「警察官クビになってからブログ」のハルオさんの渾身の漫画について思うこと

「警察官クビになってからブログ」のハルオさんが渾身の漫画を披露した。
凄まじい PV 数を誇っているらしく、なんと1日に200万以上の PV を叩きだしたらしい。
はあちゅう氏のブログも漫画になってから勢いを増して1日に80万の PV らしい。
イケハヤさんも動画も狂ったように更新しているし。

漫画、動画、映像。
そっちに移行してから皆 PV 数をガンガン上げている。

はあちゅう氏ももちろんだが。
ハルオさんも決して絵は上手くはない。
とてもプロとしてやっていく実力はないし、このゴミ溜めのネット社会でいくらか騒がれるのがオチだろう。

だがそれでもこの表現力は素晴らしい。演出力が長けていて胸の奥をぐっとさせられる。ぼんやり普通に生きてきた人間に描けるものではない。

プロと同等の実力を有してからでないと作品を発表してはいけないなんて決まりはない。
俺もこのマンガを見て楽しんだ口だから、拙い技術でも今自分のできることをやって、この難しい社会に挑んでいく姿勢はいいことだと思っている。

いくら文章が上手くて、いろんなことを語ったとしても漫画の方がよっぽど好まれる。
はあちゅう氏も、あれだけ文章に心を砕いてきて、小説なんてオワコンにもしっかり手を出して、文章の1/1000も練習してこなかった漫画の方が、いくらでも人気になるのだ。

俺も及ばずながら文章にはいくらか心を砕いてきたつもりだけど、文章だけでこの世界をやっていけるとは昔から思えなかった。漫画家を目指してみたけど挫折した。仕方ないので動画の発信も最近始めた。

何よりも、俺自身が小説なんてほとんど読まないし漫画や動画ばかりだ(笑)。

ハルオさんの漫画を見ていて、はあちゅう氏の漫画を見ていて、思う。

文書に心を砕いてきた人間の、そんな人間の描いた拙い絵の漫画の方が人気になってしまう現状が、まあそりゃそうだよな。と思うのだ。

はてなブログのピピピさんも、はてなブログ最強の文章力を持っているのに、もう執筆は半分引退されている様子だ。今じゃYouTubeで凄まじい長い時間のしゃべくり動画を出してる。

つまり何が言いたいかって言うと、文章一本で、世界に挑もうとしている人間は速攻で諦めて、下手でもいいので漫画を描くか動画を出した方がいいよということだ。

まぁ、できるならの話だけどね。