紹介された介護士に会ってきたけど、やはり介護士は婚活市場最低な物件だった件

前々回 

www.simaruko.work

 

 前回

www.simaruko.work

 

 


f:id:simaruko:20181109103245j:image
紹介された介護士に会った。
びっくりするほどのデブとブスで、出会い系ならともかく、紹介された形なのにこういうことになるのかと思った。
よくこんな女を平気で紹介してくるなと思った。

もちろんその場で逃げるわけにもいかないので仕方なく店内に入っていった。
顔がでかい岩のようにゴツゴツしていて丸かった。ポケモンゴローニャみたいだった。背は小さいけど骨格がでかく、目が朝鮮人みたいに細くて朝青龍みたいだった。

介護士の24歳の女性だ。
大学を卒業してから職を転々して失敗して、これ以上やめ続けるのはヤバいということで仕方なく今の介護職を続けているらしい。
失敗と逃避の先にたどり着いた場所だ。

朝の7時にはもう会社にいて、終わるのは20時ぐらいらしい。送迎もこなしてお風呂介助もこなして食事介助もしてかなり大変らしい。事務仕事もある。
それで給料は雀の涙らしい。
今の就職先を考えれば行く必要のなかった大学の奨学金と車のローンの返済に追われていて、支払いが完了するのは40歳くらいかもしれないと言っていた。

こういう子が世の中には星の数ほどいて、胸が痛む。

友達はみんな結婚してしまって、プライベートでは誰も遊んでくれないらしい。
休日は一人でずっとテレビを見ているらしい。
可愛かったら見ていられるが、これがデブで朝青龍だから余計辛くなってくる。紹介してくれた人に、俺の年収や年金スタイル(俺は自営業なので)を色々訪ねていたらしいが、こういうわけがあったのだ。

借金に追われていたから宿り木を探していたんだろう。確かにこの状態から這い上がるのは厳しそうだ。

こういう子に多いのは、未来の計算をしないことだ。いくら稼いでいくら節約していけば、どのくらいで自由になるかちゃんと考えない。

40くらいになれば返済が終わるとか言っているが、ずいぶん適当だ。そして楽観的で悠長だ。

普通は20代までに返済を終わらせられるようになんとか算出して、その数字に自分の努力を足し合わせるようにする。

計画ができていないのだ。人生が勝手に好転するとは思っていないだろうが、そんなに急に悪くなるとも思っていない。
右を見ても左を見てもみんな働いているから、とりあえず働いているだけだ。とりあえず体を動かして働いていれば、それなりに疲労感があって、いっぱしに社会生活を送っているように感じるから、借金(奨学金や車のローンも立派な借金だ)とちゃんと戦っている自分に満足して思考を止めてしまう。

少なくても、安月給の介護士を続けていたってどうしようもないだろう。しかも夜の20時まで。もっと早く終わるところに転職するべきだろう。仕事なんてさっさと終わらして別枠で稼がなければならない。

痩せて綺麗になってガールズバーとか、声だけのエロいバイトとか。YouTube やブログを始めてみるとか。トラックの運転手になるとか。休日は治験するとか。俺だったらそうする。というか、まず辞める。

しかし聞いていると、なかなかの浪費野郎なのである。
この simカード全盛の時代に月7000円のスマホ代を払っているし、この通販全盛の時代に東京に行って服を買っているらしいし、このクロスバイク全盛の時代に職場まで車で通っている。

頭の悪い人間は金の使い方が下手で勝手に貧乏になっていく。

話し自体は、質問が多めで俺に対して興味があるようではあった。生活に行き詰まっていて、とにかく結婚したい感じだった。自分の人生がうまくいってないほど結婚しようとするものだ。特に女は。

デブでブスで朝青龍で、稼ぎはないし浪費はするしずっとテレビ見てるしLINEのアイコンはアニメキャラだし勉強も運動も何もできない。

本当に何もない何もできない人間だった。こういう子は星の数ほどいる。
適齢期になれば勝手に結婚すると思ってるみたいだが、一体誰がこの子を好きになるんだろう。誰か結婚したいと思うんだろう。
どんな望みをかけて今日ここに来たんだろう。自分で自分の売りは何だと思っているんだろう。自分でもよくわかっていない自分の良さを、俺が勝手に見つけてくれると思ったのだろうか。

性格もおとなしいから優しく見えるかもしれないが、ただ覇気がないだけだ。全てにおいて消極的で何事に対してもエネルギーがない。
遊ぶにしてもテレビだったり東京だったりディズニーだったり誰かが用意してくれたコンテンツを消費するだけだ。金もかかる。

貧乏のくせに金の使い方を反省しない。
頭の悪い身近な友達が、ショップでスマホを契約しているから自分もと思って契約してしまう。
この「少し」調べるということができない。
俺はせめてひとつ救いの手を差し伸べようと思って、格安 SIM のやり方を教えたけど、「自信がない……」と言って早々に諦めやがった(笑)。
うちの母親ですらやってるのに(笑)。

自信がないので何事も始める前から全てを諦めてしまう。「世の中は、調べない人間からとことん搾取しようとする」と言った俺の言葉に対して、「世の中に対して冷めた見方をするんですね」と言ってきやがった(笑)。

俺も言い過ぎたかなとは思ったけどね。

でも本当のことだし、少しでも生活が楽になってほしかったし、これが本当の優しさだと思ったから、どうでもいい朝青龍だか昇竜拳にアドバイスしてやったのに、こんなこと言われるんじゃ、言わなきゃ良かった(笑)。

 

格安 SIM に移ることすら自信がないんじゃダメだ。俺はもう何もできない。一生なけなしの金をばらまき続ける人生を送るんだろう。

頑張って働いてクソみたいな金を稼いでその金を無償で寄付し続ける。狂気だ。俺はよく変わっていると言われるけど、こんなことする人の方がよっぽど変わっている。

何も行動しなくてただヘラヘラしている人間を優しいとは言ってはいけない。「同僚がみんなテレビを見ているから私もテレビを見て話を合わせるようにしてます、女の世界って怖いんですよ」と言っている人間を優しいとは言ってはいけない

雛鳥のようにぽかんと口を開けて結婚という餌を待っている人間を優しいとは言ってはいけない

俺はこういう女が大嫌いだ。

 

 

また今日も一生懸命に女をボロクソに言ってしまった。
向こうだって俺に対して言いたいことはいくらでもあっただろう。この季節なのに半袖でやってくるし(笑)

出会い系と違って一番困るのは、ダメだった場合、紹介してくれた人に理由を伝えないといけないことだ。

朝青龍だからとは言えない。
しかしこんな朝青龍を紹介したクソババアにも俺は腹が立っている。
今回話した内容をそのまま話してやってもいいが、人間には変われる人間と変われない人間がいる。

俺も人殺しにはなりたくない。

「すいませーーん、興味覚えませんでしたーー(笑)(T_T)」

とだけLINE を打って、
新作のiPad Pro 12.9インチ wi-fi 64 GB スペースグレイをAppleのページから注文して寝ることにした。

楽しみ楽しみ(^_-)

 

続き

 

www.simaruko.work