与沢パイセンから恋愛の何たるかを教わったよ!

同感です! 金が無いと妻に責められる前に自分で自分を責めてしまうんですよね。

これははじめて触れた論旨です。しかし素晴らしい。今後言霊として大事にしたいですね。出会い系のような匿名性が高いところだと人は積極的になれるんですよね。漏れなく俺もそうです。自然に出会ったときは臆しちゃうんです。向こうが好意を寄せてくれたのに逃げてしまうこともありました。

ははぁ……。心が痛いです……。

その人のその人らしい生命パワーが発揮されているときに、同性も異性も魅力的に思ってくれるんでしょう。追いかけるんじゃなくて、惚れられるということが大事なんでしょうか。

ごもっともです。

宮本武蔵も言っていました。「まずは富士のようにでっかくなれ。そうすれば周りが勝手に評価してくれる」と。しかし、そんなことを言っている間にちんこが腐ってきちゃうから、靴を履き違えてでもメスを追いかけたくなってしまうんです……。

この辺りは意見が分かれますね。他の偉い人はとにかく当たって砕けろ、損はない。経験だけが残る。サイクルを回せ! と言いますね。ナンパも数撃ちゃ当たるみたいな感じだし、俺も数打ってたらヒットしたことがあったから、数は大事という意識が抜けないです。

自分を大切に、か。女にはよく使われる言葉だけど。

成功するときは、ああ、成功するな、とわかりますからね。

 

与沢パイセン、俺、やっぱり出会い系やめられないっす(泣)

いつも当たって砕けろの精神で出会い系に体当たりしてきた。ロリコンなので20代前半の女の子しか愛せないので、若い女子大生ばかり固執していた。それでも数を撃てばどうにかなると信じてきた。32歳。抜き身の錆びた刃物。立派な迷惑おじさんだ。しかしこんな不自然な出会いだと、パイセンの言うとおり、お互いに必然性や運命性に欠けた会話や空気だけが続いて、帰ったあと、出会う必要なかったなぁなんて虚無感に駆られる。成功したことも、あるんだけどね……。

 

今のところは、他に出会いなんてないから、出会い系をやりながら自分を高めようと思ってます(笑)。高めるといっても、こうして女の悪口に精を出しているだけだけどね。

 

 

パイ……セン……😭