【PS4】スパイダーマンのレビュー


確かにスパイダーマンはすごい。

 

そこらのアクションゲームとかけ離れていることはわかる。

 

丁寧に作り込まれていて、グラフィックも綺麗で映画の中でスパイダーマンを操作してるような感じがある。

 

自由自在にあちこち動けて、自分で動かしている感覚があるかもしれない。

 

だが、正直ただのアトラクション的な感じがする。

 

ディズニーランドの乗り物に近い。

そもそもアクションゲームというものはそういうものかもしれないけど。

 

用意された舞台のおもちゃで遊んで終わりという感じだ。


あれこれスパイダーマン動かしてギミックを楽しんで、申し訳程度にストーリーが挟まれて、スパイダーマンというおもちゃを使ってわちゃわちゃして遊ぶ。

 

ここら辺はやはりアクションゲームだからという部分が強いだろう。

 

 

まぁ何が言いたいかと言うとドラクエ5にはかなわないのだ。そして後テイルズオブヴェスペリアにもかなわない。FF10にもかなわない。


なぜ敵わないかと言うとただのギミックだからだ。

 

アクションゲーム同士で比べろよと思われるかもしれないけど、まぁ確かにそうだなんだけど、

 

やはり旅をするという感覚が楽しいんだろうゲームというのは。

 

テイルズオブヴェスペリアと言えば本当に景色が良くて、いろんなマップがあって、3dで辺にくるくるしなくて固定画面だったから、美しい街並みをしっかり歩くことができた。

 

3dは本当にダメだ。ただのハリボテになってしまう。広大になりすぎて良くない。

 

ドラクエ11のワールドは本当につまらなかった。やはりヴェスペリアぐらいのが一番いい。

 

スパイダーマンは落ち着いた感覚がない。

わちゃわちゃ遊んでいるだけという感じで、ステージ制だ。腰に根を下ろして遊べない。

 

章の初めになると、さあこれをしろあれをしろと命令されて物語が進行していく。


あの目的地の黄色のマーカーがあまり良くないと思う。

 

とりあえず何かあるとあそこに行ってイベントが起きてまたマーカーまで行ってってイベントが起きてと繰り返すだけだ。

 

寄り道をしたりヴェスペリアのように色んな町並み歩いてみたりフィールドに出てどっかうろうろしてみたり、自由度がまるでないのだ。 

 

仮に自由度がありすぎてウィッチャー3みたいなったとしても、あまり良くない。

 

あれもただいろんなものをひたすら詰め込んだだけだ。戦闘もつまらない。

 

3dのマップがよくない。

探検するのに忙しすぎて疲れてしまう。

スパイダーマンは3Dじゃなきゃいけないし、成功した。

 

俺の負けだ。


だがオープンワールドで本当に成功したのはゼルダぐらいだと思う。

 

洋ゲーオープンワールドは全部ハリボテだから、結局は黄色のマークに向かって動かされているだけだ。

 

ゼルダだけは本当の箱庭で本当のオープンゲームに成功したたった一つの例だと思う。

 

すべてものを持ったり投げたり一つ一つの素材やギミックに生命を与えた。

 

スパイダーマンも本当に綺麗で映画的で素晴らしくて目を見張るものがたくさんあるんだけれども、結局アトラクションでしかない。

一通りやったら終わりだ。

 

アトラクションではあるけどゲームではないと思う。


龍が如くは本当に良いアトラクションが寄せ集まって楽しくなっている。


目的地のマークがついているけど何か生き急いでる感じがしない。いろんな遊び方を楽しめる。

 

スパイダーマンのようなアクションゲームだろうが、拠点が必要だ。モンハンに基地があるように。

 

でないとただごちゃごちゃしたマーカーに向かうだけのお使いゲームになってしまう。