友達が奥さんから、「あなたを手玉に取れそうだから結婚した」とカミングアウトされてしまった件


f:id:simaruko:20181123130703j:image

 

ケイタとみかこ

 

「みかこ、悪いけど働いてくれないかな? 俺だけの給料じゃ心許ないし、お前もずっと家にいてもあれだろ? 家事もお母さんが全部やってくれるわけだしさ」

「私働きたくない。あちこち体も痛いし、気分も良くない」

「じゃあ急に働くのもあれだから、ちょっと外に出て気分転換してみたら?」

「体が痛いから無理だって言ってるじゃない」

「一緒に外で遊んでくれる友達とかいないの?」

「友達ならいる! あなたと違って私、友達はいる! あなたは自己中だし、B型で空気が読めないから友達いないでしょ、私はいる!」

「俺だって友達ぐらいいるわ!」

「嘘よ! 絶対いない! あなたに友達なんているわけない! この前も隠れてタバコ吸ってたし、あなたの言うことは全部信じられない! 前職の営業の仕事では、売上申請を改竄して、カルロスゴーンみたいなことしてクビになったじゃない!」

「お前もさぁ……、元々美術教師だったんだから、ネットで絵を描いて売るとか、オンライン絵画教室開くとか、身体痛くてもできることあるんじゃない?」

「絵は描きたくないって言ったじゃん! 絵を一度描き出すと完璧を求めだして疲れるの、もう絵を仕事にしたくない! やるんだったらまだコンビニとかレジ打ちの方がまだいい!」

「じゃあそのままずっとゴロゴロしてるの?」

「私だってね……! 初めからあなたを手玉に取れると思ったから結婚したの! B 型で空気が読めなくて、モテなさそうでチョロそうで、顔も悪いし息も臭いしセックス下手だし、この人誰とも結婚できなさそうだから、私が結婚したら操れると思ったからしたの!」

「お前、そんなことよく本人の前で言えるな。言っていいことと悪いことがあるだろ。俺だって昔モテたわ!」

「いや、私の方が絶対モテた……! 過去の彼氏は私から振ってきたし、彼氏いない期間もほとんどなかった! 今だって、付き合おうと思えば他の人と付き合える! でもあなたは絶対無理……!」

 

 

以下 ケイタと俺(しまるこ)の電話

 

 

「まるで俺がモテなくて可哀相だから一緒に居てあげている口ぶりなんだよな」

「そんなことがあったんですかー。よくまぁ、女の方も禁忌を口にしますね。ケイタさん、舐められまくってますね」

「そうなんだよ」

「ケイタさんを手玉に取れるから結婚したっていうのは相当なカミングアウトですよ。この発言は離婚になってもおかしくない」

「まぁ付き合ってるときからそれは感じてたけどね。口に出して言われると萎えるね」

「そんなこと言われた後でも、子作りの為にセックスしなきゃいけないわけですよね、やれるんですか? そんなこと言われて」

「俺はやれるよ。穴があれば何でもいい」

「すごいなあ。俺はどんなに可愛くても、たとえ橋本環奈ちゃんでも、俺を手玉に取れるから結婚した、なんて言いやがったら、一生セックスしないですね」

「ははは」

「でも、そこが結婚できる男とできない男の差なんじゃないかと、最近思うんです。女も婚活に疲れてくると、愛や恋はどうでもよくなってきて、手玉に取れそうな男を捕まえにいくんですよ。男に男性的な魅力を求めてないんですよ、むしろない方がいい。その方が都合がいいんですよ。給料も少なくても割り切れる。それ以上に相手をコントロールできるかどうかが重要なんですよ。下着姿でウロウロできるから楽だし、モテない男はそんな醜態を見ても発情してくれる。有り難くセックスしてくれるんですよ。一応は発情されたいみたいですね女ってやつは。高校時代見向きもしなかったような男と結婚できちゃうんですよ、女ってやつは。怖いですよね」

