ギャップはなかなか大事かもしれない

出会い系の女とセックスして、ベットの中で朝までだらだらしていた。そこは女の家で、朝になると2匹の猫が凄まじい勢いで駆け回っていた。2匹とも子猫なので、生まれたての生命力を余すことなく爆発させて、壁に激突して大怪我するんじゃないかという速さで駆け回っていた。

 

「もう!なんでそんな元気なのー!」と女は猫の相手をし始めたので、俺は寂しくなり「にゃーーーーーーーーーーーーん」といって女に抱きついた 。俺は普段から寡黙で、さっきのセックスでは、

「今日初めて会った男とこんなことしてもいいと思ってるのか?」

「どんな顔して嫁入りするつもりだ? 未来の亭主に申し訳ないと思わないのか?」

「この汚れきった口で、神父の前で誓います、と言えるのか?」

「今まで何本のちんこが入ったんだ? 俺は何本目だ? 答えろ」

「こんなものはパンツと変わらない。俺のちんこを収める蓋代わりだ」

「今、ちんこを入れられていることについて、長い文章で感想を言え」

「私は淫乱です、ちんぽ大好きな変態女です、ちんぽを埋められてはじめて完全体となり得ます、サラリーマンのスーツと一緒ですと言えッ!」

他にも、行為の前後にいただきますとか、ごちそうさま、とかも言った。

ケツも真っ赤になるまで叩いた。

 

だから意外だったんだろう。女がめちゃくちゃ笑い出して

「どうしたの? 猫ちゃんになっちゃったの?」って言ったので、俺は目をウルウルしながら「にゃーん」と頷いた。

女はそれまでは見せなかった顔で、甘く優しく母性に満ちた表情と手つきで、俺の頭を撫でてくれた。たぶん、それまでは、俺との関係は一晩限りだと決め込んでいたに違いなかっただろうが、考え直してもいいかも、といった意識が伝わってきた。


ギャップはなかなかに大事だ。