「女YouTuberはいじめられっ子のくせに調子のっている感じがしてむかつく」←新しい人間を嫌ってしまう私達。

やっぱり可愛さっていうのは、いつの時代の武器になりますね。ここまであざといというのも恐れ入りました。今の時代はそういう時代なんだからまぁいい。

可愛いのは認める。可愛い。笑顔も可愛いし。多くの人がこの子を認めるでしょう。実際に認められているし。
再生数も多い。これだけの動画を更新してきたというタフさもある。こんなことは普通の女の子にはできないので、認めざるを得ない。

しかしね。あざといんですよ。ここまで女子力というものを武器にされると、天然の女の良さというのがなくなってしまう。自分自身をあからさまに商品に見立てている。自分で自分をプロデュースする厚かましさがある。

ここら辺はゆきりぬやもえりんと同じだね。ナルシシスト臭がやばいのだ。ちょっとやそこらの臭いではない。24時間自分のことが大好きで自分のことを考えて生活しているのが伝わってくる。

最近は男のナルシシストより女のナルシシストの方が良くないんじゃないかと俺は考えている。

こうやってこういう風に動画出せばいけるんでしょう? みたいなところが腹立ってくるし、実際に再生数出してるのがまた腹が立ってくる(笑)。
女は大人しく男社会の中でヒーヒー言って暮らしてればいいのに、なまじ知恵をつけて人生を攻略している感じがむかつく。

そしてまた生理臭い。こういう女に限って、生理の発酵した臭いがプンプンするのはなんでだろう? 

文学ユーチューバーと言っといる割に読んでる本が浅い。コンビニ人間ごときでヒャーヒャー言っていて良くない。にわかだ。

最近は、にわかでも発信すること自体に意義があるとか、才能や質を越えて、発信することに意義があるとか、とにかく好きなことをやれとか、くだらない甘言が良しとされ、チャレンジすることが美徳とされる風潮があるけど、そんなこと言ってるからこういう青二才が調子に乗って動画を投稿してしまうようになる。

YouTuberベルを見て思うことは、いくら本を読み込んでも元々の才能がなければ何も成さないということだ。ただ本をたくさん読みましたという情報しか与えられず、本を読んだことによって何か特別な能力が目覚めて発信できている様子はない。つまりただの凡人ということだ。

女ユーチューバーっていうのは自己顕示欲が高く脳内がお花畑で、世間知らずでカンに触る。いじめられっ子のくせに調子にのっているようなところがある。生理の発酵した臭いがする。もともと地味で暗い部屋で沢山過ごして、膣内の角質がポロボロ剥がれ落ちて溜まってる感じがする。しかしこの子はそれに留まらず、読書好きとか文学を持ち出してくる。本読んでる意識高い系を持ち出してくるので、それがカンに触るのだ。文学とユーチューバーという二極の気持ち悪さが合体したナルシシズムは半端なく気持ち悪くなってくるのだッ!

ブスだったらそんなに腹は立たないけど可愛いから腹が立ってきちゃうんだよね。女のくせに調子にのるからむかつく。女に文学とか哲学とか持ち出されるとむかついちゃうのが男なんですよね(笑)。男ってほんと馬鹿だよね。

それにしてもユーチューバーのほとんどが、読者に対して友好的に語りかけてくるのはなんだろうね。機嫌を損なわせないような口調で、○○はいいすぎかもしれませんとか、○○のような解釈もあるかもしれませんねとか、濁すような形で中途半端で優しぶった、歯切れの悪い喋り方しかしない。肝が小さい。小物だね。YouTuberのほとんどが小物でイライラするぜ。

文学は真実の世界を書こうとする試みなのに、そういうところは何も学んでいないようだ。

一番問題なのは、こんなどこにでもいる女をありがたがってファンになる奴だね。女YouTuberが創り出している世界を信じてしまう。昔いじめられてた根暗だと見抜けない目の悪さに腹が立つ。鈍感過ぎるだろ。馬鹿もむかつくけど、その馬鹿を崇拝してる馬鹿もむかつく。一流の発信者だけがもてはやされる世界であってほしい。

 

と、最初は思っていたけど、動画を30個くらい見ていたら外見も内面も可愛く思えてきた。

新しい人間を見ると、上記のような感想を持ってしまうのが人間の最もおろかな部分だね。