女は男らしくなければならない

女は男らしくない。女だから男らしくないのは当たり前だが。


腹が立つので、これは見過ごしていい問題ではない。相手を腹立たせておいて、そのままにしておいていいということはない。

 

多くの男が、受け身な女に対して腹を立てている。


受け身な女がいて、男も受け身でいたら話は進まない。どんなに金持ちでかっこよくて、優しくて、仕事ができて、周りからの評価も高く、いつも輪の中心にいる男がいても、女はその男にアプローチしない。そんな素晴らしい条件の男がいても、彼がアプローチしてきたら、心を開いてもいいかな? と偉そうに構えている。どんな恋愛も、男からアプローチしてくることで始まるものだと思っている。

 

そんな受け身な女だが、ガンガン押されると「まぁ、いいかな?」とゆっくり静かに重い腰をあげていく。途中で押されるのをやめられてしまうと「ああ、そう」といった風に、また腰を据える。それでも押されていくと「まぁ、いいかな?」といったように、またボケーっと立ち上がり出す。全体的にボケボケしている。化粧と服だけは懸命に整えてデートに向かう。自分の仕事はそれくらいだと思っている。基本的に面倒くさがりなので、相手のパワーに呑まれたがっている。肉食男はそれをよく理解しており、受け身な女を積極的なパワーで覆いこみ、なんとか口説き倒す。しかし、そのあいだもストレスを抱えているのである。


「こいつからデート誘ってこないな」

「メールも会話が続くように俺が質問して、こいつはただ答えるだけだな」

「沈黙になっても、それでいいと思ってやがる。俺がなんとかすると思ってる」

「さっさと食え」

 

こんな不満をもって口説いている。すべては下心のためだ。

世の中は広く、これに該当せず、ちゃんと対応できる女の子もいる。そういう女の子に対しては、男もちゃんと対応する。下心を封印してまで誠実に対応する。だが、バカみたいに受け身な女といると、男も腐ってくる。2人で一緒に腐っていく。こういうのは伝染する。


いい子にはいい人間として対応しようという心理が働くので、いい子の方が大切にされる。むやみに手を出そうと思わなくなる。つまり、女は可愛いだけではだめで、誠実でないと、ヤラれて終わってしまう。


女はいつでも、雛鳥のように、親が餌を運んでくれるのを待っている。それでも、めげずに男達は与え続ける。偉いと思う。自分の性欲処理のために頑張り続けているに過ぎないが、よく頑張るなと感心する。


頑張らないで、途中で諦めてしまう男も多い。女は馬鹿だから身を粉にして口説くのは馬鹿らしいと思うことだろう。また、そんな競争の中で、自分が女性に与えられるものは何もないと思いこんで自滅する者も大変多い。

 

求愛に心を砕いて、必死にアプローチしても、多くの場合は見返りをもらえず終わってしまう。10人に対してアプローチしても、1、2人成功すればいい方だ。それが恋愛強者だとしても。

 

 

 

さて、結局何が言いたいのかというと、恋愛に対する態度、姿勢、どういう心構えで臨めばいいのかということだ。これは、男性向けに書いているようで、同時に女性に向けて書いている。


まず、基本的に人間関係に見返りを求めるのは良くない。


もちろん、この社会は対価交換で成り立っており、恋愛に限らず、経済も政治も、そして残念なことに家族や友人ですら、お互いに見返りを求めあって生活をしていたりもする。

 


男らしさとはなんだろう。(話がくねくねして申し訳ない)


俺が思う、本当の男らしさとは、女が受け身なのを乗り越えていき、その都度ストレスに振り回されても、最終的に交際やセックスに辿り着くことではなくて、相手に対して見返りを求めずに自分自身を押し通すことだと思う。


人間はどうしても相手に対して自分自身を変化させがちだ。気に入ってもらうために、あれこれ嘘をついたり、思ってもないことをいう。無理に自分を押し曲げてまで頑張る必要はなく、ましてや、それで付き合えたとしても、あまり意味は無い。


たとえ、この子にやっと会えた! この子が運命の子だ! この子のためなら頑張って尽くそう! と思えるくらいレアな女の子に出会えたとしても、あなたはあなた通りでいなければならない。気に入ってもらうために、自分を変えようというのは間違っている。


お世辞をいったり、聞き役に徹するとか、相槌がどうとか、その手の恋愛本は腐るほど読んで実行してきた。確かに相手が語っているときは、よく傾聴しなければならず、愛を持って耳を傾け、相手が何を思っているか、何を欲しているのかよく理解し、心を等しくして今一緒にいることを大切にしなければならないことは確かだ。だが、それ以上に大事なことは、思ったことは正直に言って、正直に行動することである。


