼いでも稼がなくても、結局一生この苦悩と付き合っていくのだろうか。

 


無職で3ヶ月過ごすなんて夢見たいに思われるかもしれないが、けっこうつらい。

 


働くのもつらければ、無職も辛い。どこで何をしたって、つらくてつらくてしかたない。

 


つらい気持ちを感じるのも面倒臭いから、ただただ消えてなくなりたいだけだ。