「お前、それ、俺のことめっちゃディスってんのわかってる?(笑)」

「魅力のない男の方が早く結婚して、魅力のある男は限界まで結婚しないんすよ」

「しまるこ〜(笑)」

「ははは、すいません、こんなこと言っても怒らないところがケイタさんのいいところなんですけどね。でも、だからといって夫を舐めるのは間違ってる。最低ですね、ケイタさんの奥さん。それにしても、夫婦が思い切り喧嘩すると、友達がいないって言い合うんですね(笑)。自分の方が友達が多い! ってガキみたいな言い争いするんですね。めっちゃ面白かったです(笑)。私の方がモテるとか俺の方がモテるとか、人間的にどちらの方が魅力があるのかっていう論旨に迫っていってしまうんですね、それが一番面白かったです(笑)」

「しまるこ。俺もさ、たくさん出会い系で女と会ってきたけどさ、34になると、マッチングしなくなってくるんだよ。20代はもう厳しい。ていうか無理。まずマッチングしない。30以上の女としかマッチングできないんだよ。それでさ、31の女とデートするしかなくてさ、何にも楽しくないんだよ。辛くなってくるんだよ。34と31の男女が、居酒屋行ったりディズニー行ったり熱海行ったり、レストラン言っても、なんか虚しいんだよ。つらいんだよ。何も話すことなんてないし、さっさと結婚しなきゃいけない空気だけがあるんだよ。結婚前の手続きを淡々とこなしているだけなんだよ。青春の香りがどこにもないんだよ。二人でコメダに入ったとき、何してるんだろって思ったよ。入店拒否されてもいいぐらいだって思ったよ。くだらない、二人の空気がくだらないんだよ。愛も恋もない。二人ともいい年して自由に相手を選べる立場じゃないから妥協してるんだよ。その妥協の中でコメダでコーヒーを飲まなきゃいけない。もう、これならいっそ結婚しちゃった方がいいなって思うんだよ。それが自然なんだよ。背後に自然の圧力を常に感じるんだ。しまるこ。34でこれだからな? もしこれが40だったらと思うと怖くていられなくなるんだよ。今マッチングしてる30代前半の女とも、マッチングできなくなるんだよ。こうして不味い思いしてコメダでコーヒーを飲むことすらできなくなるんだ」

「それで妥協したっていうこと、ですかね?」
「妥協、うん、妥協……なのかなぁ。独身も寂しいからね」

「今はどうですか? 結婚してよかったですか?」

「そんなに悪くもなく良くもなくって感じかな」

「そうですか。そんな凄まじい言い争いをしていても、悪い方の気持ちじゃないのが凄いです」

「小遣いの方がつらいかな。給料の端数だからね」

「端数……?」

「給料が25万8000円だったら、8000円が俺の小遣い」

「え?! 月に8000円だけですか!?」

「そうだよ」

「じゃあ給料が25万2000円だったら、どうなるんですか!?」

「2000円が小遣いだよ」

「犬畜生じゃないですか! じゃあ今月の俺みたいに、 iPad Pro 12.9 inchとHUAWEIのMate 20X買って、合わせて23万の買い物したらどうなるんですか?」

「会社行ってる間に、メルカリで売られると思う」

「そんな馬鹿な……! ケイタさんのところは土地持ちで家も既に建ってて住宅ローンはないし、二世帯住宅で奥さんのお母さんがご飯も作ってくれるし洗濯もやってくれるから、奥さん、働く必要ないからずっとゴロゴロしているだけのくせに、、給料が端数!?」

「ははは(笑)」

「なるほど、こういう風にいいように操れる男が売れていくわけか」

「言い過ぎだぞ、しまるこ(笑)」

「っていうかケイタさん、奥さんのお母さんにパンツ洗ってもらってるんですよね。恥ずかしくないんですか?(笑)」

「一緒に暮らしているんだから当たり前だろ(笑)」