ペアーズで18歳の女の子とマッチングしたら、そのメッセージが可愛い件

みなさーーーん! 元気してますかーー!?

 

寒くなってきましたねーーー!

 

みなさんは、18歳は好きですか?

 

僕は大好きです!!

 

なかなか出会い系をやっていても、18歳の女の子とマッチングすることはなくて、良くても21歳とかだったんですけど、

 

なんと!

 

この度18歳の女の子とマッチングして、明日、会うことになりました!

 

僕はもう32歳で、本来なら18歳の女の子を見ても、

「触れてはいけない、話しかけてはいけない、見てはいけない」

の3代原則を死守しなければいけないのですが、すごいですね、やっぱりペアーズは! 18歳の女の子と会うことができるんですよ!

 

まだ実際に会ってはいません。今回はアプリでのメッセージのやり取りを紹介したいと思います……!


f:id:simaruko:20181215133308j:image

さて、どうですか?? まず出だしから違いますよね! キャピキャピキャピしている。そしてキャピキャピしているのにも関わらず、礼儀もある。

18歳っていうのは、火の玉のようなエネルギーがあって、無鉄砲で生命力に溢れています。夏目漱石の「坊ちゃん」の出だしのようなところがありますね。出会い系をやっていて思うことは、案外若い子の方が礼儀があるということです。

女は年を取ると不貞腐れていきます。自分の価値は下がるのに相手に多くのものを求めていくので、マイナスがマイナスを呼び、ただのマイナスの塊になっていきます。若い子の方が、精神的にも審美的にも、美しいのです。

f:id:simaruko:20181215133852j:image

おやおや、何とこの子沖縄出身らしいですよ? 沖縄から中部へ元気よく飛び出してきてしまったらしいです。お父さんのちんちんから飛び出して来た頃から変わってないんでしょう。18歳も0歳も大して変わりはありません。富士山おっきい! 引っ越そう! てな具合いに飛び出てきちゃったのかな。これもまた18歳じゃなきゃ出来ない行動ですよね、歳をとればとるほど行動力を失っていくのがほとんどの女性ですから、やはり若い子から学ぶところは多いですね。

f:id:simaruko:20181215134030j:image

そして、やはり極めつけはこれです。「やった〜!」ってすごいですよね、「やった〜!」はなかなか見れることはないですよ! 20代後半になると絶対「やった〜!」なんて言いません! 俺達はこの「やった〜!」が欲しくて出会い系をやっているんですよ。

しかも「一日中空いてるので」なんて、これも若くて頭がバカじゃないと言えません。常識の代わりに夢が詰まってないと言えないんです。だって、もし会った後、変な人だっだとしても、「これから用事があるので帰ります」と言えなくなってしまいますからね。自分から退路を絶っているわけです。頭のいい人間だったら、初対面で会うときは、ご飯だけ食べてさっさと切り上げられるように予定を組むわけです。そしてなんといっても俺は32歳ですからね! もうこの時点で不審者だと確定してるんです! 32歳と一日中会っていいわけがないんです! 変じゃない32歳なんているわけがないんです!

そして、ほとんどの女が、「会った時は元気出します」なんて事前に宣言できません。いつも消極的で、相手に何かしてもらうことしか考えていないからです。会う前から、男がたくさん話しかけてきてくれて、自分はそれに答えたり相槌を打つと決め込んでいます。会う前から、そういうイメージをして、その通りにしようと決め込んでから会いにいくので質が悪いです。

この子のメッセージから、「私はそんな女にはならない!」という決意が汲み取れますよね。いいことです。本当に素晴らしいですね。

だがしかし、一つ注意してほしいところがあります。日付を見てもらえれば分かるのですが、5日間ずっと返事がなかったのです。これはおそらく多くの人とマッチングしてやり取りしているからでしょう。クリスマス前だし、色々忙しいんでしょうね。生来の性格もあるのでしょう。ただ、5日間ずっとなんにも返事をしないという大胆さはどうでしょう(笑)。少し腹立ちましたけどね。これは性格マッチョでないとできる所業ではないですね。

女の子は、たくさんのメッセージを求める子もいれば、用件だけ済ましてさっさと会ってしまう子もいます。

多くのメッセージのやり取りを好む子は、会う時は非常に静かですね。簡易なメッセージで済ましたり、ろくに連絡してこない子ほど、会った時よく喋ります。これは絶対的な法則と言っていいでしょう。結局のところ、会わなきゃわからないというところを理解しているし、単純に面倒くさいんでしょう。

一つ言えることは、例え上手く行かなくても、生命力に溢れた人間と出会うことは悪いことではないということです。