ねこてんだけが女のYouTuberの中でただ1人まともなYouTuberである理由

女にはうるさい俺だけど、ねこてんだけは認めている。正しい女の在り方を勉強しようと思ったら、ねこてんの動画を視るといい。

まず可愛くなること。ねこてんだって昔はそんなに可愛いわけじゃない。卒アルの流出画像はひどいブスだった。でも、どこかで立ち止まって、美のポイントなるものに気づき、神と目が合った。そして神から寵愛を賜わることができた。

俺の予想だけど、ボーッと静かに過ごすことで、空間の中から美の感知点を見つけたんじゃないかと思う。この辺りに心の表情を合わせれば綺麗になれるかもしれないという、謎の感知点を見つけたんじゃないかと思う。女にはそういうことがある。男にもある。静かにしてれば美の女神の存在に気づくことがある。

ねこてんは静かだ。落ち着いている。もえりんやゆきりぬのようなおばさんYouTuberよりよっぽど冷静だ。

その冷静さが、ねこてんに語りかけるんだと思う。

「ゆきりぬのように元彼に電話するような動画を撮ってはいけない」

「事務所に入ってはいけない」

「ゆきりぬのようにLINEのQRコードTwitterに貼り付けてはいけない」

「コラボしてはいけない」

「もえりんのように、陰キャラで大きな声が出ないけどごめんなさい(汗)みたいな小動物ぶりっ子をしてはいけない」

「文学YouTuberベルのように、無理やり作った春のホトトギスみたいな顔でピアノの弾き語りをしながら、カメラに向かって微笑んではいけない」

これらは全て、才能のない女が女子力を勘違いして引っ掛かってしまう罠である。ねこてんは冷静だから切り抜けられた。冷静だから神の御信託を賜ることができた。

ねこてんのファンを見ていると、本当に心の底からねこてんを愛して病まない人達ばかりだ。「一生ついていきます!」と熱烈なコメントが多い。

 

本当についていきたくなるような魅力がある。話がわかりそうな魅力だ。ねこてんは、話がわかる子だ。

他の女YouTuberはあくせく自分の股間いじりを見せつけるのに忙しくて、こちらが何を言っても潮水の壁で届かなそうだ。ねこてんは違う。

ねこてんだけは違う。