結婚を夢見る介護士の実態

 前回

www.simaruko.work

 

最近あるおばさんに24歳の介護士を紹介されて、その子とやり取りをしている。

出会い系のやりとりと違うところは、仲介者がいるので、女の子が俺とのLINEから俺のことをどう思っているか教えてくれるのだ。

この子とはまだ一度も会ったことはないが、女の子は俺とのLINEを通じて、

「自営業でマッサージ師ということは国民年金ということかしら」
「2日に1回しかLINEが返ってこない。私とのやり取りめんどくさいのかしら」
「好きな芸能人教えてくれなかった。ロリコン? 危ない趣味があるのかしら」
HUAWEI の Mate 20xの動画ばかり見ているらしいけど大丈夫かしら」
女王の教室が最後に見たドラマと言っていたけど大丈夫かしら」
「とても結婚する気がなさそうだけど大丈夫かしら」

こんなことを、紹介してくれたおばさんに話しているらしい。

俺はこの子の感想をおばさんに言っていないので、こちらからの情報は筒抜けになっていないと思う。

ブログを見られたら一気に終わりだけどね。
実際にあったんだなそんなことが。

俺のことを頼ってきてくれる可愛い子うさぎちゃんが、何かの間違いでこの吐瀉物に満ちた掃き溜めに迷い込んでしまって、信頼を失っちゃったんだな。


で、今やり取りしているこの介護士さんなんだけど、
相当のデブらしい。
デブだから、なかなか俺と会うのも気が引けてしまうらしい。
俺もデブと聞いてショックだったけど、こうして紹介されて誰かと会うのは久しぶりだから、軽い気持ちで引き受けてしまった。

デブの癖に、国民年金やら厚生年金だか、結婚する気があるのかないかやら相手に条件を求めるんですな(笑)。

LINEのやり取りでは、「誰かにこうして紹介されたのは初めてで緊張してます」なんて言っていたから、ろくに恋愛経験もないんだろう。

その癖、欲しがるものは欲しがるのだ。
適齢期になれば当然のように自動的に結婚するもんだと思っているのだろうか。

これまで自分を磨いたり、いろんな恋愛経験を蓄積させて、人は結婚にたどり着くんじゃないだろうか?

ろくに勉強や就活を頑張らなかったから、流れるようにして介護士に行き着いたんだろう。そしてまた流れ着きやすい島を発見したから流れ着こうとしている。泳ぐこともせず、泳ぎ方もわからず、ただ引きずり上げてもらうまでプカプカ浮かんでいる。

2日に1回しかLINEが来ないとかぼやいてるらしいけど、一度も会ってないんだから、いくらLINEでやり取りしたってしょうがないだろうが。

LINEでいくら盛り上がったとして、実際会って本当にデブだったら俺は捨てるし、こいつも俺の空気に直面して狂人と察したら見送るだろう。
時間の無駄なのだ。LINEなんて会うための予定合わせだけでいいのだ。

 

どうして会う前のLINEでそんなに頻回なメッセージを求めるんだろう。
これは出会い系の女にも言える。
いくらメッセージを交わしたところで、相手のことなんて何も分かりようがないのだ。
そして会う前に頻回にメッセージを求める女はブスと相場が決まっている。

まだ内容が面白ければいい。

ドストエフスキーカラマーゾフがどうとか、
イケダハヤト先生の動画の更新頻度が狂ってるとか。
バットは手から出した方がいいのか腰から動かした方がいいのか、イチローと落合のスイングの違いとか、Huawei Mate 20xについてとか。

そんな素晴らしい話し合いをするんだったら俺も大歓迎だが。

休日はゴロゴロしてましたとか、目がかゆいとかものもらいとか、おじいちゃんお婆ちゃんのお世話大変ですとか、お疲れ様ですとか。

どっかの農民が畑で延々と米を耕している動画を見せられているような気分だった。

そんな、のほほんとした穏やかで死んだ時間だった。

実際、いつも死んだ時間の中で息をしているんだろう。
夢も希望も持たず、おじいちゃんおばあちゃんを毎日だらだら介護して結婚したいなぁ、とぼやいてる女は死んでるのと変わらない。

 

覇道を生きるのだ。
そこに男も女もない。
俺は今も自分のギャグで相手が腰を砕けて笑い転げる様子や、あの破顔した顔が忘れられないのだ。
あの反応を求めているのだ。
皮の下一枚でいつも血潮が煮えくりかえっていて、今にも鉄パイプを持ってコンビニの棚や窓ガラスを蹴散らしたくてたまらないのだ。

そんな俺様とこの小市民農民女が、結婚だと、、?
笑わせてくれる(笑)

念力一つでジジイとババアの風呂介助できるようになってから出直してこい。

この手の女はいつも心の中に不安や迷いや戸惑いが煮えくりかえっていて、内面がうるさい。顔もうるさい。こっちまでやかましさが伝わってくる。

自信がなさそうで常に一般の基準に合わせる。求める幸福すらも他人のをなぞったものだ。

そんな基準がよくわからない幸福願望をいっちょ前にデブのくせに持っている。そこらの人間と同じぐらいは持っている。

全くイライラする。イライラするけど会っちゃうんだなこれが。

 

www.simaruko.work