イオンのフードコートで見かけた最悪な家族


フードコートで見かけた最悪な家族

 

この前イオンのフードコートで長崎ちゃんぽんを食べていたら、子供二人を連れた家族が隣に座っていた。

主人らしい男が帰ってくると、自分の席に置かれた長崎ちゃんぽんを見て、「何で大盛りじゃないの!?」と逆鱗した。

「ここの長崎ちゃんぽん、590円で無料で大盛りにできるやつじゃん!」
「なんで大盛りにしないの!?」

妻らしき女は、「ごめんなさい……」と言って、しょぼくれた顔をして、「あなたが大盛りでって言わなかったから……」
「いや、言わなくても普通大盛りにするじゃん!!」
「無料で大盛りにできるんだよ!? 食べきれなかったら残せばいいわけじゃん! デメリットないじゃん!! 普通に考えてわかってよそれくらい!」

子供二人が食べている中、割とでかい言葉で妻を罵っていた。

男の職業はよくわからないが、建築設計とかが似合いそうだ。チマチマと図面を書いていそうだった。

髭面で男性ホルモンが強そうで、チン臭とパン臭が濃そうな顔をしていたが、喋り方はオカマっぽくて、
「何で大盛りじゃないのよ! 信じられないわ!」とネチネチくすぐったくいうので面白かった。


長崎ちゃんぽんが並盛りだと我をなくしてしまう男は、オカマと相場が決まっているのだろうか。確かに精巣が2つ付いているようには見えない。

男らしくない内容を男らしくない言葉で話すことが大変面白かった。

奥さんにとっては、いつもの光景のようで、渋々頭を下げて「ごめんなさい……ごめんなさい……」と何度も謝っていた。


これのどこが幸せだというのか(笑)。こんな日常を送るために男はプロポーズをして、女はプロポーズを承諾したのか。

子供達も、僕たちは難しいことわかりません、ちゃんぽんさえ食えればいいのですといったふうに、頭の悪そうな顔をしてズルズル麺を啜っていた。

みんなが集まるフードコートですらこんな様子なんだから、家でもこんなのは日常茶飯時なんだろう。

 

綺麗な結婚もあれば、汚い結婚もある。

大体それは外見に現れている。
やはり髭面の男性ホルモンが濃い男とは結婚しない方がいいだろう。顔に生活臭が出ているということは性格も行動も生活感に溢れている。

いつもスーツを着ているような意識高い系の男はちゃんぽんごときでピーピー喚いたりしないだろう。

しかし女も女だ。こういう男と結婚する女は、意思主張に欠け、「すいません」と「ごめんなさい」しか言えない。

もし俺が妻だったら、ちゃんと大盛りを頼む(笑)。無料で大盛りにできるんだから、無難に大盛りにしておく。やはり大盛りを頼まないこの女もバカだと思う。確かに、よく見なくても気が利かなそうな顔をしていた。

この女が気が回らないのはいつもの事なんだろう。いい加減積もりに積もって、旦那の方もわめき散らすことになったんだろう。


いつもスポンジやたわしで食器を洗っているのが似合う女で、こうやって外食するときも化粧もろくにしない。もう生理も止まっているような顔をしている。風呂上がりには100円の化粧水を使って、しまむらのパンツを履いて、洗濯機を回しているんだろう。

夫婦生活も少なくとも8年くらいはなさそうだ。色気のない女だった。


どっちもどっちってやつですな!

 

結婚した後も男と女は美意識が大事です。