【テレビでトップに立つには番長感と毒がなければダメ!?】有吉、坂上忍、マツコの3トップを解剖する

やはりトップに立つ人間は毒がないとなきゃだめだね。
お笑い界の番長は間違いなく松ちゃんだけど、次点にいるのは有吉だと思う。

有吉は番長感があるんだよね。他にトークが上手かったり、笑いのセンスのある芸人はいっぱいいるけれど、みんな優しすぎてしまう。

きりっと場の空気を支配しつつ、視聴者が本当に求めている発言を代わりに発言してくれるのは有吉や坂上忍かな。だから引っ張りだこなんだろう。坂上忍は嫌いっていう人はいるけど、あれの代わりはなかなか見つからないんじゃないかな。ああして、ちゃんとズバッて言える勢いがある人間はいない。みんななよなよしてばかりいる。

古市という社会学者は毒もあり正直だけど風格がない。だからゲスト以上にはなれなそうだ、若いからまだ番長感がないし、あの年齢では誰も認めようとはしないだろう。

マツコは番長感もあるし正直なんだけど、ただ正直なだけだ。毒も弱いしセンスが欠けている。視聴者の流れに負けて割と当たり障りない発言をする。「ニート?! よくないわね、働きなさい!」などとコメンテーターとして最低な発言もたまに見かける。

矢作は非常にセンスがあって素晴らしい司会者だと思うけど、パワーがイマイチだ。有吉が覇権を握ってるのがわかる気がする。やっぱり毒のパワーが違うね。サンドウィッチマンブラックマヨネーズも面白いんだけど、毒がなくてのほほんとして終わってしまう。

松ちゃんといい有吉といい、最後の頂きを手にできるのは毒と番長感がある男だね。

YouTube界はクソガキどもが湧いてる世界だからヒカキンがトップなのはしょうがないし、どうでもいい。だが、トップは基本的にどこの世界でも毒と番長感があるという俺の理論が崩れてしまう。

テレビはYouTubeとはレベルが違うからね。やっぱゴッドタンはすごい。個人的には矢作が1番面白いなと思って視てる。

ピピピさんも、凡人がいくら演技しても辿りつけないナチュラルにイカれてる人だね。こういう狂気を持ちつつ、狂気を操作して、みんなの気持ちを代弁できる人は強いね。