Amazonがカバーしない本を自分で読み上げてYouTubeに挙げたら儲かりそうな予感


f:id:simaruko:20190406181352j:image

確かに活字から音声へシフトしている気がする。俺も、動画で情報を得るのが一番楽に感じるこの頃だ。

最近はYouTubeを2倍速再生で視聴している。もう絶対に等倍速に戻れない。2倍速再生だと、20分の動画も時間以上に早く見終わる気がする。単に時間が半分になった効果だけでなく、バーっと脳内を駆け巡るように、自分の処理能力に適合するように言葉が流れていく。

ゲームの実況動画でもそう。自分でゲームをやるとなると億劫だし、コントローラーも握りたくない。クエストやお使いも面倒臭い。2倍速再生で重要な部分だけ視て飛ばしていけば、恐ろしいほどストレスなくゲームを遊べることができる。しかも無料で……!

ゼノギアスなど、シナリオは素晴らしいが攻略に大変な労力を強いられるゲームも、実況動画で済ませてしまえばいい。楽して美味しい蜜だけ味わうことができる。自分でプレイする10倍のスピードでクリアできてしまう。そして、普通にクリアした人と何ら変わりないエンディングを手にすることができる(まぁ、俺はシナリオゲームしかやらないからだが。アクションゲームとかだと全然変わってくると思われる)。今でもゲーム実況動画は恐ろしいほど人気だけど、これからますますこの旺盛は増していくだろう。ゲームはプレイするより視て済ますのが当たり前になるだろう。

 

最近は活字を目で追うのがかったるくなってきている。音声で情報仕入れてる方が全然楽だ。

最近のインフルエンサー達はブログを更新し、その内容をYoutubeで公開する手段を取っている。

そういう場合、YouTubeで挙げられている方が内容が良かったりする。音声だと本人も話しやすいようで、分量も多く、いらんことまで話すので内容も細くなる。聞いているこちら側としても、楽なのだからWin-Winの関係だ。ブログとYouTubeの両方を更新している人から情報を得る場合、俺はYouTubeしか視ていない。これからだんだんそうなっていく気がする。

 

ただ、最近俺がハマっているのはヨガの聖賢達の教本を読み漁ることだ。ほかには西式健康法だったり、甲田先生の少食療法とかも勉強しなければならないと思っている。これらの方は古くてあまりネット上には流出しておらず、図書館でもあったりなかったりだ。山岡鉄舟先生の「俺の師匠」とか中村鉄舟先生の三大教本などは10000円以上の価格がする。自分がほしい本ほど高かったり、そうかと思ったら肥田春虎先生の本が無料でKindleでばらまかれていたりで、めちゃくちゃで、いい本ほど無料に手に入れることができると信じている俺の論理が上手く完成しない。

大体はAmazonの中古の本屋で買うことが多い。一冊90円くらいで売ってるけど、結局送料が300円ぐらいかかってしまうので、1冊購入するの400円くらいかかることが多い。

 

ネットで流れているキャッチーな記事とは比べ物にならないほど古い書籍の方が優れている。真理を達成した人がわざわざその英知を遺してくれているのだから、その恩恵にあずかればいいのに、なかなかそうはいかない。それだけを読んで、それ以外には全く触れなければ、どんなに素晴らしい効果をもたらすかわからないが、我々はどうもそういうわけにはいかない。これは本当に反省すべき点だ。いつも気付けばYouTube逆転裁判を見ている。

どんなに素晴らしい知恵が無料で簡単に手に入っても、我々は世界を汚すだけの嘘ばかりを求める。かえって不幸になる情報ばかり求めてしまう。

 

それにしても、この記事は音声入力で文章を打っているけど、それすらも面倒くさい。完全にうまく活字になればいいけど、そうはいかず、それなりの修正が求められる。今回の文章量だと、音声で入力した分は10分ぐらいだけど、結局編集で40分ぐらいかかってしまった。長ければ1時間ぐらいかかるときもよくある。編集は音声入力を終えた後にすぐにそのままフリック入力で行っている。後で編集しようと思って、やれた試しがないからだ。記事を書いていて思う。動画だけで発信してしまえば、このフリック入力の修正時間が全くなくなる。やはり文章というのは効率が悪いシステムだと思う。そしてそれは聞き手側にとってもそうらしい。

 

Amazonがやってる本の朗読サービスは素晴らしいと思う。けど高い。高すぎる。そして冊数が少なすぎる。七つの習慣とか、ナポレオンヒルの本とか、素晴らしい教えの本はあるけど、やはり真実はヨガにあるので、ヨガ本をどんどん出していってほしい。別にヨガに限らず、マイナー本を求める需要はとてもあるだろうから(当たり前だが)、Amazonがカバーしないような本を、自分で朗読してYouTubeに挙げれば、そこそこの人気を得られると思う。それだけで十分食べていけると思う(俺は節約は得意だけど、稼ぐ方はあまり才能がないようだから、どうだかしらないけど)、貯金がなくなってもう他に手段が残されなくなったらそれでいってみよう(^o^)