若い女はいっぱい食べる男が好きというが、これはよくない


若い女は「いっぱい食べる人が好き」というが、これはよくない

 

「いっぱい食べる男が好き」と公言する女性が多い。

 

そのたびに、なんでそんなに食べる男が好きなんだろうと思う。


どこがかっこいいのか?

 

男らしく見えるのか。健康的に見えるのか。自分が食いしん坊に見えないように、自分よりたくさん食べて欲しいからか。好きなタイプは?  と聞かれたとき、無難だからか。「手料理を食べさせてあげたい!」と家庭的なイメージを植えつけたいからか、もしくは本心からそう思うのか。


交際中や、結婚して間もなければ、男が目の前でガツガツ食べていても、微笑ましいかもしれない。「おかわりは?」と言いたくなるかもしれない。振るいに振るった手料理を美味しそうな顔で食べてくれると嬉しいかもしれない。


だが、愛が失せて、生活共同体としての色が濃くなっていくと、以下の通りになる。


※以下、奥さんの観点から


「最近野菜が高い」「今、この男が食べてるエビ、〇〇円する」「稼がないくせにいっぱい食べてる」「当然のように椅子に座っている」「黙っていてもごはんが勝手に出てくると思ってる」「ウニじゃなくて納豆巻でいいだろ」「汚い食べ方」「しょうゆくらい自分で取れよ」「太ったな」「また食って寝てる」「会社にいる間だけじゃなくて、家帰ってからも副業して金稼げ」「食べてる姿、後ろからみると、豚みたいに見える」「疲れている時、こいつがご飯食べてるとイライラする」「こいつが食ったもんが便になって流れて掃除するのは私だ」「千と千尋のオープニングみたいだ」

 

俺は、あまり食べない男の方がかっこいいと思っている。


審美的から見て、バクバク食べる男はみっともない。経済的から見ても、言わずもがな。


健康的観点からすると、世の中には、未だに小食=不健康だと思っている輩も多いようだが、少食は健康にいい。科学的に証明されているし、空腹の状態で血圧を測ってみるといい。素晴らしい数値が眼に映るはずだ(俺は昔140/90だったが、今は90/50くらいだ)。


たまに大食いタレントを見ると、寿司を百貫だの二百貫だの食べていたりして、よくそんなに食べれるなという感想よりも、どれだけ食費かかるんだと思ってしまう。こんなのと結婚したら、破産だなと思う。


食べ物なんてものは、一日一食でいい。蕎麦と玄米だけでいい。どうしても小腹が空いたらバナナを食べればいい(ちなみに俺はバナナしか食べないで生活している)。大体一日200円くらいで生活できる。


俺は、仕事から帰ってきて、バナナがテーブルに置いてあるだけで、一向に構わない。それで腹を立てたり手抜きと罵ったりしない。色とりどりの多彩な料理なんて求めない。これは結婚相手として、とても助かるではないだろうか。バナナをテーブルに置いておけばいいのだ。別に置いておかなくてもいい。棚から自分で取ってきて食べる。食った後、皮も自分でゴミ入れに捨てる。どうだ、手間がかからないだろう。俺と結婚したくなったかな?(笑)

 


さてここから大事な問題に触れていかなければならない。


旦那はバナナだけで夕食を済まし、自分の分だけ作って食べる、これは寂しいだろうか?


確かに少し想像しただけで、とても寂しい様子が浮かぶ。自分は5、6品の食事をしている手前で、旦那はバナナしか食べない。


新婚の時にそれをやられると寂しくなるだろう。自分だけが食いしん坊みたいになってしまうだろう。「なんでこの人と結婚したんだろう」と思うかもしれない。


しかし、結婚生活は食が全てでもないだろう。二人で休日にお出かけして、これまでの寂しさの帳尻を清算したらいい。でも出かけてランチすることになっても旦那はバナナだから、またそこで喧嘩になってしまうかもしれないが(笑)

 

まあ、かくいう俺も、10代20代の頃は満腹になるまで食べていた。満腹にならなければ気がすまなかった。限界まで食って寝るのが気持ちよかった。栄養があるものを食べれば食べるほど健康体になれると信じていて、野菜ジュースをガブ飲みしていた。若者は中庸というものを知らない。ドラクエの経験値のように、摂取すればするほどいいと思っている。

 

若い女の子が「あまり食べない男がいい」と言っているのを見たことがない。


「あなたがバナナだけで、私ばっかり食べていたら、私、馬鹿みたい。不潔みたい。食いしん坊みたい。いっぱい食べて、いっぱいウンコして下品だ。私ばっかりトイレ行ってる。可愛いエプロンつけて、こんな料理ができるんだって知らしめてやりたいのに。自分だけ食べるなんて寂しい。食事の時間、あなたはバナナ食べて終わり。およそ20秒。そのあとの私の食事の時間は30分。その間、どうしたらいいの? もうバナナ食べ終わって用がないなら、無理して私に合わせて椅子に座っててもらいたいとも思わない。その気の使われ方がむかつく。私に合わせてちゃんとしたご飯を、『仕方なく』食べはじめたら、もっとむかつく! これは私が悪いの? 彼が悪いの? 」


となってしまう。

 

これに関しては、お互いの食習慣を理解し、尊重しあい、ルールを決めて守っていけばいいだけの話だが、若い子は女子力が変な方向に暴走してしまうので、なかなか難しい。


彼のためにご飯を作りたい。一緒に素敵な夕食を楽しみたい。という彼女の気持ちはわからないでもないが、その感情は半年くらいで消滅する。半年後の未来くらい見えなくてはどうしようもない。


共働きの時代だ。同程度の時間を働いて帰ってきて、どうして女性だけが男にエサを作ってやらねばならないのだ。女という理由だけで食事も洗濯もする。こんな馬鹿な話はない。何が女子力だ。このことをよく知っている年配の女性や主婦歴が長い女性は、俺よりの意見なのだ。旦那にバナナだけ渡しとけばいい、まぁすごいわ! そんな男がこの世にいるなんて信じられない、ぜひ結婚したい! という話になるのだが、若い子はそうはいかない。そしてこの世のジレンマというか残念な業というべきか、俺はババアより若い子の方が好きなのだ。


俺は40代や50代のおばさん達によくモテる。色々おばさん達がはびこる場で働いたことがあったが、大体モテてしまった。俺は若い子が好きなのに、困った話だ。


俺がおばさんを好きになれば、すべて解決するのだが、そうはいかない。とても残念だ。