吉澤ひとみは顔が悪い。年取ったアイドルの中でも特にひどい。


人間のすべては顔に表れている。


江戸時代に人相家という職業が存在していたことが証拠でもある。

 

どんな人生送ってきたか、そしてどんな人生を送って行くのか、顔に全て表れている。


それは別に一生懸命くまなく観察しなくても瞬時にふわっと見えてしまうものだ。

 

引退した女性アイドルなんてのはとにかくひどい顔をしているだろう。嫌な悪臭を振りまいて、自分だけではなく、周囲も不幸にしそうな悪い顔をしている。およそ一般社会で生きていけるような普通の顔をしていない。 

 

吉澤ひとみはまさにその通りで、その中でも抜群にひどい顔をしている。

 

何に対しても忍耐力がなく、ギャーギャー騒ぎ立てることぐらいしかできないだろう。物事に躊躇や一考することなく、何でも手を突っ込みそうな、黙って人の話も聞けそうにない顔をしている。

 

とにかく快楽を生活の中心に置いている人は、落ち着きがない。心が座らない。

 

世の中のほとんどの女も大した顔はしちゃいない。


ユニバーサルスタジオで変な恐竜のアトラクションにのってギャーギャー騒ぐことが楽しいことだと思っている。

 

せいぜい毎日くそつまらない仕事をして、変なアトラクションに乗ってなんとか帳尻を合わせて、また明日仕事に向かっていく。

 

そんな風に適当に流されるような生活をしていると、どんどん顔がひどくなっていく。

 

それは歳をとってだんだん老けていくとか言ったそういう単純な話ではない。

 

運気というものが顔に現れるのだ。

 

江戸時代にいた水野南北という人が言っていたがやはり食生活や普段の心がけが全て顔に顕れるのだ。

 

毎日の日常生活で募っていた運気が顔に現われて、その人の全てを決めるようになる。

 

吉澤ひとみの事故は、その時たまたま運が悪かったとかタイミングがどうとかそういう問題ではない。瞬間の問題ではないのだ。起きるべくして起きた。これまで養成した吉澤ひとみの邪気の問題なのだ。

 

人には散々迷惑をかけて好き勝手食いたいもの送って飲みたいだけ飲んで、一度止まって自分の内部感覚(それは人は神と呼ぶ)に耳を傾けることなく生きているとこうなる。

 

自分の中にあるバランス感覚とか、心の静けさを一切無視してどんちゃん騒ぎ続けた結果、自分の運気を悪くしていたのだ。

 

普段の行いが悪いと運気が悪くなってこういう事故を起こしてしまう。普段からコンビニで家庭ゴミを捨てているような連中も、結局こういう天罰が下るし、顔に現れるようになる。

 

吉澤ひとみに限った話ではなく人間全員に言えることだ。

 

食生活をしっかりしていれば心も静かになって運気が良くなってくる。水野南北も食生活をなんとかしろと言っている。

 

食生活をしっかりして、心を静かにしていれば神がその人の味方をするようになる。

 

溌剌した穏やかでとても気持ちの良い顔をするようになる。

 

そういう顔した人間はこんなくだらない事故を起こさないどころか巻き込まれることもない。

 

運が悪かったとかタイミングが悪かったとか仕方がないとか瞬間の問題で捉えてはいけない。

 

運気の問題。顔の問題なのだ。