よくデートでも、会話が止まってしまうのも、正直じゃないからだ。正直に話さないから、何も話すことがなくなってしまう。デブを目にして話してたら

「どうしてそんなデブなの?」

「よくそんなデブなのに出会い系やるね」

「なんで始めにデブっていわなかった?」

「人生は1度しかないのに、君はデブとして一生を終えるんだ。2回目の人生は細い子で過ごしたいなぁみたいな顔してるけど、人生は1回しかないよ? つまり、この宇宙の歴史で生命体として誕生し、デブだけの人生を味わって終了する」

とか、いくらでもいいたいことはある。もちろん、こんなひどいことを目の前の女の子に言えやしない。だが、自分の本音に近ければ近いほど、話しやすいことは確かだ。デブを目の前にしてデブに関することをずっと話すことを許されるなら、永遠に話せる。


それはブログでも同じだ。本当に思っていることなら、書きたいことが溢れてくるが、それを避けて別のことを書こうとすると、本当に話したい言葉のエネルギーとぶつかってうまく書けなくなる。人間はそんなに器用ではない。結局、いいたいこと話せない。


さすがにデブだのブスだのは悪口は良くないが、それ以外の部分は正直にいってしまって構わない。


相手との距離感を考えて言葉を躊躇してしまう我々だが、大きく踏み込んだとしても、恋愛は壊れない。成功するかどうかは初めから決まっている。無理することなく、あなたらしく振る舞ったとしても、成功するときは必ず成功する。テクニックよりも、あなたが精神的にのびのびとし、自由に天地を闊歩しているような感覚で話しても全く差し支えない。


だが、この正直にのびのび話すというのが難しい。普段の修行が大事になってきて、普段から自由でストレスがなく、海や山のような態度で毎日を送ることが重要で、その精神を深く刻むことが重要になる。恋愛といえども、恋愛以外の一人の時間。普段のあなたの生活の一瞬一瞬が重要なのだ。


そういう気持ちのいい態度というのは、相手に伝わる。

相手も、あなたの気持ちのいい心的態度に触れて、気持ちよくなる。これこそが大事で、恋愛の妙技なのだ。


簡単にいうと、

相手の気分を良くするために、あらゆる策を弄するのではなくて、

自分自身が最高に気持のいい態度を作り出し(普段からそういう状況にいること)その気持を伝染させるということ。


前向きで力強く、心のなかのどこにも邪気がないような、清涼感に溢れ、自信に満ちていること。もっと簡単にいうと、前向きのプラスの力だけで構成され、その他のマイナス的な気持ちをすべて追っ払った状態。そんな状態であなたの生活のすべてに向かっていくのだ。そういう気持ちだと、話す言葉は正直であるにも関わらず、ブスを相手にしてもブスと言わなくなる。ちゃんと倫理性を伴った上での正直さが得られる。


恋愛は、あなたが向かっていくすべての一つに過ぎない。


相手に見返りを求めてばかりいるから、ストレスになる。女に腹を立てる。相手に見返りを求めるなんて、マイナスな力に毒されている証拠だ。


「女は落とすのではなくて、惚れられるということ」これは有名なホストが言った言葉だが、とても素晴らしい言葉なので壁に貼っておくといい。


あなたが自由闊達に、のびのびと力強く生きて、くだらない小言をいったり、弱気な態度を取られなければ、自然と惚れられる。


常に前向きな明るいパワーに満ちていれば、あなたの内部から光粒が舞い、キラキラして、惚れられるのだ。


もう一度いうが、落とそうとしてはならない。落とそうとすると視野が狭くなり、心も伸びやかさが失われる。自然と惚れられるような、気持ちのいい態度で生きなければならない。


だから、大事なことは相手をどうするかではなく、自分をどうするか。戦うべき相手は自分なのだ。


自分の何と戦うのか? それはずばり「消極的な心だ」


心は、プラスの力とマイナスの力の2つで構成され、マイナスの力に傾きそうになったら、それをどんどん消していく。それが自分との戦いということだ。


そのマイナスの力に勝ち続けることが、恋愛に勝つということになる。

それが恋愛における、男らしさだ(恋愛に限らず生活全般にいえるが)


受け身な女ばかりで腹が立つが、こればかりはしょうがない。


なんだか、男向けの記事になってしまったが、今言ったことは全て女性にも当てはまる。女性も同じように消極的な心と戦い続けなければならない。本当は女性にこそ言いたい。


女はとにかく、男らしくならなければならない。

 


※ちなみに、こんな感じで俺は生きているのだが、肝心のモテ具合はどうかというと、まずまずだ。俺の勇ましい顔つきをみて、惚れ惚れするように眺める女の人がいるが、大体はおばさんだ。若くて可愛い子にはあまりモテない。若くて可愛い子は、まだまだ人生に対する勉強が不十分なので、俺の良さが伝わらないのだと思っている(笑)